FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
05.01

ラッフルズホテルに泊まる~施設編~

ラッフルズホテルに泊まりに行きました。

                   P4298593.jpg

ラッフルズホテルというのは1887年に創業したシンガポールの老舗ホテルです。
伝統的なコロニアルな風合いの立派なホテル。

                   P4298585.jpg

客室は全室スイートの103室。一部屋ずつバトラー(執事みたいなの)がつきます。
ラッフルズホテルでハイティをしたり、お土産を買ったりは普通にできますが、中に入ることは宿泊客しかできません。だから一度も入ったことはなかったのです。

                   P4298586.jpg

ここにきて初めて潜入!
マリーナベイサンズのプールも宿泊者しか入れず、カードキーを借りて入ったりしたけど、
こちらは趣が違って荘厳でドキドキしてしまう。。

3階建てのホテルの中は白色と年季が入った木のぬくもりで統一された美しい内装が施されています。

P4288523.jpg  P4288514.jpg

正面玄関を写した写真。これは泊まらないと写せないなと思い何枚もパチリ。

                   P4288477.jpg

美術館にでも来たかのような落ち着いた空間。装飾品は伝統的なプラナカンのものや籠類を使っていて
触るなんて畏れ多いものたちばかりです。
こんな素敵な階段も。
  
                        P4288473.jpg

足をちょっと出して腰をくねっと曲げて写真、撮るでしょう。そうでしょう。
でもそれは見せられません。ラッフルズホテルに申し訳ない笑

ホテル内には世界の要人や有名人が宿泊したときの写真が飾ってある廊下がありました。
先日訪れたチャールズ皇太子夫妻の写真も。

                    P4288466.jpg


ラッフルズホテルは数年前にNHKの『セカンドバージン』という鈴木京香主演のドラマで撮影現場としても登場。
ドラマ界で初めてこのホテルを使うことができたということでちょっとした話題にもなったんです。

わたしたち夫妻はこの不倫ドロドロのNHKらしからぬドラマを観ていたのでそのドラマの舞台に宿泊できて
嬉しいねと話していました。

P4288515.jpg   P4288509.jpg

おそらくスイート中のスイート、こんな感じの部屋で撮影されたんだと思うね、といって
「コウさん!!」「ルイさん!!」とか言って遊んだのは言うまでもなくこのアホ夫妻です。

そんなことをやっているとホテル内で演奏されているピアノから『セカンドバージン』のテーマ曲が!!
ますます盛り上がる私なのでした。

というのはゴールデンウィーク中で宿泊客は日本人だらけ。
若い観光客はマリーナベイサンズに流れるので、年配の人が多かったけど日本人を意識しての選曲だったのね。


~次回は客室編~


関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://111wed.blog.fc2.com/tb.php/320-ed86230e
トラックバック
コメント
あっさりと「ラッフルズホテルに泊まりました」って言えちゃうところが素敵!いいなぁ・・・私もいつか泊まってみたい・・。
セカンドバージン、私も観てた・・・。こげま夫妻のごっこに参加したかったわ。
私の友人家族もGW中にラッフルズに一泊だけしたんだけど、入口でお別れとなり、ロビーの中は見られなくて残念だったの・・・(涙)。
いやぁ・・・素敵なお写真とともに堪能させてもらいました!
おしょうdot 2013.05.07 12:07 | 編集
いやぁ、もう家計は火の車ですよ(>_<)
ふんがって勢いよくネットの「予約」ボタンを押しました、そうでもないと躊躇しちゃいますからね・・・
やっぱり『セカンドバージン』みてましたか!!みちゃいますよねー。
深田恭子役は誰にやってもらおう(笑)
こげまdot 2013.05.07 12:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。