--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.30

KLで馬車に乗る

Category: KL*観光
馬車に乗ってきました。
ほんもののウマのほんものの馬車です。

                   P3290352.jpg

クアラルンプールシティギャラリーという場所から出発します。
この馬車は9:30~11:00までと15:00~16:30の運行で、1人30RMです。

P3290351.jpg

ほんとうはわたしが乗りたくて行ったんだけれども、ムスコも一緒だと
「こどもを乗せている風」に見えるからこどもを都合よく利用しました。

わたしの「乗りたい!」という気持ちが大きすぎたのか、みんながこぞって集まって
行列していたらどうしようと心配していたのですが、乗り場には誰もいませんでした。

P3290358.jpg

黒地に赤いシートの馬車か、席がピンクのラブリー馬車かも選べました。
わたしは赤いシートの馬車を選び、パンフレットをもらってゴー!!

                   P3290369.jpg

白バイが先導しています。
馬車が通ると、警察がきて車を止めます。
こんな標識まであるのです。

                   P3290347.jpg

「こげまが通るわよっ、皆の者控えおろう~」


                   P3290361.jpg

通りを横断するときも、馬車優先です。
道路も、馬車がとおるよと言っています。

                   P3290393.jpg


観光客がもの珍しそうに、カメラを向けます。
手を振ってきます。

もちろん、わたしも手を振ります。
「おほほほほーこげまさまでございますわわわわ

ウィリアム王子とキャサリン妃のこどもの性別がまだ分からなかった時分、
うちのムスコを嫁がせようと、夫婦で手を振る練習をしていたので、
だいぶうまく振れました。

実践練習もできたので、いつか「その日」が来ても大丈夫です。



P3290364.jpg

うしろをみると暇だったのか、ピンクのラブリー馬車もついてきました。
馬車のおじさんたちもちょっと暇そうでした。

National Textiles MuseumやSultan Abdul Samad Building、
St Mary's Cathedralなど11箇所のクアラルンプールの観光スポットをまわって、
所要15分弱です。

ぜひ、みなさん馬車に乗りに行って手を振ってきてください。







スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
03.29

朝はパン

Category: KL*生活
あさムスコは6:00~7:00の間に起きます。
ムスコはわたしの大ファンなので、起きた瞬間わたしの首にしがみつき離れません。

わたしがトイレに入る時は、わたしの右足につかまっています。
わたしが顔を洗う時は、左足につかまっています。
そのまま、クローゼットまでひきずって、わたしは着替えをします。

ちなみにわたしが朝食の準備をするときは、ムスコは両足につかまっています。

ファンクラブ会員番号0番なのです。

わたしが朝食を食べるときは、わたしの股の間に立って「だっこしろ」と泣きます。

ベビーサークルなるものもあるのですが、あさ6時から泣かれたのでは
爽やかな朝が台無しなので、終始ムスコを引きずって歩きます。

毎日こんなあさです。

なので、朝ごはんは5分で済むもの。
パンです。

パンにはジャムです。
わがやのお気に入りのジャム。

                     

近くの広場で木曜日にマーケットが開かれています。
そこでおばちゃんが売っているのです。

このジャムはおばちゃんが、自分で作っています。
なので「もっと甘くないのがいい」とか「紅茶の風味を強くして」とか
リクエストしています。「ふんふん」と言っていますが、翌週買うとそうなっているので
意見は聞いてもらえているようです。

P3270343.jpg

これはイチゴジャム。
もうひとつはチョコレートペースト。

でも一番好きなのはアップルシナモン。
母が来たときも気に入って、日本に帰る前日にうちまで届けてもらって
お土産にしていました。

おばちゃんは、ムスコをみるといつも「おとうさんにそっくりね」と言います。
一度しか夫婦で訪れたことはないのですが、
そっくり具合が相当なインパクトだったようです。

このあいだは、友だちに
「おとうさんの代わりに会社に行ってもだれも気づかないね」と言われました。

それほど似ているらしいです。

はたして旦那さんは、わたしのファンクラブに入っているのでしょうか。


Homemade4all





Comment:0  Trackback:0
2014
03.26

ムスコの洋服

Category: ムスコ
シンガポール→KLと常夏で暮らしているわがや。
衣類代はあまりかかりません。
シンガポールに赴任するとき、
「社交界でびゅーしちゃうかも」
と本気で思って購入しておいた、黒のパンプスとビーズでできたカバンは
クローゼットの奥から出てきたことはありません。

こどもはワンシーズンしか着れない成長っぷりを見せるものですが、
ムスコもずっと夏ものを着ているので助かっています。

とはいえ、目下食べこぼし真っ最中の1歳児。
朝食の後に着替えることも少なくありません。
汗をかくから必ず1度はおめしかえ。
Tシャツがくたくたにです。そして加齢臭ならぬ、赤子臭みたいのがします。



街中にあるアベニューKというショッピングセンターの無印良品に
キッズが入ったと聞いて早速行ってきました。 

                     

どこの無印に行ってもこども服がなかったので、嬉しいかぎり。
去年日本に一時帰国したときにはじめて無印のキッズを購入してから気に入っていたのです。
                     
この動物シリーズはよく着ました。

写真



ここには動物シリーズはなかったけれど、しましまを購入。

                     P3240240.jpg

左の紺色は旦那さんとおそろいです。
おそろいで囚人服です。こげま家囚人1号・2号。わたしは看守。



そういえば、KLに来てから気に入った服のブランドがこちら。
Copenhagen Delightsといいます。

                     P3240234.jpg

ちかくのショッピングセンターのイベントで見つけて以来、ちょこちょこ買っています。
ベトナムで作っているんだけど、Home Shoppingといって、バイヤーが一括して購入して
それを自宅やイベントで売るという形式を取っているので、店舗はないみたい。
先日もイベントに出向き、しましま購入。

P3240237.jpg

・・・・・・・ってしましまばっかやん!!
しましま好きなのです。
けっしてベビーサークルに入れて、泣かせて、囚人ごっこをしているわけで…は…




Comment:0  Trackback:0
2014
03.25

迎賓館でハイティ

3月15日は土曜日。
難しい顔して仕事している旦那さんに「昨日ってホワイトデーだったね」
とつぶやいてみました。
「はっ!!」とした顔をした旦那さん。忘れていた模様。
一応2月14日はケーキを焼いたりしたので、催促ではないけど
確認よ、ただのカクニン!

おそらく、放っておいたら墓場まで言われると思ったのでしょう。
次の週にハイティに連れてきてもらいました。

カルコサ・スリネガラというレイクガーデンにひっそりたたずむホテルです。

                      

イギリス統治時代には総督の住まいや、要人たちを招いた迎賓館として使われていたらしい。
素敵ですねぇ。

ホテルの手前で門番がいて、車を止められたので「さすが~」なんて感心したけど
「ハイティ」っていうと何のチェックもなく素通りできたのは「さすがマレーシア」。

P3220159.jpg

ラウンジはコロニアル調っていうの、古き良き美しさが漂っていました。
ハイティの途中ではピアノの生演奏が聞こえてきて尚よし。
・・・なんだけど、せっかくムスコが寝ていたので「ピアノで起きちゃったらイヤだなぁ」
と優雅さを半減させる感想を持つ、1歳児ハハ。

ハイティは3段トレイで運ばれてきます。
一番上はサンドイッチとパイ。

                     P3220166.jpg

これがまた美味しかった!
クロワッサンはしっとりしていて味がしっかりしていて、いやぁ珍しく
KLのサンドイッチで感心した!!(超上から目線)

2段目はパウンドケーキ、アップルパイの中身みたいなやつ、
ぶどうがチョコにのったやつ。

P3220168.jpg

3段目はケーキとプリン。

                    P3220167.jpg

ブリュレかと思ったけどプリンだった。
でもこの段も美味しかった!
期待値が低かったのかもしれないけど、予想より美味しくて嬉しい誤算。

スコーンが別で運ばれてきます。

P3220176.jpg

「レーズンとプレーンとどちらがいいですか?」
と言われているのに旦那さんは

「両方!!」

と元気よく答えて、「一つだけです」って苦笑いされていました。
随分ケチだねぇという感想を漏らしていました。

スコーンはサクサクでしっとり好きのわたしの好みではなかったけれど、
あったかくて美味しかったです。

これで紅茶がついて(選べるけど、変えられない)75RM++です。
ムスコも寝てたし、優雅なホワイトデーでした。
結果オーライ!

Carcosa Seri Negara
Taman Tasik Perdana Persiaran Mahameru,KL
03-2295-0888



Comment:0  Trackback:0
2014
03.23

タクシー運転手と創作マレーシア料理

最近旦那さんはとても忙しいらしく、土日も出張にいったり、夜遅くまで会社にいます。
ムスコは20:00に、わたしも22:00には寝てしまうのであんまり会いません。

たまに旦那さんがいるときは、お出かけで旦那さん運転の車に乗るので、
ムスコは旦那さんのことを「タクシーの運転手」だと思っている節があります。
だからタクシーの運転手が寝かしつけをしようとすると、
「お前の出る番じゃねー!!」と大泣きします。

日本のおとうさんとは辛いものです。

そんなタクシー運転手が休みだったので、来てくれていた母とみんなで外食に出かけました。
行先は、創作マレー料理がウリの「Bijan」というお店です。
「るるぶ」にも載っていたし、美味しいのではないかと期待を寄せて訪れると、

                    

「j」が落ちてる……
期待していいのかしら。

予約しちゃったし、とりあえず入ってみると店内はなかなか。
17時に来たけど、19時ころからは団体予約やパーティでいっぱいだそう。

                    P3150006.jpg

なにやらたくさん賞を取ってますみたいなご自慢の壁。
こんなプレートが壁いっぱいに飾られていました。

                    P3150010.jpg

まぁ、でも名刺に肩書きをたくさん並べてる人ほど大したことなくて、
名前しか書いてない人が大物だったりするし、、
いーっぱい賞取ってまっせっていうプレートは当てにならないとわたしは思っていたり。

                    P3150014.jpg

まずはジュースで乾杯。
母が頼んだニンジンジュースには人参がそのまま刺さっていたのが斬新でした。

注文はメニューを見ただけでは分からないという事だったので、しっかり予習。
他人様のブログや口コミなどを見て、頼むものの写真を携帯で撮っておき、
「これ。これ。これ。いなーふ?」って聞く。

店員さんが苦笑いしながら「えくせれんとー!!」
って言ったので注文は完了。

                    P3150016.jpg

マレー料理って苦手な部類なので、できるだけ食べやすそうなものを。
前菜盛り合わせと、串に刺さった厚揚げ豆腐の野菜あんかけ。
それにオタオタ。

                    P3150019.jpg

オタオタ(Otak-Otak)っていうのはマレー料理で、
魚介類のすり身を香辛料で味付けしてパンダンリーフに包んで焼いたもの。
クセがあるんだよね。

でもここは創作料理。
食パンと一緒にパテみたいな形で出てきて意外と食べられました。

                    P3150026.jpg

そのあとご飯とイカスミ料理とカレー。
やっぱりマレー料理よりはタイ料理の方が好きかなぁ。

大人が食べてる間、ムスコも持ってきたお弁当を旦那さんに食べさせてもらっていました。

「おお!タクシーの運転手もメシをくれるのか!!」
と感動したようで(ムスコにとってご飯をくれる人がイチバン)、その後なついていました。


デザートはドリアンチョコレートケーキとドリアンチーズケーキ。

                    P3150034.jpg

がっつりドリアンでした。
ドリアンわたしたち夫婦は結構好きだけど、苦手な人はこれも食べられないと思う。

                    P3150036.jpg

食べかけでスイマセン。中はこの白いところが全部ドリアン。
繊維~、あしたはお通じいいだろうね~という感じです。
チーズケーキの方が食べやすかったかな。

早めに入店したので込み合う前に退散して、
また我が家のタクシー運転手さんに家まで送り届けてもらいました(ムスコ目線)

Bijan
3 Jalan Ceylon, KL
03-2031-6568


Comment:0  Trackback:0
2014
03.22

シンガポール→KLの会

Category: KL*おでかけ
ここはマレーシアです。
でもシンガポールの国旗が張ってあります。

                     

というのは・・・
「シンガポールからKLにスライドしてきた人を集めてしまえ!会」
なのです。

というとダサイですが、ポットラックパーチィですわ
って言ったらオシャレよね。

                     P3200111.jpg

テーマはもちろんシンガポール。
テーマカラーは赤と白。
お料理もシンガポールを意識した赤いものや、バクテー、カレー、クスクスのサラダなど
南国なものが並びます。

わたしはシンガポール料理なんて作れないので、このあいだシンガポールに行ったときに
仕入れたバルサミコ酢を使って作ったマメサラダ。

P3190096.jpg

と、おなじくバルサミコ酢をしつこく使いイチゴをつけおきしてヨーグルトと混ぜたもの。

                     P3210147.jpg


あ、コンフィちゅーるって言うんですって、ほほほー。
の2品でシンガポールで買った繋がりで無理やりシンガポール料理として持っていく…。

                    P3200121.jpg

おなじくシンガポールカラーの飲み物で乾杯!

「シンガポールではどちらに住まれてたんですか?」とか

「あの、タンジョンパガーの・・・」
「タンジョンパガー!!なつかしい!!」

というような会話がなされていたのが印象的。

P3200113.jpg

シンガポールで一度食べて「ああ、もう結構!」と
二度と食べなかったバクテー。
作ってきてくれた方がいて、食べてみたらオイシイ
バクテーってこんなおいしいものだったの?
シンガポールで食べたあれはなんだったのだろう…

マーライオン型のマドレーヌも。
                    P3200125.jpg

KLのツインタワーは建物だけど、マーライオンは動物だから(いや、置き物か?)
愛着がわくよねってのはこじつけ。

シンガポールからKLへのスライドが多いのはほんと嬉しい限り。
シンガポールのみなさん、KLにいらっしゃい



Comment:0  Trackback:0
2014
03.20

イスラム美術館

Category: KL*観光
ムスコの誕生日を祝いに来てくれたじじばばですが、
ばばだけKLに残ってくれていました。
ヘイズ中の日常の買い物など、ムスコをあまり外に出したくないときに
一緒に留守番しててくれたりありがたや。

その母を連れて滞在中にイスラム美術館へ行ってきました。

                 P3013968.jpg


こういう美術館は父を一緒に連れてきてもどうしようもないですが、
こどもを連れてきてももっとどうしようもなかった。

P3124732.jpg P3124733.jpg

美術館の天井はこんなかんじ。
キレイ~と大口開けるわたしと、「キャー!!」と叫び閑散とした空間の反響を楽しむムスコ。
あわてて急ぎ足。
お客さん他にいなくてよかった・・・。

                      P3014036.jpg

展示品以外にも、この美術館自体のつくりが女子好みで、
もっとゆっくり回りたい気分でした。
こういうところへはムスコが学校でも幼稚園でも行くようになってからでないと
せわしなくなるね。


                   P3124737.jpg

途中から腹減りコールをムスコが続けた結果、併設されている中近東料理の
レストランにいきました。
うーむ、わたしにはあんまり合わなかったかも。
ん?飛行機の機内食みたい?もうすこし舌を鍛錬します。

P3124750.jpg P3124745.jpg

でも母はこういう経験滅多にできない!といって満足そうになにやら
ビュッフェ台のデザートを数種類食べていました。

レストランのなかでムスコはウェイターさんに愛想を振りまき、
背を向けて他のテーブルのサーブをしているのに「こっちを向け!!」と怒り、
振り向くとにやにや笑うという行動を繰り返していました。

この子、いつか知らない人に「お菓子あげる」って言われて付いて行って
身代金請求されるんではないかしら…


帰りにお土産を購入。

                      P3014073.jpg

ゴム製のコースター。
えぇもちろん、ムスコが噛んでおもちゃにされていますわ。



Islamic Arts Museum Malaysia
Jalan Lembah Perdana, KL


Comment:0  Trackback:0
2014
03.19

タマリンドスプリングス

だんだん食べものの話題が多くなってきて、こげまブログっぽくなってきたぞ。

こちらはKL郊外のベトナム・タイ・カンボジアなどのインドシナ料理を提供する
レストランです。
ここは、ほんっとオススメだから真面目に書く!!

本当は行こうと思ってた日にヘイズが酷かったので一度キャンセル。
オープンエアのレストランなのです。
蚊が心配だったけど、お香がたいてあって+虫よけと虫よけパッチもしたので
刺されなかったです。

空気がよくなったのでリベンジ。
自宅からだとタクシーで30分強かな、一本道を入っていくと周りにサルがいます。
地元住民がエサをやっていたりするので、危険ではなさそうだけど怖くて近づけなかった。
入口の門をくぐると下りの階段がつづきます。



この緑のトンネルを抜けるとここはザ・アジアン~♪

                        P3180075.jpg

ランチタイム、この立地という事もあってお客さんは私たちだけでした。
以前夜に訪問したときは、ムーディーなカップルでいっぱい!

                    P3180051.jpg

となりはゴルフ場らしく、ボールを打つ音が響いていました。
平日ゴルフしてた欧米人が3人いました。
欧米人も上司に「ナイスショーオ!!」とかいうのかしら。


                    P3180055.jpg 

席に座るとまずはエビチップのようなものが船に乗ってでてきました。
これがついつい手を伸ばしてしまう味。ぼりぼり。
初めてくる人も多いらしく、スタッフのオススメ言おうか?と聞かれ、
相談しながらメニューは決めました。

P3180057.jpg

前菜はアジアンな5種。
生春巻きや、魚をすりつぶした練り物、シナモンに肉が巻いてあるものなどなど。
3種類のソースも付いてきて味を変えながら楽しめます。

P3180064.jpg

そのあとはアスパラの炒め物(タイ風だった)とチキンカレーにガーリックライス。
ガーリックライスは各々頼んで、カレーとアスパラはシェア。
自分のお皿に盛って食べます。

                    P3180071.jpg

あぁぁ、また写真の右上にムスコのレーズンが…涙
ムスコは外ってのがよかったのか終始ご満悦で、
最近覚えた「ポーズ」って親がいうと腕を耳に当ててセクシーポーズをする芸を
銅像に披露していました。

                    P3180053.jpg


お腹いっぱいになってしまったのでデザートは一つだけ。
チョコレートとレモングラスのムース。

                    P3180076.jpg

チョコレートムースなのに食べるとレモングラスの香りが喉の奥の方で広がって
とても美味しかったです。

最近タイ料理が好きなわたしですが、ここはとても美味しいし、
バリにでも来てるかという感じで、特に今回行ったときは静かで(夜はムーディーで)
好きなレストランです。

立地が悪いし、うちはムスコが1時間しか座ってご飯を食べないので、
ランチで1時間あれば十分だろうと踏んで1時間タクシーの運転手さんに
待っててもらいました。
(メーターはまわってるけど20RM=600円くらい上がっただけだった)

夜は特にタクシー来てくれないみたいなので、
帰りの足を確保してからゆっくり楽しんでください。


ウム、真面目に書いた!!

Tamarind Springs
Jalan 1, Taman Tun Abdul Razak, Selangor
03-4256-9300


Comment:0  Trackback:0
2014
03.18

KLビュッフェさがし

Category: KL*洋食
根っからの食いしん坊なわたしは、KLで美味しいビュッフェはないのかと探していました。
こどもがいると、ビュッフェっていうのは立たないといけないので、ちょいめんどくさいのですが、わたしは好きです。

                  

というわけで、リサーチの結果ココ。
マンダリンオリエンタルホテルのモザイクというレストランです。

前菜がたくさん並んでいます。
他の人に食べられないうちに写真を撮ろうかと思っていると、ムスコが食べたいと叫びだし・・・

やはり夫婦+赤ちゃんでもビュッフェは大変かも。
隣りの席はメイドさんが一緒に来ていて、左手に赤ちゃん抱えながら、カレーをすごい勢いで食べてた。
そして、おかあさん、おとうさん、おばあちゃん、おじいちゃんも来ていて、みんなものすごい勢いで食べていた。

P3014042.jpg P3014043.jpg

そのカレー。
他にもグリル台や麺類、魚介類などなど、
私のリサーチは正しかった!!のだからちょっとムスコみてて、旦那さん。

デザート(3回目だけど)取ってくるから!!

P3014049.jpg P3014046.jpg P3014045.jpg

なんだかデザートに割かれている面積が広かったので、とりあえず食べておかないと申し訳ないような気がして
何度も足を運びました。

これまた隣の席の今度はおばあちゃんが、マカロンを大量に積んで食べてたけど、マカロンはフツウでした。
チョコレートは美味しかったな。

                      P3014063.jpg


最後はシャーベットで口なおししてごちそうさま。
1人108RM++(3500円くらい)、お得感はないけど、リサーチ不足だと責められることはないお店でしょう。

ちなみに隣のものすごい勢いでたべる家族は、息子さんの1歳の誕生日で来ていたのでした。
最後の最後におっきなケーキが来て、うたを歌ってました。

あんなに食べたあとにも、ケーキ食べるのかしら。
ま、わたしに任せておけばちょちょいのちょいだけど。


Comment:0  Trackback:0
2014
03.15

ヘイズアゲイン

Category: KL*生活
去年の6月KLに引っ越す前、シンガポールでやり残したこと、あれやりたい、ここ行きたい、あれ買いたい…
たくさんあったんだけど、史上最悪のヘイズで生後3か月の赤ちゃんを外に出すこともできず、
家にこもりきりで、じれったい思いをしながら引っ越したっけ。

そしてKLに来てもまたヘイズ。
窓から見る景色が白い。

                    

去年はインドネシアの野焼きが原因だったけど今回は、

雨が降らない→自国での山火事や排気ガスが充満→空気悪いから外出は車で→さらに排気ガス充満

というような事が原因らしい。この「雨が降らない」ってのがクセ者で、雨が降らないから空気が悪くだけでなく、
今は「水不足」と「デング熱の爆発的増加」も巻き起こしています。


【水不足】
わたしが住む地区でも、「2日断水して2日は水が出るというのを今月いっぱい繰り返す」というお達しが出ました。
各々のコンドミニアムに貯水タンクがあるので、断水の2日間はその貯水タンクの水で住民は過ごします。
使いすぎて空っぽになったら、アウト!水は出なくなります。

【デング熱】
蚊のあかちゃんであるボウフラは、降ってくる雨によって流され、死んでいきます。
でも雨が降らないから蚊が大量発生、それによってデング熱も増えてるんだそうです。

はなしはヘイズに戻って、上の写真から数時間たった写真。

                     P3130007.jpg

明らかに白い・灰色。
PSIという数値でその汚染度を示します。
去年は371という最悪な数値をシンガポールで経験してるので、180とかを見ても、180かぁ。
な感覚はイカンイカン!!うちにはこどもがいるのだよ。

しかし、地区によっては300以上をたたき出しているところも。
旦那さんはその地区で週末働くことになっているので、心配です。


最近、マレーシアといえばあんまりいいニュース聞かないし、
またわたしのブログ、マイナスな雰囲気振りまく感じになって行かないようにしないと・・・


Comment:0  Trackback:0
2014
03.14

ムスコ1歳

Category: ムスコ
シンガポールに遊びに行く前、ムスコは1歳の誕生日を迎えました。

誕生日に合わせて、日本からじじばばがやってきました。
それはそれは大そうな、ご誕生1周年記念祭ですわな。ゲストが飛行機乗って来てしまうんですものね。

じじから誕生日プレゼントをもらいました。

                  P3130001.jpg

まだ足で動かせず、すぐに降りてカタカタの延長のように押して動かしています。
なんと、この車にはBMWと書いてあります。

                  写真


家族のだれよりも高級車を手押し車のように扱うムスコ…


次の日からシンガポール旅行だったので、ケーキは作らずオーダー。
みんなでHappyBirthDayのうたを歌うも、本人は何が起こったのか分からずどぎまぎ。

                  P3054257.jpg

しかも、20時には寝る生活をしているので、夜の誕生祭は刺激が強かった模様。夜泣きされました
まぁ昼間には一升モチ背負いもさせられているので、疲れたのよね。

                  P3054207.jpg

最初の5秒くらいはカタカタにつかまって、一升背負ったムスコ。
それから崩れ落ち、重いのと、ふろしきが邪魔で一気に不機嫌モード。
お餅を半分の量にして半分は手に持たせました。

切り餅タイプにしておいてよかった。
でも一升分の切り餅、誰が食べるのかしら。


ともあれ、1歳おめでとう。
来年の誕生日も健やかに祝いましょう。



Comment:2  Trackback:0
2014
03.13

チョコレート

Category: KL*おやつ
これはチョコレートです。
写っている女性は2010年のミス・マレーシアだそうです。


                  写真

美しさのレベルはわかりませんが、これはミス・マレーシアが開発にかかわった
「ちょっと運動すれば食べなかったことになる」低カロリーなチョコレートだそうです。

この白い方は123キロカロリーで11分運動すれば食べた分だけ燃焼できるらしい。

                  写真 2

黒い方は126キロカロリーで25分のウォーキングだって。

なんかオモロイことないかなと探していたので、販売元に電話して売ってもらいました。
スーパーなど店頭には売っていないからです。

あんまり電話かけてまでくれって言ってくる人はいないようで、「どうやって知ったんだ?」とか
「誰に聞いたんだ?」とか細かく事情聴取されました。

でも最終的には大変感動・感謝されて、バレンタインデーだったのも関わらず、即日デリバリーされてきました。
(送料は要らないわと気分をよくされた模様)

                P2253895.jpg

中身はうっすーいチョコだったものの、スイスのチョコレートを使っているとかで、意外と美味しい。
そしてカロリーが低いところがよい。

家の中にいるだけでも、おもしろい発見ができて満足でした。


Jessie Chantelle Chocolatier





Comment:0  Trackback:0
2014
03.10

フラトンベイホテル

Category: 旅行
今回のシンガポールでは、スライド時に泊まったフラトンベイに再度泊まりました。
マリーナ湾が一望できる、とても贅沢な部屋です。

                    

前回泊まったのは、2013年6月なので9か月前。
9か月前のムスコと、今回のムスコ。

P6249663.jpg P3064317.jpg

体のデカさと態度のデカさが明らかに違う・・・
9か月前には、写真に自分の姿が映ってしまったハハも、撮影の腕を磨き、今度は自分は消えましたぞ。

寝るときはベビーベットで寝ても、途中で一緒に寝たがるので、ベッドに連れてきたところ、
案の定、2回落ちました。だよね。

朝食も前回と同じところで。

P3084620.jpg P3074319.jpg

朝からムスコは、食パンやお粥をガツガツ食べ、おやつのバナナまでもらって、わたしのフレンチトーストについていた
イチゴもむしゃむしゃし、わたし以上に満喫していました。

シンガポールに来る1日前がムスコの1歳の誕生日だったのですが、パスポートを見せた時にフロントの人が
それを発見してくれて、部屋に戻ると、こんなバースデープレゼントが。

                     P3074603.jpg

フラトンベイのベルボーイの格好をしたテディベア。
素敵なサービスに感動のハハ。
早速、クマの鼻にかぶりつくムスコ。


このホテルに泊まる醍醐味である20:00と21:30のマリーナ光のショー。
20:00の部はムスコを寝かせつけるので、見れず。
21:30の部は「音楽もかかるし、気づくでしょ」と思っていたら、爆睡に次ぐ爆睡、週末は23:00頃にも
もう一度やるのに、それも寝ていて気づかずスルー。

という残念な結果に。
なので、朝焼けをどうぞ。

                     P3074318.jpg



Comment:0  Trackback:0
2014
03.09

シンガポールへ

Category: 旅行
シンガポールに遊びに行ってきました。
1か月前から予定していたので、友だちの予定をガツっと抑え、久々の再会を楽しみにしていました。

わたしがシンガポールに行くときは、スバン空港というちっこい空港から
Fireflyというこれまたちっこい飛行機に乗って行きます
国際空港へはうちから1時間以上かかりますが、スバンだと早いときは30分で行くのです。

あれやこれや触る1歳児を連れていくと大変な騒ぎなので、常に最短時間+距離を探しています。

シンガポールの友だちは、とても温かく迎えてくれて、わたしが「食べたい!!」と懇願した
ハイアットホテルのバジリコにそれはそれはたくさん集ってくださいました。

P3074404.jpg P3074405.jpg


バジリコといえば、ランチビュッフェ。
ムスコは幸いキレイな女性が大好きなので、他の方にみててもらっている隙に取りに行く
という手法が取れました。

女の子は、おかあさんが離れると泣いてしまったりしたのですが、女大好き男児を持ってよかったとつくづく思いました。
しかし、ストライクゾーンが広いムスコは、同い年の女の子たちにもすぐ触ろうとして泣かれてしまうので、
「女の子に触る時は、お金払わないとだめよ」諭しておきました。

集まってくれた方の中には本帰国を控えてる方もいて、滑り込みセーフで会えました。
おみやげに、このあいだのスタバのマグカップのシンガポールバージョンをもらったり、

                       写真

KLでは買えない美味しいオリーブオイルを調達したりと、濃いぃ再会の場でした。

そしてあとは、KLでできないことを、さっさと。

KLにはないお店でムスコの洋服を買ったり、
KLにはないお店で結婚指輪を買ってしまったので、シンガポール店で磨いてもらったり、
日本米を調達したり、明治屋に行ったり・・・
TODOリストは全部クリア。

ムスコも遊ばせなければなりません。

                  P3074359.jpg

シンガポールもヘイズっぽかったので、数値が低い時を見計らって、マーライオンに「よっ!」と言いに行ったり、

                      P3074391.jpg

ホテルでプールに入ったりしました。
こやつ、1歳児のくせにマリーナベイサンズをバックに水浴びするとは!!

やっぱりたまにシンガポールに遊びに行って英気を養うと、KL生活にもハリが出ますな。
今回会ってくれた方々に感謝です。


Comment:2  Trackback:0
2014
03.05

インド料理をたべる

ボンベイパレスという北インド料理のレストランに行きました。

                    

マレーシアで一番おいしいとか、2番目とか。
シンガポールにいた時よりもタイ料理やインド料理を食べる機会が増えました。
ちょっと北上したからでしょうか。

日本語のメニューもありました。
さすが我が愛読書「るるぶ」に載っているだけあります。

タクシーで50分もかけて行ったので、うんと奮発してコースを頼みました。
まずはお通し。

                 P2263933.jpg

辛くて北インドの香りがしました。
このパリパリせんべいが美味しかったので、バリバリしていたら、横からムスコが
「お前だけ食べてんじゃねー、腹減った」といつの間にかスプーンを持って、ものすごい主張をしていたので
せっせとご飯を口に運びました。

                 P2263935.jpg

最初はタンドリーチキンやナン(←説明では焼きたてパンとなっていたのでパンなのかしら)
サラダが一斉に運ばれてきました。
とても美味しかったです。

                 P2263940.jpg

次はカレーが3種類とごはんとロティという薄皮がでてきました。
赤いのがマトン、緑がほうれんそう、黄色がチキン。

うまく写真撮ったぞと思っていたのに、黄色のカレーの横にムスコの離乳食のカスが写り込んでいて後悔。

そんなことより、カレーはとても美味しかったです。
この黄色いご飯も「インド米がこんなにふっくら?踊り釜炊きか!?」
ってな感じがしました。

このあたりになると、ムスコともう一人の友だちのムスメさんは店員さんに抱っこされて「カワイーカワイー」と
店員さん同士で撮影会をしていました。赤ちゃんとは罪な生き物ですなぁ。


その間に親はチャイで一息。
マンゴーシャーベット銀箔のせ。

                    P2263952.jpg


お腹はちきれそうになりました。
先日体重をはかったら、妊娠前まであと500グラムだったので調子に乗ってしまいました。
もはや産後でないので、はやく元の体重に戻したいです。


Bombay Palace
215 Jalan Tun Razak, KL




Comment:0  Trackback:0
2014
03.03

国立モスクにいく

Category: KL*観光
マレーシアの国教はイスラム教です。
なのでこの国では、断食の時期があったり(わたしはしないけど)、
金曜日のお祈りの日には3時間ほどお店がお休みになったりします。

スーパーでもブタ肉売り場は別の奥まったところにあり、別会計です。
お菓子の「ポッキー」も「ポーク」を連想させるので「ロッキー」に改名されています。

わたしは日本人なのであまり関係なく過ごしているのですが、せっかくマレーシアに住んでいるので
国立モスクを見学しに行くことにしました。


                  

モスクっていうのは、黒柳徹子の頭みたいな玉ねぎ型であるもんだとばかり思っていたのですが、
国立モスクはミレナットという光塔デザインの建物でした。


見学するときは、女性はローブを貸してもらいます。

                  P3013974.jpg

肌を露出してはいけないからです。
わたしは長袖のカーディガンを着ていて、それから寝てしまったムスコを抱っこひもで抱っこして
その上からローブを着たので、汗だくになりながらの見学でした。

                  P3013978.jpg

イスラム様式とかイスラム美術っていうのは自分が今まで見てきた文化とは全く違ったものなので
珍しいし、美しいと思います。

                      P3013998.jpg

時計の文字盤もみたことない。
イスラム教徒用の、メッカの方向とお祈りの時間を知らせてくれる腕時計なんてのもあるらしい。

でも壁に「Wi-Fi Free」って貼ってあったのは現代的なかんじですな。

                P3013980.jpg

ちなみにここはメインのお祈りする場所。
この時はお祈りの時間じゃないので、くつろいだりしてます。
でもここはイスラム教徒しか入れないので、わたしたちは見るだけ。

扇風機が大量にまわっていたけど、お祈りでたくさんの人が集まると暑いんだろうねぇ、きっと。

最近、観光熱がちょっとずつ出てきたこげまの、国立モスク報告でした。



Comment:0  Trackback:0
2014
03.01

うちのムスコ

Category: ムスコ
こげまのムスコは3か月の状態でとまっていましたが、いまは11か月になりました。

わたしの記憶があまりないので、これまでの成長の記録は割愛します。

いまは、離乳食をめちゃんこ食べます。
あまりにも食べるので、我が家の食費の予算を400RM(日本円で12000円くらい)上げました。
0歳児で1か月に12000円分も食べるのでしょうか。
破産しそうです。

すきなものはバナナです。
バナナをぶら下げると「ふんがーと鼻息を荒げて突進してきます。

乳とバナナをぶら下げたら、迷いなくバナナに食いつくので、おっぱいは終了しました。


あとはこんな感じで、キンパツびじょのお尻をおっかけております。


                      9853写真

あまりにも露骨に女の子を凝視したり触ったりするので、すぐ振られます。

最近、立つようになりました。
得意げな顔をして自分で拍手をしています。

そんな1歳間近な男児です。





Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。