--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
06.21

ヘイズと寝返り

Category: ムスコ
シンガポールの空はヘイズの影響で灰色です。

                  写真

ヘイズとはスマトラ島の焼畑の影響による煙がシンガポールやマレー半島に流れてくることです。
PSIという数値を使ってその危険度を表します。
普段は50以下ですが、371という史上最悪の数値をたたきだし、日本人学校も休みになったとか。
こどもは外では絶対にあそべません。

シンガポールのコンドは適当に造っているので、窓を閉め切っても家の中まで煙の臭いがします。
家の中でもマスクしないと頭痛がします。
私だけだったらいいけど、3か月の赤ちゃんがいる我が家は「日本に帰りたい!!」

しかし、KLへの引越しが数日後に迫っている・・・


家から一歩も出ずにムスコと部屋で遊んでいます。
わたしはシンガポールの青い空を見ないまま、ここを去るのかしら。。。


そんなある日、ムスコが妙に体をえびぞりにしてバタバタしています。
「寝返りじゃないの?」と友だちに言われるも、寝返りって5か月とかでするんじゃないの?
と思い「こりゃヘイズの影響か(もう今はすべてがヘイズのせい)」と思っていたところ


                P6209629.jpg
                            ほにゃほにゃ。足あげ~

                
                P6209631.jpg
                               えっさほいさ

                P6209632.jpg
                               よいっしょ

                P6209633.jpg
                               うりゃー


っと寝返りしました。
3か月と15日の出来事でした。

親の心配をよそにグルんグルんしては「戻して―」と泣いて、戻したらまたごろん。
いままでは「わけわからず泣いている」とか「抱っこしてって泣いている」だったけど、要求が変わってきました。
おもしろいなぁ。

とにかく、こんな風に頑張っているシンガポールのこどもたちの為にも、早くヘイズをどうにかしてほしいです。
最後のシンガポール満喫できなくてもいいから、とにかくなんの影響も出ませんようにと祈るばかりです。




スポンサーサイト
Comment:5  Trackback:0
2013
06.20

シングリッシュ!

シンガポールでは英語が通じます。
でも時制はめちゃめちゃだし、なまっているので「?」っていうことも多いです。
最初はイライラしたけど、いまは「Can Can!!」言ってるし、「Three」の発音を「Tree」って発音して予約取ったりします。
シンガポールの英語は「シングリッシュ」って呼ばれるくらい特殊なんです。

                写真 1

こんな本を買いました。
シングリッシュの本。

                写真 2

アルファベット順になっていて、シンガポール独自に使われているものや発音が載っています。
シンガポールは中華系の人やマレー系の人が彼らの言語と混ぜて作った造語なんかも多いのです。

有名なのは「OK!」に「La」をつけて「オッケーラ!!」って言うみたいな。

写真 4  写真 3

左は「for example」の発音。
右は「zero」の発音。

ジロージロー言われてゼロってわかんないよね、次郎かって笑

まぁ、これを買ったからといってシンガポールで大活躍するわけじゃないと思うけど、面白いし、ね。



Comment:0  Trackback:0
2013
06.18

KLへの母子バス旅

Category: 旅行
KLとはクアラルンプールの事です。
シンガポールはマレーシアと陸続きになっているので近いです。
飛行機で1時間!

そこで、転勤先で住む家を探しにKLまでいってきました、バスで
生後3か月経っていないムスコがいるので、飛行機じゃなくてバスにした方がいいんじゃないかという
理論からそうなったのですが、バスだと6時間ほどかかる。
そして先に旦那さんは出張でKLにいるので行きは母子だけ。。。

大丈夫かしら?不安だし、友だちからも「それ拷問!!」と心配される。
どうしようどうしようとうだうだ言っていると、母親がヒトコト。

「やってみりゃいいじゃないの!!」

・・・はい。さすが母親30年以上やってるだけあるね。

というわけで、じゃーん。

                 写真 1

Transter Travel
というバス会社のSolitaireという高級?バスに乗っていってきました。

1日に5本バスが出ていて、バスの種類はサービスランクによって6種類あります。
私たちが乗ったSolitaireは一番上のランク。

行きが58S$、帰りが45S$です。

写真 2  写真 4

ブギス近くのゴールデンマイルコンプレックスというところからバスは出発。
バスは2階建てになっていて、2階は14席、1階は4席と(キッチンや乗務員席があるから)ゆったりのつくりに
なっています。

わたしは1階の一番後ろの席を事前に取っておいたので
(事前に1階席をとるには、一度ゴールデンマイルコンプレックスの中にあるバス会社に出向かないといけない)

1階席は私とムスコだけ。
とりあえず、騒がれてもどうにかなるだろう。

                   写真 3

座席にはモニターも付いていて、映画が見れたりゲームができます。
日本の映画はたぶん著作権の関係で国境を超えてマレーシア側に入ると観れます。

前との間隔はひろーい。

客室乗務員が乗っていてごはんも、お茶もクラッカーもでてきます。

                   写真 5

チキンライス。帰りはビーフンでした。
帰りの方が美味しかった。

14:30に出発してまずセントーサの乗り場を経由します(しない便もあり)
その後40分くらいでシンガポール側の国境に到着、パスポートだけ持って後の荷物はバスに置いて出国。
10分くらいまたバスに乗ってマレーシア側の国境に着きます。
この時はすべての荷物をX線にかけるので持っていきます。

ここでベビーカーは置いて行っていいよと運転手に言われたので、エルゴでムスコをかついで荷物持って入国。
スムーズにいきます。
この間ムスコは熟睡中。バスの中では私の腕の中で熟睡中。腕重い・・・

マレーシアの入国審査を抜けてバスに戻ってくると、なんと座席にベビーカーが!!

                  写真

運転手のおっちゃんが「それをベッドにして寝かせておきなー」って言って設置してくれました。

電話で事前にベビーカーを車内に入れていいか聞いたときはダメって言われて、乗る前にも聞いて
ダメって言われたのでずっと抱っこを覚悟してたんだけど、運転手さんの機転で楽させてもらえました!!
座席の間隔が広いのでベビーカーも余裕でおけちゃいます。

電車やバスの揺れって大人でも気持ちいいよね。
ムスコは私の心配をよそに3時間以上寝ててくれて(脳みそは大丈夫かしら…)あとは授乳して
おもちゃで遊んで、ぐずって抱っこしてーをしてたら6時間思ったより苦労せずに到着しました。

20:30頃KLに到着。そこで旦那さんが待っていてくれました。

「どうにかなる」とはこういうことだなと胸をなでおろしたのでした。
でももういや。次は飛行機でお願いします。





Comment:2  Trackback:0
2013
06.17

送別会、いや!壮行会

                 

目の前にケーキが運ばれてきて、マーライオンが立っていました。
Good Luckと書いてあります。
そうなんです、わたしシンガポールを離れます。

でも日本に帰るわけではありません。
マレーシアのクアラルンプールというところに引っ越すことになりました。
旦那さんの転勤です。外国→外国に転勤することをスライドって呼んでいます。

スライダーこげまのために仲の良い友だちが集まってくれて、リッツカールトンホテルのSummer Pavilionという
中華レストランで壮行会を開いてくれました。

シンガポールとクアラルンプール(KL)は飛行機で1時間弱。
なのですぐ遊びに戻ってこれます。なので送別会ではなく、、壮行会!!

P6119514.jpg P6119516.jpg P6119517.jpg

みんなで点心をたくさん頼みました。
一つ一つが美味しくてみんな大絶賛!シンガポール最後の最後でこんな美味しい点心に出会えて
ビビリました。

P6119518.jpg P6119519.jpg P6119522.jpg

牛肉の赤ワインなんちゃら黒こしょうなんちゃらという料理も、肉が柔らかすぎて
「てんだー」って叫びました。
こんな英語でシンガポールでやっていけたので、KLでも大丈夫だと思います。

みんなからたくさんの心のこもった贈り物もいただきました。
シンガポールのシンボル、我らがマーライオングッズもたくさん。

                  P6119534.jpg

シンガポールの名所がキレイな絵になっている冊子にみんなが寄せ書きしてくれました。

                  P6119537.jpg

なんかいつもの調子でみんなでわいわい中華を食べていたけど、ここにきて「あ、わたし去るんだ」
と思いだしおよよーってなりました。

でも1年半という短い中でブログを通してたくさんのよい友だちに巡り会えたことに感謝しています。
この日集まってくださったみなさん、来れなかったけど遠くから歌ってくれた皆さん、ありがとうございました。


あ、でももうちょっとシンガポールにいます。
もうすこしだけお付き合いくださいネ。




Comment:4  Trackback:0
2013
06.12

ケーブルカーに乗る

ピザ屋のあと暑いし帰ろうとしたけど、せっかく入島料払ってセントーサまで来たし(貧乏性)
一度も乗ったことのないケーブルカーに乗ってみることにしました。

                  P6089477.jpg

1人26ドルとバカみたいに高いですが3人で2人料金で乗れるじゃーん(1人は赤ちゃんだから)といい方に
考えてそそくさと。

入口に着くとコインつぶしマシーンが。ここにもあったのね

                  P6089474.jpg

早速やってコイン出てきて満足!
すると旦那さんが「面白い動画が撮れたんだけど見る?」

というのでなになになにー?と乗り出すと、そこには私の姿が。。。
コインつぶしマシーンのレバーは腕だけで回せばいいのに、体全身を使って髪を振り乱して
ぐおんぐおん回してる私の動画…

だれにも見せらんない。店らんない。
代わりにこちらを。

                   写真


ケーブルカーからの眺めは圧巻でプールもみえました。

                   P6089479.jpg

でも中は暑いです。灼熱です。
エアコンはなかったです。乗る前におしぼりをくれたんだけど暑すぎてそのおしぼりで顔も
体も脇も拭きました。

                   P6089493.jpg

ハーバーフロントで下車して、VivoCityでバスタオルの安売りを買って帰ったという不思議な一日でした。


Comment:4  Trackback:0
2013
06.11

セントーサコーヴにいく

母は週末38.6度の熱をだしました。
ムスコが最近夜寝なくて酷い寝不足に陥り疲れがたまったんだと思います。

なんで寝ないのか、理由はたぶんだけど、おくるみからスリーパーに変えたんです。
3か月だし、いつまでもくるまってるのはなぁと思い。
そしたら「夜」って認識しないのかな、くるまれてないと。2時間おきに起きたり、朝4時に泣き叫んだりするように

5歳までくるまれてろ!!
とおくるみに戻しました。
もうしらん。

熱を出す前のはなし。

家族3人でセントーサコーヴという場所に行きました。

                    P6089425.jpg

ヨットがたくさん置いてあったりして、お金持ちが住んでいる場所のようです。
最近ここにレストランなどの集合施設ができたという事で、用もないのに入島料を払っていきました。

                    P6089424.jpg

キレイに整備されていて新しい区域のようでした。
10数軒新しいお店が並んでいて、EZOCAという高級和食やKithカフェ、Picotinなど聞いたことがあるような
レストランもちらほら。

わたしたちはこちらのピザ屋へ。

                    P6089431.jpg

以前リトルインディアのお店に行ったとき美味しかったけど、友だちによると
「マカンストラでいい評価得ていたのに、シェフが変わってそうでもなくなったらしいよ」と
聞いていたピザ屋のセントーサ店。支店が違うしというほのかな期待を込めて。

P6089428.jpg   P6089429.jpg

店内はナポリみたいな(?)鮮やかな青色のテーブルと色んな写真や絵画が飾ってあり、
風が通る気持ちのいいスペース。

写真の通り、昼なんだけどお客さんがあんまりいないのがちょっと不安笑

                    P6089434.jpg

ベーコンとオリーブとアンティチョーク・きのこのピザを頼みました。
全部混ざって焼きあがるのかと思ったら、バラバラだった。

パスタとティラミスも。お皿がかわいい。

P6089436.jpg  P6089439.jpg

結論から言うと、友だちが言っていたことは本当だった。
うんめーってほどではなく、ふつうだねってかんじかなぁ。


この区域はほんと開発されたばっかりなんだと思う。
どのお店もひとはまばらだったし、わざわざここに来る人ができるまでは時間がかかると思う。

散歩でもしようかと思ったけど外は暑すぎたし、しかも夫婦共あさ4時に起こされてぎゃんぎゃん泣かれて
旦那さんなんて朝からムスコを散歩に連れ出してくれてたから、眠くて眠くて
(このあたりから体調不良は訪れてるはず…)食べて帰りました。


大金持ちになってお金の使い道に困ったら、ヨットでも買って、週末はココにきて
一杯やってからヨットを転がそうと思います・・・(遠い目)


Solepomodoro Trattoria-Pizzeria
#01-14, Quayside Isla, Sentosa Cove
31 Ocean Way 098375
+65-6734-0262

Comment:2  Trackback:0
2013
06.06

マウントフェイバーからの眺め

マウントフェイバーに行きたくて友だちを無理矢理誘って付き合ってもらいました。
「セントーサ島が一望できてスバラシイ」と聞いていたからです。

                P6059398.jpg

シンガポールではケーブルカーが運航しています。
駅はハーバーフロント、セントーサ、そしてマウントフェイバー。
マウントフェイバーからはやっぱり絶景が広がっていて、ビームを発射するマーライオンも見えました。

                P6059394.jpg

日本からの観光客がわんさかいて「兵庫県」という旗を持ったご一行を見た時には、なんだか
ほんわかしました。
みんなケーブルカーに乗ってセントーサ島にいくのかしら。とにかくいっぱいいた。

その中にレストランがいくつかあります。
景色ありきのレストランって味はイマイチのことが多くて、Hungry Gowhereというローカルの食べログみたいな
サイトでも評価は低かったのですが、とりあえず「マウントフェイバーでご飯を食べたい!」という
ワガママに付き合ってもらいました。

Jewel Boxという展望台にあるBlack Opalというレストランです。
こちらは屋内で涼しい。同じメニューを出すSapphireというレストランが屋外にあります。
涼しいほうがいいから中へ。

                P6059402.jpg

店内からも景色が広がります。
気持ちいい!!

そして店内にはお客さん…私たちのみ 笑

P6059411.jpg  P6059412.jpg

サラダとペンネのセット28S$にしました。
そしてデザートが・・・チェンドル!!

チェンドルとはマレーシアからやってきた、本来はかき氷の上にパンダンリーフの緑で色を付けた
ゼリーにココナッツミルクと蜜を混ぜたデザートです。
そのかき氷の部分が豆乳のプリンになっていました。

                P6059413.jpg

チェンドルにコーヒー、、、斬新!!
緑のゼリーはミミズみたいで友だちの一人は綺麗に、それは綺麗によけて食べていました。

すぐ隣がケーブルカー乗り場。

                P6059416.jpg

帰りはケーブルカーに乗ってハーバーフロント駅まで行こうとしたのですが、セントーサ経由になって
26S$ということで、タクシーの方が安い・早いため乗りませんでした。

でもわたしこれ、また作っちゃいました…


                写真

マウントフェイバーコインつぶし!!(アングリーバードがケーブルカーに乗っているバージョン 笑)
コインつぶしマシーンマニアとしてはやらざるを得ない!!

楽しい一日でした!
わたしのわがままに付き合ってくれた友だちに感謝です。ありがとう!!

Black Opal
109 Mount Faber
#02-00 The Jewel Box
+65-6377-9688



Comment:0  Trackback:0
2013
06.03

ロチェスターパーク

思い出のレストランに行ってきました。

                 P6029326.jpg

ロチェスターパークにあるレストラン。
まだ私たち夫婦が恋人だったころ、シンガポールに遊びに来ていたわたしを
旦那さんがここに連れて行ってくれて、結婚する運びとなった思い出のレストランなのです。

                 P6029328.jpg

そこにムスコと共に3人でやってきました。
「2年前ここに来たときは、2年後にこんなん(ムスコ)がいるなんて想像しなかったよね」
なんていいつつ・・・感慨深いものです。

P6029336.jpg  P6029334.jpg

前に来たときはディナータイムだったので、スープや前菜メイン、デザートとゆっくり食べたのですが、
今回はランチ。ランチメニューです。

これにサーモンサラダを頼んだら
「多すぎると思うわ」と店員さんの助言を受けて取りやめたものの・・・やっぱり足りない笑

という事で追加でサーモンサラダをオーダー。
ここでも「小さいサイズにしておきなさい」と更なる忠告を受けてこちらのサイズに。

                  P6029337.jpg

これでちょうどいいくらいでした。

午前中騒ぎ散らかしたムスコは終始夢の中。

「おとうさんとおかあさんの思い出の地だからいい子にしてるのだー」
って思ってるに違いないと大人の勝手な都合でいいように解釈し、お祝いの(何の?)デザート!!

P6029343.jpg   P6029340.jpg

毎日エンドレスの育児が続いてしんどいこともあるけれど、ここで結婚することにならなかったら
この子はいないんだなと思うと、3人でここに来れてよかったなとおもいました。


Graze at Rochester Park
4 Rochester Park,139215
+65-6775-9000


Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。