--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
03.29

フレンチで一息

産後2週間目に友だちがムスコを見に遊びに来てくれました。
久々に化粧をして服を着て(だいたいブラトップだけで家をうろついているから服を着ること自体珍しい)
準備万端だったはずが・・・授乳が始まってしまいちゃんとお迎えできませんでした。

でもベットに赤ちゃんを並べて写真を撮ったり、抱いてもらったりちょっとの間だったけど
ムスコを見てもらえて楽しかったです。

そのあと、母にムスコは見ていてもらってランチをしに行きました。

                     写真 3

フレンチ=肉
でがっつり!!

このお店、最近までBistro Petit Salutって名前だったと思うけど・・・テイストを変えたのか、
ただ単に気分が変わったのか・・・初めてだったからよくわかんないけど。

                     写真 2

平日昼のホランドヴィレッジは「これで採算合うのか??」と他人事ながら心配になってしまうほど閑散としています。
だから予約なしで突撃!
お店も暇そう・・・

ランチセットは前菜・メイン・デザート・コーヒーor紅茶で$28++と良心的。
他の店は1for1(ひとり頼むともうひとり無料)をやっていたりして、平日ランチはどこも苦戦している模様。

わたしはお腹ペコペコだったので前菜にクロックムッシュ。
クロックムッシュってメインになっちゃうんじゃないの?

                    写真 2 (1)

ボリューミーで美味しかった。
メインはもちろん肉。みんな肉。そりゃ肉。

                    写真 3 (1)

肉のまわりのマッシュポテトがダムみたいになっていて、肉汁がこぼれるのを阻止している。
もんじゃやきみたいにね。
こちらもおいしかった~

                    写真 1

デザートにしっかり濃厚チョコのケーキをいただいてごちそうさま。

産後2週間って不安やどうしようっていうことがたくさんあって、先輩ママにどうでもいい質問ばかりしたけど、
そういうことが話せて「そんなもんだよ」と言ってもらえたことがすごく救われました。

また授乳時間になってしまったので、今回は早めに解散。
でも気分転換になったし、とっても充実した時間でした。


Chez Petit Salut
#01-54 Chip Bee Gardens
44 Jalan Merah Saga 278116
+65-6474-9788



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
03.27

パスポート

Category: ムスコ
ムスコのパスポートが出来上がりました。
シンガポールで産まれても日本人同士のこどもなので日本パスポートです。

                   写真

シンガポールでの出生届やパスポート申請の仕方はYukoさんのブログで丁寧に書かれているので
わたしは割愛します(笑)

ダイジな事は、生まれてから42日以内にビザを申請しないと不法滞在と扱われて罰金になるのです。
大使館に出生届を出してから、日本の戸籍に反映されるまで、3週間ほどかかるという事だったので、
超スピードでやることやりました。

3月5日に生まれて翌6日にシンガポールと日本大使館に出生届を提出。
外務省戸籍国籍課に15日に確認したところ
(外務省にまで電話かけてプッシュするという・・・電話の相手は迷惑そうだった)
18日には市役所に届くとのことだったので、義母に確認してもらったところ、既に戸籍に反映!!

20日にはEMSでムスコが載った戸籍謄本がこちらに届いて、21日にパスポート申請→26日に受け取りと
わずか20日間でパスポート入手までたどり着きました!!

あとは旦那さんの会社経由でビザを申請するのみ。
なんとか不法滞在は回避できそうです

ふぅ、なんか一仕事終えた気分。




Comment:0  Trackback:0
2013
03.25

息抜きに

ムスコが黄疸の数値が高く、再入院していたときのはなし。
わたしは夜の授乳のために一緒に入院していたのですが、授乳時間以外は自由。
睡眠不足を補ったり、ぼーっとしたりして結局病院のベッドの上で過ごしました。

しかし、病院というのは気が滅入る。
具合が悪いような気がする、とか余計な心配ばかり。

そんな私を見て旦那さんが、今日の病院の夕飯はパスしてお寿司を食べに行こう!と言ってくれました。
感謝です。

                    P3107987.jpg

チャイムズの中にある「達寿司」
以前日本の番組で高田純次がシンガポールにきていて、そこで

「いい仕事するねぇ」

と言っていたので夫婦で気になっていたのです。

制限時間は2時間。
病院を抜け出して、ぱぱっと行ってきました。

                    P3107988.jpg

店内はいたってフツーの寿司屋。
高田純次が行ったときは、日本人が寿司を握っていたけどこの時はシンガポールの人が
腕を振るっていました。


                    P3107990.jpg

頼んだものは、特選?みたいな名前のお寿司セット。
一つ一つ丁寧に出してくれるのでは、今回は時間がないのでばばっと出してくれるものでよかった。


お茶で出産祝いの乾杯!!

                    P3107995.jpg

お寿司と巻物のこのセットをペロリと平らげて、ネギトロ巻きとカニ巻を追加注文。

                    P3107998.jpg

カニ巻きは蟹が揚げてあったので、重かったしちょっと風味が落ちてたかな。
お寿司の味も店内と同じく普通だったけど、それよりも私にとってはいい息抜きになりました。


達寿司
#01-16 Chijmes
30 Victoria Steet 187996
+65-6332-5868



Comment:0  Trackback:0
2013
03.22

new bornフォトセッションをする

Category: ムスコ
生まれて2週間以内にプロのカメラマンが自宅に来てくれて写真を撮ってくれるという、フォトセッションをしました。
わたしのカメラの腕がよくない上に、腰を据えて撮る状態ではなかったので記念に奮発しました。

週末の朝に、東の方面から女性のカメラマンがやってきていろんなポーズで写真を撮ってくれました。

                  

でも生まれたての赤ちゃん、そう大人が思うようにはポーズを取ってくれません。
泣くわ、わめくわ…となると途中でおっぱい休憩。

そんなばたばたも入れて3時間のセッションでした。

さすがプロのカメラマンだけあって、いろんな小道具を持参して芸術的に撮ってもらいました。

                  bpMana_099.jpg

これは旦那さんの手に包まれている赤ちゃんの足。
ちっさいなぁ。

うちにある授乳枕をクッションにして、カメラマンが持って来た黒い幕を敷いて撮ります。
裸で撮るので黒い幕におしっこしてしまうのもご愛嬌。
カメラマンは私たちより慣れた手つきで赤ちゃんをあやしながら撮影を進めます。


ひととおり撮ったあと、私たちのリクエストも聞いてくれます。
旦那さんの足は30センチと大きいので、二人並べて足を撮ってみることにしました。

                bpMana_131.jpg


写真を見ると、穏やかそうな風景に見えますが、実際はてんやわんやの騒がしい撮影でした。
でも記念になったのでよかったです。



ちなみに、マタニティフォトという私が妊婦時代の大きいお腹の写真もスタジオで撮ってもらったのですが、
それはモデルが悪すぎて封印されることとなりました。
それはそれは酷い写真で家族から爆笑されたので、オススメするかといえばマタニティフォトの方ははしないですが、
new bornの方は興味のある方はぜひ。



BAMBINI PHOTOGRAPHY
253B Onan Road



Comment:4  Trackback:0
2013
03.20

ベビーフェアにいく

Category: ムスコ
シンガポールの高島屋では1年に2回ほど「ベビーフェア」というベビー用品がお安く買えるイベントをやっています。
わたしもベビーベッドやベビーカーをここで買おうと思っていたのですが、いつなんだいつなんだと待っているうちに
生まれてしまいそうだったのでベビーフェアを待たずに購入しました。

しかし、いまその待ちわびたフェアをやっていると聞きつけたので行ってみたくなりました。

土曜日に旦那さんが

「オレが赤ちゃんと留守番する!!!」と

力強く宣言してくれたので日本から来てくれている母親と行ってきました。

                   写真


土曜日の夕方の会場はとても混んでいました。
買うものはセニョさんのブログでコレと決めていたので、ぱっぱと決めました。

                   写真 2


おくるみは持ってはいたのですが、どうも分厚くてごわごわするから巻きにくい。
巻きにくいから暴れると必ず手が出てきてしまって、おくるみの用をなしていない・・・ということで追加。


さっさと買ったはずが、帰りのタクシー乗り場は激混み。
大丈夫だと分かっていてもソワソワソワソワ。
えぇいっ!とオンコールでタクシーを呼んで帰りました。
週末の夕方、高島屋からタクシーを呼ぶと追加で5ドル30セントもかかるんですねぇ

初めて知った!!時間をお金で買うとはそういう事ですな。




全く関係ないけど、手形もとってみました。

                    写真

じじばば用のインクの足型手形は暴れまくって、相当な芸術作品になってしまいましたが、
こちらは許せる範囲に出来上がりました。



Comment:0  Trackback:0
2013
03.18

駆け込みランチ!!

とても居心地のいいお店に行きました。
こないだ書いた「出産前日」に行ったお店です。まさに駆け込みの「しゃぶしゃぶ玄」


                      


しゃぶしゃぶ屋さんだけど、ランチ時はセットランチしています。

                      P3047953.jpg

普段提供しているしゃぶしゃぶの肉の切れ端を使ったカレーや、
イベリコ豚の生姜焼き(一般的に生姜焼きはロースを使うけど、あえてばら肉を使ったり・・・とこだわりがあるとの事)
など7種類から選べます。

                      P3047956.jpg

お高いのもあるけれど、わたしはカレーにしてみました。
まずはサラダと切り干し大根の前菜。

P3047971.jpg  P3047973.jpg

店内はソファ席もあってゆったり、ゆっくり。
4人中3人が子連れだったけど、日本人のオーナーは嫌な顔一つせずに丁寧に対応してくれました。

P3047958.jpg  P3047960.jpg

そのあとは茶碗蒸し。
メインが親子丼の人には揚げ出し豆腐が提供されます。
たまご→たまごにならないように変えてくれる配慮がさすが、日系。

そしてメインのカレー。
P3047963.jpg  P3047968.jpg

老舗洋食屋さんのカレーみたいな感じで出てきます。
お肉はとろっとろ、ルーは甘めですーごく美味しい!
ちょうどいい量だし、やさしい味なのでぺろりです。

P3047966.jpg  P3047965.jpg

こちらは他の方が頼んだ、イベリコ豚生姜焼きとフォアグラ親子丼。
フォアグラ親子丼は、普通の鶏とたまごの親子丼にフォアグラが散らばっているものなのです。
鴨の親子じゃないのよ。

                   P3047970.jpg

そして最後にデザートが出てきて30$++は安くない!?

最後までほんと美味しかった~

お会計も1人50$札を出して、一人一人におつりを細かくして持ってきてくれたり、
ベビーカーを外の通りまで出すのを手伝ってくださったりと至れり尽くせり。

お客さんが少なかったせいもあるかもですが、子ども連れでもこんな風に接してくれる高級店は
シンガポールならではだよなぁと感心しました。

一緒だったみんな、的確なアドバイスをありがとう!!
わたしもみんなみたいに赤ちゃん連れてはやくお出かけできるといいなぁ。


しゃぶしゃぶ玄
#02-13 shaw centre
1 Scotts Road 228208
+65-6836-5155

                    
Comment:0  Trackback:0
2013
03.15

出産レポ

Category: ムスコ
忘れないように出産の過程を書いておきたいと思います。
なにげに真面目なブログになってきた。。。

わたしは、グレニーグルスホスピタルという病院で出産しました。
とてもきれいな病院です。


【3月4日】
友だちといつもの様にランチしていたところ、おしるしや前駆陣痛があるという話をしたら
「病院に行くべき!!」というアドバイスをもらい翌日の予約をとる。

【3月5日】
 
 9:30
いつものクリニックに行くと、既に子宮口が3~4センチ開いているという事で、なんとその場で人口破膜。
「聞いてないよ~」と羊水じょぼじょぼで病院に移動。

 10:30
そのまま分娩室に入り、お腹に赤ちゃんの心音とお腹の張りを計測する機械をつける。
ここで、医師ではなさそうな怪しげなおっさん登場。背中に脊髄麻酔をするという。

「あーゆーえぴどくたー?」

と確認してしまうほどのフツーのおっちゃん。
だけどあんまり痛みなく普通に終了。だんだん下半身がしびれてくる。


 12:00
旦那さんが一度家に入院グッズを取りに帰るも、家の鍵を忘れて戻ってくる。
動揺してたのは私だけじゃないんだねぇ笑

看護婦さんに

「昼食は出ないのか?」

と夫婦そろって欲丸出しの質問をするも、わたしは食べたらだめだし、
旦那さんは自分で食べて来いと言われる。(そりゃそうだ)


その後ドクターが回診にくる。子宮口は6センチになっていた。


 14:00
旦那さんにクリニックに忘れてきてしまった母子手帳をとりにいってもらう。
ここで、旦那さん携帯を分娩室に置いて行ってしまった・・・・


すると看護婦さんがきて

「あら、子宮口全開だわ。ドクター呼ぶからもうすぐよ」

って…!!!
往復15分あれば戻ってくる距離なんだけど、旦那さんはきっと寄り道して帰ってくる!!
間に合わなかったらどうしよう。

携帯置いて行ってるし・・・と動揺で体が震え始める(実際は麻酔の影響らしい)


14:30すぎに旦那さん、黒タピオカの例のジュースを手に持ち帰ってくる。

「もう始まるってよ!!!」(怒)


 15:00
ドクター登場。
すでに赤ちゃんの髪の毛が見えているらしい。
「ゴシュジン、カミノケ見えてるから、ミテミテ」

と股全開のわたしを2人して覗き込む。もうどうでもいいや。。。

「プッシュ4回くらいしてダメなら吸引します~!はいプッシュ~!」

えっ?ってかもうお産はじまってんの?
うーんうーんうーん。


麻酔が効いてるからいきんでいるのか分からないけど、赤ちゃんは出てきてるっぽい。
そして吸引されてスッポン!!

15:18に元気な産声を上げました。


ということでありがたいことに安産+高速出産でした。
こんな病室に通されました。

                 P3067980.jpg

旦那さんも泊まれる個室です。
予定日より早く産まれ、親ズは来ていなかったので、旦那さんも泊まってくれました。

旦那さんはこういう食事。

                 P3057976.jpg

アイスも付いてるパスタ。あんまり美味しくなかったそう。

わたしは、母体回復食。

P3067981.jpg  P3067982.jpg

これが意外と美味しくて、わたしの方がアタリ食だと密かに思いました。
こんな感じのわたしの海外初出産。


この日はだいぶハイテンションな一日でした。




Comment:4  Trackback:0
2013
03.14

こげま家増員

Category: ムスコ
調子に乗って食べ続けていたわたしですが、3月5日に3260グラムの元気な男の子を無事出産しました。


                  

出産の前日に(やっぱり)友だちとご飯を食べていて、自分のカラダの状態を話したところ、
「それは病院に行った方がいい」という的確なアドバイスをもらい、
翌日クリニックに行ったところ即出産という運びになりました。


シンガポールは2泊3日で退院させられるため、いちど家に戻ったものの、
最初の健診で「黄疸」がでているとの事で、再度2泊の入院。わたしも付き添いで入院していました。

退院後は両家のじじばばがいっぺんに会いに来てくれて大撮影会などが執り行われました。
わたしはぐったり満身創痍で写真をほとんど撮っていません
だから阿波踊りみたいな格好の写真ですがご勘弁ください。



心配してくださった皆さま、楽しみにしてくださっていた方々、ありがとうございました。
無事のご報告ができることに、感謝しています。



3人になったこげま家、これからもよろしくお願いいたします。


Comment:10  Trackback:0
2013
03.05

まだまだ食べる

「キッチンに立つとお腹がシンクに当たって赤ちゃんが痛いと言っている」

という理由で外食が増えました。
これからしばらくこの理由+産後という理由ができるのでしてやったりです。うしし。


今日はメキシカン。

                   P3037952.jpg

メキシカンのお店が2店舗並んでいます。
日本でローソンの向かいにセブンイレブンがいることがたまにありますが、ローソンではおにぎりを、
セブンイレブンではおでんを買うという買い分けができるので結構好きです。

しかし、メキシカンレストランを2店舗並べたところで共倒れしないか、他人事ながらヒヤヒヤします。

客入りも同じくらい。どっちがいいかなぁ…
両方メニューを見て、なんとなくこっち。

                  P3037947.jpg

その「なんとなく」を掴むのが商売なんだろうけど、シンガポールのレストランでそんなこと考えてる店はないだろうなぁ。

「オ~レ!!」みたいな陽気なメキシコ人店員さんはいませんでした。
そのかわり、珍しくテキパキ働くシンガポールのおねえさんがいました。

お客さんは私たち以外はみんな西洋人でここは東南アジアという事を忘れそうでした。

                  P3037948.jpg

頼んだものは、ビーフブリトーとチキンタコス。

旦那さんとシェアして食べようとチキンとビーフそれぞれ頼んだんだけど、
タコスをチキンにしてブリトーをビーフにした方が安かったらしく、それを瞬時に判断したと、
旦那さんは得意気でした。

P3037949.jpg P3037951.jpg

かなりのボリューム。
横に添えられているシナモンがかかったフルーツと一緒に食べると甘さとスパイシーさがマッチして
美味しくいただけました。


旦那さんの素早い計算のおかげでお得に牛と鶏にありつけました。
ごちそうさまでした。



El Patio Mexican Restaurant & Wine Bar
34 Lorong Mambong
+65-6468-1520




Comment:8  Trackback:0
2013
03.04

まだ食べる

まだしぶとく妊婦をしております。
アラコさんと予定日が1週間しか違わないはずなのに、彼女はもうおかあさんをしていて、
わたしはまだ食べている・・・摩訶不思議。

とはいえ「前駆陣痛」とか「おしるし」とか、そんな名前がついた予兆らしきものはきているのでもう少し。
あんまり家から出ません。

出るとなれば=食べる
しかない状態なので、とにかく食べたものを書き記すブログになっています、スイマセン。


今回は韓国料理。

                     P3027928.jpg

どうやらとても人気らしいというのを聞きつけてやってきました。
2人だと予約を受け付けないと聞いていたので、17:30開店と同時に入店。

旦那さんがお店の人と話をしたところ「満席で今日は入れないよ」と

外で待っていたわたしに「だめだったー」と帰ってきた旦那さん、「じゃあ違うところにしようか」が普通の対応だけど、


そんなんいかん、いかーん!!!

と今度はわたしが乗り込む!!

交渉の末「19:00までに食べ終わるならいいよ」と言ってもらい無事入店。


わたしたぶん性格悪くなってると思う…。


P3027923.jpg   P3027926.jpg

店内は昔ながらの韓国を再現した感じ(のような印象。実際の昔の韓国が分からないけど)で、
黒板にウリが書かれていたけど、読めなかった。

まずは、韓国料理といえばたくさん出てくる前菜。
おかわりしていた人もいたので、たぶんできるはず。

                    P3027933.jpg

前菜を食べすぎると他の食べられなくなるから、抑えろ抑えろと夫婦で連呼しながら結局食べてしまう。

というのは2人で4品も頼んだから。
せっかく無理矢理はいれたんだからと思って頼んでしまうところが悲しい性。


P3027936.jpg  P3027938.jpg

ちぢみにとっぽぎ。
ちぢみはカリッとしてもちっとして美味しかった~!!
トッポギは旦那さんのリクエスト。あんまりわたしは食べたことがないから、ふーんこういう味かとしか思わなったけど、
旦那さんはうまいうまいと9割一人で食べていました。

                    P3027937.jpg

それで、石焼ビビンパでしょ。
しめにブテチゲ

数年前に友だちと韓国旅行に行ったときに食べたブテチゲが美味しくて、もう一度食べたいと思っていたもの。

                 P3027939.jpg

このお鍋が最初に来ていればもっとがっつり美味しく頂けたんだろうけど、お腹いっぱいの状態で食べたもんだから、
最後まで食べきれなくてもてあましちゃって残念でした。
でも美味しい方だと思う、本場韓国で食べたものにはもうちょっと具が入っていたような気がするけかな。

食器が韓国様式の、給食で出てくるような銀の食器だったので、熱いものはより熱く感じられて
雰囲気よかったなぁ。

ランチは10$らしく、しかも美味しそうなものがメニューにたくさん書かれていたのでまた行ってみたいお店の一つです。


Wang Dae Bak Korean BBQ
98 Amoy St
+65-6226-0450



Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。