--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
02.27

今年も!「ローヘイ!!」

Category: KL*中華
去年、スライダー組でイーサンをしてから、はやいもので1年経ちました。
このレストランのイーサンは美味しかったので、今回もここでやろうという
ことになりました。今年は個室を陣取って。

         

個室も赤いリボンでチャイニーズニューイヤー風。
予約時に「イーサンしたいの!」と伝えておいたので、すでに準備ができておりました。

                   P2254061.jpg

まわりの野菜は、大根とかきゅうり・人参・赤パプリカとか。
それにナッツなんかが混じっていて、そこにアンパオ(お年玉袋)に入った塩やすりごま
なんかを呪文みたいなの(たぶん商売繁盛!とか家内安全!とかそんなかんじ)
を唱えながらかけていく。
で、揚げた餃子の皮みたいな湯葉みたいなのをふりかける
(おそらくこれがお金のかわりでお金来い~!みたいな)
そこに甘いタレをかけて準備OK。

              P2254074.jpg

合図とともに、ドラムスティックのような長いお箸で混ぜる。
そのとき、より高く上げてぐっちゃぐちゃにするのがよいとされています。
で、「ローヘイ!」と叫んだり願い事を言ったりするんだけど、願い事いうの忘れたわ。



で、使用後。

              P2254076.jpg

いつもムスコに「食べ散らかさない!!」と怒鳴っているわたしのこの姿、
ムスコには見せるまい。
店員さんも「あいやー」と思わず言ってしまう見事な(?)出来栄え。

これで今年も、健康・安全・平和に暮らすことができるに違いない。
あわよくば、旦那さんの給料が上がって、部屋ももっと広くて新しいところに引っ越して、
わたしへの臨時収入もじゃぶじゃぶ入ってきて、できれば家事もしなくて、
できれば何もしないでも痩せて・・・・・あれ?



ほかには点心などをすこしずつ。

                    P2254084.jpg

この日もスライダーたち、「いつ日本もしくは他国への辞令がでるか」という話題で
盛り上がりました。転勤族の憂いよのぅ。
来年はこのメンバーのどれだけ残ってイーサンできるのかなぁ。


麗苑
The Ritz-Carlton, Kuala Lumpur


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2015
02.24

クラビ旅行 その2

Category: 旅行
さてさて、つぎは海へ!!

          P2203727.jpg

岸壁が特徴のこのビーチ。
ロッククライミングをしに来ている人もいました。
11時くらいになって太陽が上に来ると海の色がエメラルドグリーンに
なって本当に美しい!!


         P2203728.jpg

ムスコは旦那さんに任せて、わたしは砂浜で写真を撮ったり、寝転んでみたり。

         P2213971.jpg

波も怖がらないので大人が手を放してもプカプカ浮かんだり
「バタバタバタ」と口で発音して、バタ足をしているフリをしていました。

         P2213947.jpg

たぶん、本人にはここは天国なんだと思う。

水にぬれても、砂でぐちゃぐちゃにしても、顔をよごしても全く怒られない!
怒られないどころか、ママ笑ってるよ!どういう事だよおいっ!

ってところでしょうかね。
大はしゃぎして、大満足したら浜辺で寝ます。

         P2213995.jpg

いつものだき枕は砂だらけです。
しかしこれがないと眠れません。。。


この写真だけ見るとプライベートビーチなんじゃないのってくらい貸切状態ですが・・・
実は、時間によってはこんな感じです・・・。

        P2203855.jpg

「The観光客」
このビーチは、クラビのメインビーチから離れているため、海もすんでいるようです。
「アイランドホッピング」といって、すんだビーチを目指したツアーが
さまざまな場所で敢行されており、小舟に乗ってツアー客が
クラビ内から続々と押し寄せるのです。


でも空いている時間で遊べるのは宿泊客の特権。

             P2193489.jpg


なんやかんやたくさん遊んで、いっぱい笑って楽しい旅行でした・・・でした?


******************************

実は・・・最終日クラビの空港に行くと予約がない!
マレーシア航空のスタッフいわく、

「あなたたちのフライトは1か月後の3月21日よ」
「しかも今日は満席で、席ないから」


がーーーーん!!
日付間違えて飛行機予約しちゃった!!!
しかもそのスタッフが大声でわたしに言うもんだから、チェックインに並んでる人が
あわれみの目でわたしを見る・・・るるるる~

スタンバイをお願いするも完全に満席で余地なし。
このうるさいムスコを抱えてもう1泊?

顔面蒼白・放心状態・支離滅裂の中、エアアジアにまだフライトあるかもしれない
という情報を聞きつけて、長蛇の列のエアアジアへ。
順番長かった、3日くらい並んだ気分。空席があるか、何時のフライトかもわからない状態だったから。

奇跡的に当日夜のエアアジアのチケットを購入できて無事にKLへ
帰ってこれました。

最後の最後でどっと疲れた旅でした。
皆さま、旅程の確認は抜かりなく!




Comment:2  Trackback:0
2015
02.23

クラビ旅行 その1

Category: 旅行
今年の旧正月はタイのクラビへ旅行へいってきました。

             

天候にも恵まれ、青い空と透明な海が目の前に広がっていました。
クラビへはKLから飛行機で1時間ほど。
「じっとしていない」が代名詞のムスコもおやつとキッズ向け音楽で難なくクリア。

             P2193448.jpg

空港から車で20分、小型ボートに乗りかえます。
金持ちがもってるようなボート。
「17分で到着します」とやけに細かい時間通知 笑

             P2193450.jpg

飛行機の関係で朝9時台に到着したにも関わらず、部屋が準備されており
ゆっくりできました。きのこ型の独立コテージで、2階建て。
コテージなので、ムスコが叫ぼうが、わたしが(ムスコを)怒鳴ろうが、OK!

             P2193553.jpg

早速、あさっぱらからプールへゴー!!

                   P2203849.jpg

プールと海が水平に見えるスポットがあって、これがよかった!
はしごで作業している人の手前がプール、その奥は海。
ムスコはさすが南国生まれ、南国そだち。水を怖がらないので、勝手にスイスイ。

            P2203794.jpg

このホテルがあるリゾートはとても広いので、自分たちのコテージから
プールや浜辺まではバギー(ゴルフ場にあるやつみたいな)で移動します。

                    P2193550.jpg

移動中はジャングルみたいなところも通るので、猿がいたり
キレイな色のトカゲがいたり大自然な場所でした。

                    P2193587.jpg

どうやら日本で放送された「2月に行きたい絶景レストラン」で紹介されたという
洞窟の中のレストランがこのホテルにあったみたい。
んー?でも実際は、、、けっこう普通??


夕方はキレイな夕日を見ながらご飯を食べて、なんとも贅沢。

                    P2203891.jpg

現実逃避には最適な場所とホテルでした。


********************************

ちなみに、当初2日目はピピ島へ渡るつもりでホテルもピピ島のを確保していました。
でも船での移動距離が長すぎ+ふきっさらしの小舟での移動はムスコには
耐えられないだろうと、1か月前に急遽ピピ島をキャンセル。
上記のホテルに2連泊したかったのですが、2日目は満室で2軒となりのホテルへ移動。

最初に泊まったホテルがよすぎて(サービス面でもハード面でも)
落差がおおきく、2日目のホテルの写真は全くありません笑

それでも最初に泊まったホテルは「2連泊できないから」と申し訳なさそうに
16時までレイトチェックアウトを申し出てくれたり、荷物の移動を手伝おうとしてくれたり、
一流のサービスだなぁと感心するよいホテルでした。

最終日はこのホテルに戻り、空港まではこのホテルのサービスで
送ってもらいました。(元々空港⇔ホテル間は料金を取るので、料金は支払ったけど)




Comment:0  Trackback:0
2015
02.18

ジス攻撃

Category: ムスコ
「ジス攻撃」にあっております。

「ジス」とは、日本で言ったら「これなに?」「これなに?」のことかな。
「This」のことです。

ことばも2語も多くなってきたこの頃。
そりゃ、「これはなにか」聞きたくなる、知りたくなるお年ごろ。

ものを指さしては「これなぁ~に?」→「ジス(This)!!!」


ムスコ 「ジス!!」
わたし 「りす」

ムスコ 「ジス!!」
わたし 「せっけん」

ムスコ 「ジス!!!」
わたし 「かご」
ムスコ 「あーごっ!」

ムスコ 「ジス!!」
わたし 「ゴーグル!」
ムスコ 「ゴー!!!!!!ジスっ!!」



         IMG_5807.jpg

・・・・みたいなのを永遠と繰り返しています。
そういう知りたい欲求にはちゃんとこたえてあげないと!と思うのだけど、
結構難しい「ジス」もありまして、



ムスコ 「ジス!!!」

         IMG_5894.jpg

わたし 「踏み台、手を洗うときつかう、ふ・み・だ・い!」

ムスコ 「ジス!!!!!!」

         IMG_5895.jpg

・・・・そ、それですか??
踏み台をひっくり返した部分に現れた、黒いひも状のものですか?

なんというのでしょうね、、、語彙力のないハハですみません・・・汗



たとえば、中華料理で「れんげ」を使っていたとするでしょ。
そこにムスコが「れんげ」を指して「ジス!」って言った場合、
とっさに私の口から出てきたことばが「スプーン」だったんだけど、
それは「スプーン」って言ってあげた方が本人ピンとくるのかなと思って。

でもやっぱり「れんげ」ってちゃんとした名称を教えた方がいいんだよねぇ、きっと。
結構、この「ジス攻撃」は受けて立つのが難しい。。。



Comment:2  Trackback:0
2015
02.17

スチームボートで景気づけ!

Category: KL*中華
『スチームボート』というのは、タイ・マレーシアやシンガポールで
食べられる鍋のこと。
KLで有名どころは、「ハッカレストラン」というところらしいけど、
うちからは遠いし、有名すぎて味のほうは?という話も。

他国からのお客さんと一緒に夕飯を食べることになって、迷わず選択した
お店がコチラ

         

ローカルに人気のあるお店のようです。
18時オープンのこちらのお店、18時に到着すると
店の前の駐車場はいっぱいで、隣の空き地に5RMで停めるように誘導されます。

         P2153432.jpg

店内はすんごい広い!
体育館かっ!!
そして店員さんがみんな赤いハチマキをしている・・・運動会かっ!!
そしてそして、なんの宴会だってほどお客さんがわんさかわんさか。

このひろ~い空間、冷房効いてません。
暑い中でもくもくと食べるのもいいのだけれど、
「冷房室」なるものがあって、20卓くらいが別に仕切られた涼しい空間にあります。

予約時に「冷房室」を抑えておいたので、汗だくで食べずに済みました。

         P2153429.jpg

ここの名物は、この豚骨スープ!!
分かりづらいけど、鍋の真ん中に豚骨がガツンと陣取っていて、
ダシを出し続けます。

大人4名で2名分注文して、あとは肉やら練り物やらを別発注。

         P2153424.jpg

これが、スタンダードの2名分。
それに肉・肉・肉で!!


         P2153426.jpg

豚肉スライスおいしかった!
ムスコは白身魚をうどんのように細長く練り物にした、フィッシュヌードルとやらが
お気に召したようで、追加注文してまでちゅるちゅるしていました。

大人4人+ムスコ、お腹いっーぱい食べて、270RM(日本円で8900円くらい)
安いっ!!

美味しいし、お客さんが来たときはココに決まりっ!となるお店でした。


Coco Steamboat
Old Klang Road店
(この店舗は改装したてなのでキレイです)




Comment:0  Trackback:0
2015
02.13

KLでお寿司

Category: KL*和食
東南アジア、しかもKLでこんなに美味しいお寿司が食べられるなんて!
と感動したお店。

        

もともとKLには「日向」という美味しいお寿司屋さんがあり、いまも健在。
その日向にいらした職人さんが新たにお店を出したということで行ってきました。

「カウンターで大将に握ってもらうんだよ」

とのアドバイスを受けて、普段はこどもがいるからカウンターなんて無理無理!
というママ3人で緊張しながらカウンターに座っていただきました。


           P2123386.jpg

「写真も気軽に撮ってくださいね」という有りがたい
大将のおことばを受けパシャリ。

「帰ったら夫たちにこの写真を見せながら夕飯にカレーを出そう 笑」
とか言いながら、お寿司も本当においしくいただきました。

P2123380.jpg

               P2123382.jpg

もちろん冷凍物のネタはないので、魚の「甘さ」を久々に感じる一瞬でした。
シャリに空気が入って口に入れた瞬間から、鼻に香りが抜ける感じが本当に上品で、
余韻が残っては、「おいしいねぇ」と顔を見合わせるのでした。

P2123388.jpg


               P2123389.jpg

ネタは月火金と日本から空輸されるそう。
魚がなくなってしまいそうな日には予約を断ることもあるそうなので、
早めの予約が◎。

ちなみにお寿司の横にタワーみたいになってるもの、
自家製のガリだそうです。それもまた美味しくて、どんどん低くなっていくタワー。

           P2123394.jpg

白エビ、ウニ、イクラ、ネギトロが乗った「ハイカロリー丼」
贅沢な一品でした。

ほかにも色々と、11巻コースをいただきました。
終盤、巻物になると名残惜しい気が・・・・笑

           P2123403.jpg

コーヒーがほのかに香る白玉ぜんざいでおしまい。
いつもは(夫に対して)辛口な3人も、この日ばかりは

「夫も連れてきてあげたい!!」と優しさを見せる変わり様。
大人なしっぽり空間。


ほんとまたぜひ行こうと思うお寿司屋さんでした。
やっぱり、カウンターで大将に握ってもらうお寿司は絶品!!


織部
No6, Jalan Kia Peng, 50450 KL Ground Floor. Block C-1, Vipod Residences
03-2725-8064

Comment:0  Trackback:0
2015
02.09

ムスコ23か月(1歳11か月)

Category: ムスコ
ムスコ、2歳まであと1か月となりました。

         

今回はハート形のメガネを作って、バレンタインを演出しようと
試みるも、頭にかぶられてしまい、失敗。

『ラムネをあげるから、これ付けてにっこりして
の悪魔のささやきも今回は効きませんでした。


最近は、とにかく車。くるまくるまくるまで『轟』になっちゃうんじゃないかってほど、
く・る・ま!!


         IMG_5846.jpg

ミニカーたちも増えまして、自分で走らせたり、
「タクシー!」「バス!」「じぃじぶー(じいちゃんの車って意味)」とか
ひとりごと言っています。

        IMG_5852.jpg

この自分の『タクシー』もご活躍中。
リビングを乗り回し、壁に激突させ、本棚に追突させ、鏡にぶち当たり、
家が壊れそうです。

ほんと狂暴。

そんなうちの暴君、こないだ書いたようにイヤイヤ期に突入してるので
なんでも「NO!!!!!!」です。


たとえば絵本を読んでいても、

わたし「これから電車に乗っていとこのしんちゃんちに行くんだ」(←文を読んでいる)
ムスコ「NO!!!!!!」

わたし「いろんな電車に乗るんだよ」
ムスコ「NO!!!!!!!!!!!」

でも続きを読まないと怒る。
絵本の世界にもNOを突きつける1歳児。。。



片づけもしません。もちろんしません。

しかし、このあいだスクールに迎えに行ったとき
先生が「ママが迎えに来たよ~」というと、今まで遊んでいたおもちゃを
片づけ始めました。先生に「Good Boy!!!」と褒められにんまりのムスコ・・・

家と全然ちがう・・・
この外面ヨシオめ。



家でいうこときかない時の必殺わざが
「トントントンの怖い人来るよ」

まぁなんのこっちゃなんだけど、いまどこかのユニットでリノベーションをしていて、
そのトンカチの「トントントン」という音が怖いムスコ(チキン・・・)

この音が聞こえてくると怯えてわたしにしがみつきます。
なので「そんなにぐずぐず言ってると、トントントンの人来るよ」
というと、暴れていたのが一気に静かになり、いうことをききます。

「トントントンのひと呼ぶよ!!!」でも可能。笑

いつまで騙されてくれるかしら・・・・



Comment:0  Trackback:0
2015
02.04

イヤイヤイヤイヤ

Category: ムスコ
KLは4連休の人もいたようです。
うちはKLにあるけれど、旦那さんはセランゴール州というところで働いているので、
休みではありませんでした。しかも祝日以外の週末も仕事。

かたや、ムスコのスクールはKL内にあります。4連休。
4連休をムスコと濃密に過ごしていたら、
最終日にはわたしのHP(ヒットポイント)が10になり、
うつろな私は顔面を壁にぶつけて、眉毛のうえにたんこぶを作りました。
30代も後半にさしかかり、たんこぶとは・・・・


というのは、ムスコ、本格的にイヤイヤ期に入ったようです。



「やる」と言ったら「やる」
「こっちに行く」と言ったら絶対「こっち」

譲りません。絶対に譲りません。

1歳11か月にもうすぐなるムスコ、もう2歳はすぐそこ。
気に食わないことがあると、泣いて叫んで自分の思う通りになるまで貫きます。

          IMG_5762.jpg

最近は、道端でボイコットするのを覚えて、道路だろうが店だろうが
寝ます。自分の意見が通るまで寝ます。

この日は、パパにだっこをしてもらいたいバージョン。

          IMG_5759.jpg

近くで掃除してたって、お構いなし。
寝ます。

パパは気が遠くなっているの図。
もうこうなったら抱っこするしかありません。

まだ生まれて間もないころは、
「おっぱい」「おむつ」「暑い」とかで泣いてた。

その時は「あーもう!!」なんで泣くの?ってイライラしたけど、
今思うと、ぜんぜんかわいいじゃーん

こんなに厄介になるものとは・・・


こちらは、ショッピングセンターで、「つくる!!!」と言って聞かないので
つくったひつじ。

          IMG_5769.jpg

「じゃあつくろうか」って言ってわたしが座るまで、絶対動こうとしないので
やむなく、工作をするはめに。
99.8%わたしがつくりましたがね。

顔はたまごのカラ。

めんどくさいので8割はムスコに従っています。
我が家はムスコがキングです。

家来役は疲れるなぁ。




Comment:2  Trackback:0
2015
02.01

サロン・デュ・ショコラ

Category: そのた
今年もやってきました、サロン・デュ・ショコラ!!

           

『サロン・デュ・ショコラ』とは、1995年にパリで始まったチョコレートの祭典のこと。
2002年から日本でも始まり、毎年賑わいを見せています。

もちろん、KLには来ません笑
でも、このチョコレート祭りはわたしがKLにいようとも、地球の裏側にいようとも
欠かせないイベント!!

あー本場パリのサロン・デュ・ショコラに行きたい・・・

        IMG_5804.jpg

今回入手したチョコレートがコレ。
母に買いに行ってきてもらいました。ありがたや~ありがたや~!!
そしてEMSで送ってもらうという・・・

チョコアホなんですわ、アホ。

アホついでにチョコレートの説明をしますと、
なんといっても、この祭りで夏までの分量を買うといっても過言ではない
『ベルナシオン』

IMG_5792.jpg IMG_5793.jpg

とにかく、いちばん好き。
最近は、わたしの熱に旦那さんもおかされたらしく、
「ココのホワイトチョコが一番ウマイ!!」と絶賛。

去年、冷蔵庫の中のベルナシオンのホワイトチョコを勝手に食べた食べないで
言い争いになり、自分の名前を書いて保存しておくことになりました。

今回はノーマルのホワイトチョコがなかったのが残念。
ナッツなどが入っている盛りだくさんのタブレットでした。

IMG_5787.jpg IMG_5790.jpg

あとは、今年初めてお目見えしたブランドをちょこちょこ。
左は『ショコラ・カズナーヴ』という、フランス最古のチョコレートメーカーとのこと。
「Bean to Bar」と言われる、カカオ豆から板チョコになるまでの工程を全て手作業で行った
No3を購入。

右はデンマークのチョコレート。
まだ食べていないので、ワクワクだわ。

         IMG_5786.jpg 

『ボナ』も最近よく見るけど、こちら「Bean to Bar」の先駆者と呼ばれているらしい。
銀座の地下で初めて出会った時から、その食べやすさについ買ってしまうブランド。

こちらの『パカリ』も初登場の模様。

         IMG_5788.jpg

ピンクソルトを使ったチョコ、食べるの楽しみだ~!!

わたしは基本タブレット派なので板チョコばっかり。
夜な夜な、タブレットをテーブルに並べて、ニヤついているわたしをみて

「幸せそうでいいねぇ」と旦那さん一言。

ええ!!チョコレートに囲まれて幸せですとも!!!
食べ過ぎないように気を付けよう。


Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。