--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
01.31

グルメな同僚と

旅行といえば食事が楽しみの一つです。

アテンドするとき、シンガポールは小さい国なので観光という観光はちゃちゃっとまわれてしまうので、
もっぱら「食事」を軸に1日のスケジュールを組み立てます。
まぁ、わたしの場合は日本からのお客さんがいようがいまいが、1日食事中心にまわってるけど。

今回来てくれた元同僚は、とってもグルメで(その分お腹の出具合もグルメだけど笑)食べたいもののリクエストを
事前に聴取できていたからスムーズに進みました。

まずはカニ。

                P1277417.jpg

とりあえずシンガポールに来たらカニだぜっってことで食しました。
ニンニクぷんぷんの野菜も一緒に。右は豆腐と魚のすり身を混ぜたものを揚げたもの。

P1277414.jpg   P1277415.jpg

チャーハンも頼んで、チリクラブのソースや青菜と混ぜて食べたら美味しかった!!
アテンド続きでカニ続きになるとうげーってなるけど、カニもたまになら美味しく頂けます。


そして、同僚のリクエストによりワイルドハニー。
「朝食」をキーワードに色んな道を広げたいそうで、あまり日本にはないスタイルのお店に来たかったそう。

P1287506.jpg   P1287507.jpg

あとはチキンライス食べたり、サテー食べたり短い日数でだいぶ欲張りました(笑)

やっぱり旅=食だよね。
お客さんを理由においしいもの食べられて満足でした




スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2013
01.30

S.E.A. Aquariumに行く

シンガポールに遊びに来ていた同僚にどこに行きたいか聞いたところ、

「セントーサ島!!」

そう来るとは思っていなかった私たち夫婦。
旧正月で盛り上がり、色気づいた蛇が誘惑してくるセントーサに到着しつつ、

                   P1277483.jpg


どうしようかーと考えた結果「世界で一番大きい水槽がある」とうたっている最近できたばかりの水族館に
行ってみることにしました。休日の午後だったけど、思ったよりは混んでなったです。

S.E.A. Aquariumのチケットを買ったのに、入口からしばらくは

                  P1277420.jpg

こういう像の展示が続き、もしや間違えたところに入ったのか、、それともハウパーヴィラの再現か!!
とびくついていたところ、目の前に広がりました。


P1277471.jpg

パンフレットにも使われている、円柱の水槽。
安堵。せっかくの日本からのお客さんに悲しい思いをさせられない。

カラフルな魚がたくさん泳いでいて、広いんだけど飽きずにまわれました。

P1277467.jpg

そしてこれが世界最大の水槽らしい。

P1277448.jpg

ふ~む、カラフルな可愛い魚をみたあとでは、「ほぅぅ」くらいが正直な感想。
沖縄の美ら海水族館の方が興奮したかも。
なんか、真鯵みたいのがうようよしてるだけで、円柱の水槽の方がキレイだったかな。

この水槽の裏側にはレストランがあり、フィッシュアンドチップスを食べている人を見て不思議な気持ちに。

                   P1277454.jpg

とれたてなんですか?新鮮ですか?


わたしのライフワーク「コインつぶしマシーン」もあったので、すかさず子供にまじって列に並び、
シャーク柄のコインゲット!!
ここが実はいちばん興奮した場所だったりして。

P1277445.jpg  P1287509.jpg


そのあと、同僚と旦那さんはセントーサカジノで負けていました。
わたしはいい子で外で座って待ってたので収支ゼロ。
旦那さんも同僚も、負けるくらいならわたしにその金額を投資すれば有意義に使ってあげるのに(笑)


Marine Life Park
S.E.A. Aquarium
39 Artillery Avenue, Sentosa 099958
+65-6577-8888


Comment:0  Trackback:0
2013
01.29

イタリアンでWelcome

わたしが前にしていた仕事の同僚がシンガポールに来てくれました。
というか、オーストラリアに3か月勉強しにいく経由地で寄ってくれました。

その人ももう仕事を辞めて、いろいろ事業を展開する上で世界中を巡り歩いているので、旅慣れています。
だからシンガポールなんてつまんないかなと、気に入ってくれるかしらと、
なぜかシンガポールを私一人で背負った気になっていたのですが、楽しんでもらえたようで何よりです。


スコッツスクエアにあるLa Luna Rossa。
シンガポールに住む日本人にはおなじみですが、その人は中目黒のオーナーと友だちだそうで、
シンガポール店もぜひ行きたいということで旦那さんと3人で乾杯しに行きました。


                  P1277491.jpg


わたしはランチにはいくけど、夜は初めて。
昼間とは雰囲気が違って高級感あって、こういう機会でもなければ私たち夫婦とは縁遠い感じ。
ありがたや~


みんなで取り分けて食べました。

                  P1277492.jpg

生ハムとチーズ。
程よい塩加減で、なのにとっても濃厚なチーズは旦那さん絶賛でした。
帰り道にも美味しかったって繰り返してたから、よっぽど気に入った模様。

パスタはオススメから2品。
イカ墨を練り込んだ生パスタに塩ゆでした鶏がまぶしてあるものと、スタンダードなトマトソース。

P1277495.jpg  P1277494.jpg

これは両方ともわたしのお気に入り。
美味しかった~

ランチのパスタは塩が効きすぎてるかもってこともあったけど、今回はすごーくいい塩梅で、
思わず「これランチと違ってすごく美味しいですね」と日本人のスタッフの方に言ってしまうという
失礼なわたし。。スイマセン。


最後はうまれて400日の子牛とほうれん草のソテー。

P1277497.jpg  P1277500.jpg

「子牛さんごめんよ」といいつつ柔らかくて大満足!!
デザートの余裕はもう胃の中にありませんでした(泣)


立地もよく、日本人好みのイタリアンを提供してくれるLa Luna Rossa。
初めて夜に訪れて、新たな境地を発見したのでした。

ごちそうさまでした


La Luna Rossa
#02-01 Scotts Square
6 Scotts Road, 228209
+65-6636-2951





Comment:0  Trackback:0
2013
01.25

3 for 1 のアフタヌーンティ

シンガポールには「1 for 1」(1つ買ったらもうひとつ無料でついてくる)とか2つ買ったら
3つ目無料というプロモーションをよくやっています。
1つしか要らないものでも、2つ買ったら3つになるし・・・と無駄遣いすることもしばしばです。

それは物に限らず、ランチセットなどにも適応されることがあります。
今回はフォーシーズンズホテルのアフタヌーンティ「3 for 1」に4人で行ってきました。
4人で行っても1人分無料=3人分しか払わなくていいのです。

P1247389.jpg   P1247412.jpg

店内は薄暗く落ち着いた雰囲気ですが、外の席もあります。
暑いけど外にもお客さんはいました。

紅茶はTWGのものから、コーヒーはillyのものから選べます。
1回だけチェンジ可能でした。

P1247409.jpg P1247390.jpg
            

フィンガーフードと甘いものは3段トレイで運ばれてきます。
まず1段目はスコーンやマフィン類。

                  P1247395.jpg

2段目はサンドイッチ。

                  P1247398.jpg

一番上は甘いもの。

                  P1247393.jpg


わたしはサンドイッチとスコーンが美味しいと思いました。
スコーンは決して焼きたてが出てくるわけではないし、目を輝かせるほどの姿かたちをした
ケーキが乗ってるわけではないけれど、女同士でお喋りしながらくつろぐには十分。
13時からやってるので、コストパフォーマンスもいいし、うだうだ好きのわたしたちにはもってこいです。

この日もあーでもない、こーでもない話しながらゆっくり過ごしたのでした。
しかし、どうしても全部食べきれない。このくらい余裕だったのに・・・くやしい


One Ninety
Four Seasons Hotel 1F
190 Orchard Boulevard
+65-6831-7671



Comment:2  Trackback:0
2013
01.24

ひとりで食べるもの

昨日の「主の居ぬ間にシリーズ」でわたしが楽しんでいたころ、旦那さんは「ご飯要らない」と言ったにも関わらず、
予定変更になって一人で夕飯を食べることになったそう。

「何を食べたの?」と聞くと「バクテー(肉骨茶)」とのこたえが。

                     バクテー
                                写真はお借りしました

バクテーとはマレーシアやシンガポールのローカル料理で、豚肉を漢方スープで煮込んだ料理。
ニンニクががっつり入っていて、ご飯が添えられているのが普通です。
肉をしゃぶりつつ、スープを飲む、そして飯を食らう。しゃぶった肉の骨はテーブルに放置。


わたしはこれが苦手です。
旦那さんはこれが好きです、オトコの料理だそうです。

フレンチに一緒に行った友だちと、レストランで「男性はバクテーが好きだけど、美味しくない」と
バクテーの悪口を散々言ってきた直後の「バクテー食べた」宣言に面喰いました。

でも旦那さんは私がバクテーを好きではないことを知っているので、このように勝手に食べてくれます。


逆にわたしが勝手に一人で食べるもの、ラクサ。

               P2080954.jpg

ラクサとはこれまたマレーシアやシンガポールで食べられる、ターメリックなどの香辛料を使ったカレー味に
ココナッツミルクを入れた「辛まろやか」な麺料理です。
麺と言えども、米粉を使った麺を短く切ってレンゲでたべるので、麺リフトはできません。

               写真 (1)

これはもやしではなく、麺なのです。
かまぼこみたいなのとエビが入っています。エビはよけるけど。

この辛いんだけどこってりした感じがうまし。
わたしは旦那さんがラクサ好きではないのを知っているので、昼食に一人でたべます。

「肉が嫌い」とか「魚が嫌い」というすれ違いではなくて、
お互いの嫌いな食べものが、この程度のものでよかったと思うのでした。

ちなみにバクテーを食べた次の日の旦那さんのおならはにんにくの臭いがします。どんだけにんにく食べるの。


Comment:0  Trackback:0
2013
01.23

かえってきた主の居ぬ間にシリーズ!

「かえってきた!」と大げさに言うこともないけど、旦那さんが夕食要らないという日が続いたので、
わたしも夜遊びに出かけてきました。
グルメな友だちに誘われて、このたびはフレンチレストランでございます。

                   

Nicolasというこのお店は仏元首相の専属料理人だったという方が腕を振います。
また日本の懐石料理を学んだということで、使われているお皿は日本食器が多く重厚感たっぷり。

メニューは2つのコースから選びます。
お店の雰囲気がよすぎて、写真がうまく撮れていないのでご勘弁を。

まずは鴨のリエットとチーズ焼きがでてきました。
友だちは赤ワインのハーフボトルを飲んでいました。こういうのには赤ワインだよねー。
わたしは元から全然飲めないけど、2口くらいは飲みたい気持ちになりました。

                P1227330.jpg


スターターは「63度玉子」というものらしく、このお店の定番です。半熟卵がとろとろで美味しい!
横に添えられているのは豚肉を揚げたもの。これまたうまいっ!!
ビバ、女子だけのフレンチ!!

                P1227338.jpg


このとき既にお腹がいっぱいになってしまうも・・・まだ2品続きます。

                P1227342.jpg

イカ墨とのパスタ。
サクラエビが添えられています。エビは嫌いなわたしだけど、サクラエビは少量なら食べられます。
水で頂くのがもったいない、わたしも(雰囲気だけ)色ついてるもの飲めばよかった。。。

そのあとメイン。
シンガポールは暑いけど、そう、いまジビエの季節だったよね。
シカ!!鳩!!とわたしの好きなものが勢ぞろい!!

日本にいるときは冬になると「ジビエ、いえーい」と言って食べに行っていたので
ここで食べられるとは!!とシカをオーダーするも・・・

「アナタ妊婦でしょ。大丈夫なの?中華系の妊婦は鹿なんて食べないから心配だわ」

と店員さんに言われ、「えっそうなの!?」と。

大丈夫なんだろうけど、そう言われると気にもなるし・・・ということで魚に変更。ぐすん。
「産んだら食べるものリスト」(←そんなものもあるのか!!)にジビエを追加しておきました。

P1227364.jpg   P1227369.jpg

左のがわたしのさかな、右のが写真を撮らせてもらって食べたつもりになってみた、友だちの鳩。

最後にデザートが出てきたころには

                  P1227372.jpg

お話にならないくらい満腹になってしまい、口呼吸をしていました。

シンガポールにしてはとてもオペレーションがいいし、ワインをつぐタイミングや料理の出し方もとてもスマートで、
久々に感心したレストランでした。

つぎは絶対ハトー!!シカー!!こう書くとわたしが猛獣みたいだ。。。


Nicolas Le Restaurant
10 Teck Lim Road, 088386
+65-6224-2404



Comment:2  Trackback:0
2013
01.22

イメトレ

人に言えないような変なイメトレではありません。

テニスがしたいのです
でもこのお腹だとできません。

もともと超初心者のテニス歴、最後にやったのが去年の6月だから・・・
たぶんもう超初心者より10歩くらい後退していると思われます。

日本にいるときは「テニスの師匠」がいたので一緒に対抗戦に出て勝たせてもらい、少しはうまくなったんじゃないかと
勘違いしてシンガポールにやってきました。
師匠はわたしがどういう素人動きをするのか熟知しているので、うまいことフォローしてくれていたのです。

旦那さんとダブルスを組むと、そういう訳にはいきません。
「なんで今の取らないの?」と言われても・・・師匠は取ってくれてたもん!!


夫婦円満でもテニスは別物なんだと実感しました。



最近はテレビで全豪オープンをやっています。

                  写真

テニスをできないわたしは、これを観てイメトレをしています。
テニスには全仏・全米・ウィンブルドン・全豪の4大大会があり、全豪オープンはその一つです。

錦織圭はベスト16で、クルム伊達は3回戦で敗れてしまったのですが、ほかの試合もとても面白いです。
日曜日にやっていた男子ランキング1位のノバク・ジョコビッチと17位のスタニスラス・ワウリンカの試合は
5時間もつづく大熱戦で、面白かったです

我が家では立派なコメンテーターさん(=旦那さん)が自分のプレーを棚に上げて試合の批評してくれます。
わたしはルールはわかっても、「うまいっ!!」とか合いの手を入れることができないので、
いつの間にかランキングの低い人の方を応援して「あー」とか「いえー!!」とかいうばかりです。

レベルの高いテニスの試合をテレビで観続けているので、復帰した際にはこのイメトレが功を奏して、
めきめきと力をつけているに違いありません(笑)

一年中暑いシンガポール、早くテニスがしたいです。


Comment:0  Trackback:0
2013
01.21

いもむしマクラ

このいもむしみたいな物体は、1か月以上かけて船便でどんぶらこどんぶらこ日本から運ばれてきました。

                 

これは妊娠中は抱き枕、赤ちゃんが生まれたら授乳枕、赤ちゃんがお座りしたらクッションになるという
優れものだそうです。

わたしがこのいもむし柄を選んだところ、旦那さんはなんでこんな可愛くない柄にするんだと憤っていましたが、
「使うのはわたしだしー」と勝手に注文。


お腹が大きくなると横向きにしか寝られないと聞いていたので、
早めに発注して日本からプカプカ船に乗ってやってきました。

これがいま大重宝しています。
寝るときもこのいもむしを抱えて寝れば苦しくないし、ソファでくつろぐときも背中に置いておくとラク。
気づくと旦那さんに盗られていて我が家のお気に入りです。

全長はベットの縦の長さくらいあります。意外と大きいです。

                       P1177292222.jpg

小さい人の身長くらいあるので、わたしはよく寝ぼけて旦那さんと間違えます。

ひとりで寝てても、ふと目が覚めて「誰かいる!?」とビクっっとなったり、
このあいだはこのいもむしに向かって旦那さんの名前を呼んでいました。
「あ、マクラだった」と気づいたときは、一人でたいそう恥ずかしい思いをしました。

わたしのよだれがたくさんついていますが、洗濯機でまるごと洗えるというのもいい点です。
よい買い物をしました。







Comment:0  Trackback:0
2013
01.18

ハンバーガーの旅5

久々ハンバーガーの旅です。
TWGのアイスを食べる前、ハンバーガーを食べに行きました。

                 P1167255.jpg

星付きのニューヨークのシェフの頭文字を取っているらしいです。
食べたら「DB(デブ)」になる訳じゃないのよ。

                 P1167256.jpg

一番乗りしてお店に入ったので誰もいないけど、お店を出るころにはお客さんでいっぱいでした。
黒と赤を基調とした落ち着いた店内は

「そうだ、このお店サンズの中でもCelebrity Chef Diningに位置づけられているお店だった」と

ビーサンで来てしまった私をたしなめる様な雰囲気を醸し出していました。

                 P1167257.jpg

TWGのアイスを食べるのがメインイベントだったので、ここではハンバーガーを食べることになっていました。
コース料理やステーキなんかもありました。
ハンバーガーは3種類。

フォアグラが入った42ドルのハンバーガーを選びましたのよ、おほほほ。。。

ってのはウソ


フォアグラが入ったハンバーガーってどんなもんかしら。
The Frencie Burgerというのを頼みました。


                 P1167263.jpg

ハンバーグはジューシーでボリューミー。
ひとりひとりに、マヨネーズ・ケチャップ・マスタードがちゃんとついてきます。
冷めても肉が固くならないし、美味しかった
添えられているポテトがまた美味しくて、個人的にはポテトの方がヒット。

中を見開いてみるとこんな感じ。

                     P1167268.jpg


ちょっと汚いのはこういう理由・・・

目の前にあるハンバーガーを「温かいうちに食べたい」という欲求と「断面の写真を綺麗に撮りたい」という欲求が交錯してアワアワなっているから。
わかってもらえるかしら、このジレンマ

「デザートどう?」の店員さんの誘惑に「のせんきゅー!!」とNoと言える日本人を発揮させて、
その後TWGにアイスを食べに行ったのでした。


db BISTRO MODERNE
The Shoppes at Marina Bay Sands
2 Bayfront Avenue, 018972
+65-6688-8525


Comment:0  Trackback:0
2013
01.17

TWGのアイスを食べる会

紅茶の巨匠おしょうさんに畏れ多くも「TWGに紅茶のアイスあるんですよ~、サンズに!!」と知ったぶって
食べたこともないのに自慢したところ、優しく「行ってみようよ」と言ってくださったので
うみ定食さんと3人で訪れてみることにしました。


マリーナベイサンズにTWGは2店舗あります。
そのうちの水に浮いてる方TWG Tea on the Bridgeにアイスはあります。

                  P1167251.jpg

規模自体は小さいものの、アイスやチョコレートに特化している感じのする店舗。
24種類のアイス・ソルベが並んでいました。

                  P1167272222.jpg

全てに「〇〇Tea」と紅茶の名前がついたアイスクリーム!!
・・・の割には色が紅茶じゃないだろっていうものもありショーケースを見ながら疑問。真っ赤や黄色があるよ?

P1167274444.jpg   P1167273333.jpg


どうしてかしらと思ってメニューを見て納得。
純粋な紅茶の葉だけでなくて、マンゴーやカシスが混ざっていたりチョコレート味になっていたり
「紅茶風味アイス」だったわけ。
 
                  P1167278888.jpg

わたしは紅茶でも一番のお気に入りの「1837BLACK TEA」のアイスをチョイス。

                  P1167285555.jpg

こちらにはベリーとカシスとキャラメルが入っています。
見た目からしてカシスどーん!っていう味は想像できるんだけど、見た目通り紅茶の味はあんまりしませんでした(笑)
間違えた。

こちらは「ALFONSO TEA」のアイス。

                  P1167287777.jpg


先週「TWGにALFONSO TEAを買ってきて」と言われおつかい行っていたので
「あぁ!マンゴーのでしょ!」とまたもや知ったかぶるも、紅茶の巨匠の前ではただの遠吠え。

こっちは紅茶の風味がして「紅茶味のアイスを食べている」という感じがしました。
もうひとつは写真がないけど「これは歯磨き粉かメントスか~!!」って突っ込みたくなるほど
ミントのお味が強いアイス。


「紅茶の高貴な香りを楽しむアイス」をイメージして行ったわたしたちは、
チョイス間違いをことごとくしてしまったわけですが、リーフの風味が濃いものを次回は選ぼうと
リベンジを誓ったのでした。でもとても美味しいアイスたちでしたよ。

店内で食べなくても、黄色の可愛いカップに入れてくれてテイクアウトもできるようです。
店内で食べるとワンスクープ5$、紅茶もワンテーブルにひとつは頼む必要があります。


TWG  Tea on the Bridge
2 Bayfront Avenue
B2-89/89A Marina Bay Sands
+65 6535 1837



Comment:4  Trackback:0
2013
01.16

ぼぅっとし過ぎる日々

最近は家から出るのが億劫になって、だからといって家で何してるかと言えば
窓に張り付いているヤモリを眺めていたり、ただ座っているだけという日もあります。

妊娠9か月に入り、そういう時期なんじゃないかという噂もありますが、それにしてもいろいろ億劫すぎる。
旦那さんに「何もしないで時間を潰せるのはそれだけで特技だ」と尊敬されましたがあまり嬉しくありません。

お昼も特に約束がなければ家ですませ、朝から晩までジャージ。あれ、顔洗ったっけ?
そんな毎日を繰り返すわけにはいかないと思い直し、少しは家から出るべきだと近くのカフェに行ってみました。


                 P1157226.jpg

去年の秋にできていたカフェ。
3階建てのこのカフェはワンフロア毎に違ったコンセプトで作られていてとってもオシャレ。

①Bar
                 P1157230.jpg

このカフェは先にカウンターでオーダーして代金払うのですが、そのオーダーするところがバー形式になっていて、
いろんなコーヒーの機械を眺めながらコーヒーをすすれます。


                 P1157227.jpg

ケーキやバナナパウンドケーキも美味しそう。

②The Lawn

                 P1157232.jpg

ここにはこのお店のシンボル的椅子ブランコベンチがあります。
シンガポールの女の子たちがこぞってこのブランコに揺れながらおしゃべりしていました。
しかし、おっさん2人もその横で並んで座っていて、ちょっと悲しくなる・・・

③The Attic

                 P1157237.jpg

おもちゃ箱みたいなフロア。
こども用の椅子があったり、床直置きのソファがあったりと子連れでもよさそう。

④The Balcony

                 P1157240.jpg

屋上はバルコニーになってるけど、暑いから拒否。


11時ころ行った割にはシンガポールの若者たちによってだいぶ占拠されていて、人気あるんだなぁと感じました。
ランチセット20ドルで、パスタとアイスカフェラテを。

                 P1157247.jpg

こんなん家で作ればいいんだけど、家から出ることを目的としているのでいいのだ。
パスタは麺がもう少し固ければよかったけど、まぁちゃんとしてるし、
コーヒーも専門店だけあって美味しくいただきました。

食べながらひたすらぼぅーっとして(家でも外でもやることは同じ)帰りました。

あまりにも最近ぼっとしすぎているので、妊婦という事を差し引いても危険水域に達しているような気がします。

わたしから返事が来るはずなのに来ない、とか、頼んでおいたのに音沙汰がないとかある方は遠慮なく催促してください。お願いします。


D'Good Cafe
#02-01/02, 273 holland ave
+65-6219-9807



Comment:5  Trackback:0
2013
01.15

ママミルク

病院に検診に行くと、「おかあさんのためのミルク」というものをしょっちゅうもらいます。
おそらく、ミルクメーカーが産婦人科にサンプルとして配っているんだと思う。
家にまで送られてきたことあったし。

                 写真

シンガポールでは赤ちゃんだけでなく、6歳になった子どもも、健康第一のおねえさんも、
おばあちゃんもミルクを飲むらしい。
もちろん年齢に合わせて、カルシウムや不足しがちな栄養素が配合されているので
おばあちゃんが赤ちゃんのミルクを飲むわけではない。

何度も何度もいろいろな種類の「ママミルク」(妊婦+授乳中用)というものをもらったんだけど、
そんな習慣日本にはないし、なんか美味しくなさそうだったので今まで飲まなかった。


でも今回病院のスタッフに勧められて更に追加で渡されたので(まだあるって言ったのに4つもくれた)
ものは試しに飲んでみることに。

「葉酸」「カルシウム」「鉄分」がたくさん配合されていますと書いてある。
飲み方はフツーに水に混ぜて飲むだけ。でもなかなかちゃんと溶けきらない・・・


                写真 (1)

お味は、、普通の甘めの牛乳って感じかな。
まずくもないけど、美味しくもない。
きっと妊娠中のカラダと赤ちゃんにはいいのだろうけど、続けるのはやめたー。

ごめんよ、ムスコ。
今日もおかあさんはパスタを食べるぞ!!




Comment:0  Trackback:0
2013
01.14

ミュージカルJersey Boysをみにいく

サンズシアターというところにいきました。
マリーナベイサンズの中にあり、とってもキレイな劇場です。

               写真 (1)

場違いなところになにをしに行ったかというと、Jersey Boysというミュージカルを観に行きました。


わたしは映画は滅多に見ないけれど、ミュージカルは大好き。
学生時代にはイギリスにミュージカルや演劇を観るために訪れたほどでした。

旦那さんもミュージカルは好きで、今年のシンガポールのニューイヤーイベントをテレビで観ていた時、
彼らが歌っているのを見て、「行きたい!!」となったわけです。


『Jersey Boys』はニュージャージー州出身のミュージックバンド「フォー・シーズンズ」の結成当時から
ロックの殿堂入りを果たすまでのノンフィクション。
アメリカのトニー賞にも2006年に選ばれている有名なミュージカルです。


                写真



わたしの父は趣味でバンドをやっいて、還暦を過ぎた今でも仲間とアメリカンフォークソングを歌っています。
趣味が高じてライブハウスまで作って、夜な夜な中年の曲を演奏しています。

家で練習するので、わたしは「うるさい!!」と文句ばかり言っていましたが、
こういう年代の曲が好きなのも父が影響しているのだろうか。
わたしが胎児の時から父の歌を聴かされているのだから・・・


作品中では、1967年にこの4人のうちのひとり、Frankie Valliが大ヒットさせた曲、

Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)*←音がでます!!

で盛り上がりました。隣のおばさんも席で変なダンスしてたー。
これはみんな聴いたことあるでしょー。

周りの人が笑ってても「え?なんで笑ってんの?」というように聞き取れないこともしばしば(笑)
でも「あらすじ」のお勉強をネットでしていったおかげでなんとか大まかな話はわかったし、
バンドの話なので何しろ歌の場面が多いからそれだけでも十分楽しめる!

言ってる英語が多少わかんなくっても、歌を聴けばノリノリになれる、そんな時間でした。
また顔に似合わず高尚なことをしてしまった夫婦なのでした。


サンズシアターでの公演は1月27日までです。



Comment:0  Trackback:0
2013
01.11

ピザ病2回目

夏にピザ病にかかったのですが、また発症しました。

ピザが食べたいのです。
クリスマスに自分で作ってみたものの、やっぱりもっと美味しいピザが食べたい。

そんな中、うみ定食さんとYukoさんと新年ランチをすることに。
「何食べたい?」と聞いてもらったので「ピザ」と即答。

でも美味しいところなんて知らないなぁと考えながら昼寝していたら、
うみさんとYukoさんでちゃちゃっとやり取りして、こちらのお店の予約まで取ってくれました。

                  P1087200.jpg


「ピザ」というキーワードだけ丸投げして、寝てる間に段取りよくすべてを整えてもらうという新年早々大物っぷりを発揮。ありがたや、ありがたや。


リトルインディアにあるこちらのお店は開放的な雰囲気で、スカイブルーがまぶしい。

P1087218.jpg   P1087213.jpg

3人でピザ2枚とパスタを1つ頼みました。炭水化物祭り。私にとってはまるで竜宮城。

まずパスタはAmatoriciana。うみさんの息子さんも食べられるように辛くないトマトソース。
美味しそうにしてたけど、彼はラーメンの方が好きなのかな。
やるなぁ。

                  P1087203.jpg


上にカリカリベーコンが乗っていて美味しくいただきました。
そして、ピザ!ピザ!わたしは病気なの。ピザくれ~

P1087206.jpg   P1087212.jpg

左がMargharita右がSole Pomodoro。
詳しくはうみさんのブログを見ていただくとして、とにかく美味しかった~

最近は子宮が胃を圧迫してあまり食べられなくなった(注:あくまで以前に比べるとで人よりは食べる)ので
ランチに行くと夕飯が食べられないことが多く、旦那さんに

「夕飯もちゃんと食べられるように帰ってくるように」

と言われていたのだけど、美味しいものを目の前にすると暴走が止まらず・・・

しっかり腹12分目くらいまで食べたのでした。この日も夕食は抜き・・・。

P1087214.jpg   P1087215.jpg

カメラ目線のちょっとおチャメなピザ焼き職人さんが石窯で颯爽と焼いてくれるピザはリピート間違いなし!!
楽しい会話もプラスされて、本当おいしいお店でした



Sole Pomodoro Pizzeria
19/21 Mackenzie Road #01-01 228678
+65-6884-3671





Comment:2  Trackback:0
2013
01.10

初めてPu Dong Kitchenにいく

周りの人が美味しい美味しいとうウワサしていた中華料理屋さん、タイミングを逃し逃し今になってやっと行きました。

                  P1067172.jpg

予習をしてちゃんと予約。
「中国語しか通じないらしい」と聞いていたので、単語もわからないわたしは旦那さんに電話してもらいました。
「シンガポールで英語が通じないわけないじゃん!!」とタカをくくっていた旦那さんも、
「中国語しかわからない」と店員さんに言われしどろもどろ。

「今日・2名・18時!!」
(本当は18:30にしたかったけど、とっさに『半』が出てこず、18時からに)と名前だけ伝える。



世界中どこでも生きていける気がした。。。

でも行って何にも通じないと不安じゃない?と言っていたら、旦那さんがクローゼットの奥からこれをだしてきた。

                     P1077183.jpg

旦那さんは「トイレはどこですか?」「わたしは中国語が話せません」は知っている模様。

わたしは「ハオチーハオチー(美味しい)!!」いいながら向かいました。



電話対応に反してメニューにしっかりとした日本語が書いてあるのには驚いたけど(笑)
初めてのPu Dong Kitchenなのでとりあえず王道から。

P1067174.jpg  P1067176.jpg

小龍包と焼き餃子。
わたしはシンガポールで食べた焼き餃子の中でここのがイチバンすきかも。

P1067177.jpg  P1067175.jpg

酸辣湯スープと麻婆豆腐。
ひたすらご飯にかけては食べかけては食べ。美味しい~。

日本人のお客さんもたくさんいたけど、その人たちにローカルの人と絶対間違えられている自信があるほど、
店になじんで黙々と食べていたと思う。

そして土日限定の焼き小龍包。

P1067178.jpg  P1067179.jpg

肉汁じゅわじゅわで流石、みながこぞって来るのがわかる味でした!
予約がないお客さんを断っていて、テイクアウトの人もひっきりなしに来ていて、繁盛しているお店でした。

わたしは旦那さんに「お会計」という中国語を教えてもらい、店員さんに告げて通じたのがちょっと嬉しく、
単語くらい勉強しようかなという気持ちになりました。(気持ち→実行されるかは不明)


PU DONG KITCHEN(上海浦東小館)
#B1-02 BALMORAL PLAZA,
271 Bukit Timah Road
+65-6732-8966



Comment:0  Trackback:0
2013
01.09

ロチェスターモールは出来上がりじゃなかった

ポストにチラシが入っていました。

                   P1057159.jpg

なんかオシャレそうなスポットにオシャレそうなスーパーができたっぽい。
そういえば、ロチェスターモールっていう場所が開発中だった!!
出来上がったのかも~

という事で散歩がてら行ってきました。
炎天下の中歩き、わたしはわき汗だらだらになってしまい、悲しい思いをしながらたどり着きました。

しかし最近汗をかく具合が半端なく、夕飯食べてるだけなのに頭から汗がしたたり落ちてくるので、
わき汗は序の口。

                   P1057145.jpg

看板ご立派!!
半年くらい前に来たときは2店舗しかなかったけど、きっとたくさんお店があるに違いないっっ

と期待に胸ふくらませてきたものの・・・まだまだでした。
フェンシングの教室があったので、フェンシングしたい方は是非ロチェスターへ。

となりのThe Star Vistaと比べてしまうとまだまだ出来上がりじゃなく、半分以上工事中だったので、
一軒家のスターバックスってとこに行って、わき汗を乾かすことにしました。

                  P1057152.jpg

ひっそり丘の上にたたずむ一軒家スタバ。
静かかなと思いきや、人でごった返していて、、席を探すのも大変でした。
みんなここまでよく来るなぁ(自分ものくせに)

                      P1057166.jpg

わたしは蛇の柄が入ったマグカップに釘づけ!!ほーしーいー!!
糖分補給と言ってドーナツまで食べました。風が通って外でもいい気持ちのスタバでした。


スタバでいい具合に涼んで一休みしたのに、また歩いて帰って汗だく(今度は頭からも)になった散歩。
今回は空振りに終わったので、もう少しロチェスターモールのお店がオープンしたらまた行こうと思いまふ。


Comment:0  Trackback:0
2013
01.08

らーめんキング決定戦!!@グレワ

グレワの中にある恵比寿星商店街の景勝軒でらーめんキング決定戦というイベントが
半年にわたって開催されます。

日本でとっーても有名な大勝軒の流れを組む「麺屋こうじグループ」
このグループ傘下の120店舗以上のお店が日本で活躍しています。

その中から毎月1店舗(計6店舗)がシンガポールにやってきて独自のラーメンを提供し、
売上によって、どの店舗がイチバン人気があるかを競うという男たちの戦いです

むさくるしいオトコの戦いを一目見ようと、
記念すべき第1回目の挑戦者「大勝軒てつ」のラーメンの試食会に行ってきました。


                   P1077185.jpg


「大勝軒てつ」は日本では千葉県柏市にあります。
こちらはオーナー冨山哲也さん。

                   P1077187.jpg

やっぱラーメンやさんは腕組みが似合うわぁ。
話をしてみると、ラーメンに対してほんっと熱心な方。
日本人の口には合っても、あっさり目が好きなシンガポールの女性にどうやったら受け入れられるかなど、
私たちのような素人意見も熱心に聞いてくださり、ナイスガイでした。


今回冨山さんと共にシンガポールにやってきたラーメンは「特製ラーメン」(16$++)

                   P1077189.jpg


麺はもっちり太麺、骨が溶けるまで20時間以上煮込むスープはしっかりとした濃厚魚介豚骨。
そして特徴はグリルチャーシューです。
日本ではローストビーフの様にややレアっぽく仕上げているそうですが、シンガポールでは衛生面などの点で
きっちり火が通っています。これもとろっとして美味しかった!!

あとわたしの個人的評価ポイントは、たまご
半熟のとろりとしたたまごが丸まる一個デフォルトで入っているのはシンガポールではあんまりないのでスバラシイ!!
全部入りラーメンってとこですね。


というわけで、恒例の麺リフト~

                  P1077193.jpg

この太麺に濃厚なスープが絡みついて、ペロリと美味しくいただきました。
このラーメンはは1月7日からすでに食べられます、2月中旬まで。

ラーメン好きなシンガポール在住の方、ぜひ6か月限定の戦いに参戦してみてくださいね



Comment:0  Trackback:0
2013
01.07

ベビーベッド

我が家にベビーベッドがやってきました。
まだ枠組みとマットしかありません。

                   写真


でも合わせて2万円以下で買えました。
シンガポールには手ごろなベビーベッドがないなぁと思っていたところ、友だちに教えてもらって行ったところがココ。

PC256940.jpg  PC256925.jpg

Shun Li Industrial Parkという場所。シンガポールの東の方にあります。
ベビーの「ベ」の字も感じさせない。だって「インダストリアル」だよ!?
その名の通り、タイヤがむき出しで売っていたり、おっきなトラックが工業用の部品を積んでがたがた走っていたりと、
不思議さ満載の場所です。

その中に突如、こんなこんな看板が現れ

PC256934.jpg  PC256924.jpg

中に入ると、ベビーベットやらバギーやら赤ちゃん用品がたくさん売られていました。
しかも、卸しの値段なのかなぁ、これ。安いと思う。

PC256936.jpg  PC256929.jpg

しかもショールームみたいにきれいにディスプレイされているようなところもありました。
なんとも不思議な空間Shun Li Industrial Park、無料で配送もしてくれるし、
赤ちゃん用品の大物を買うにはもってこいの場所でした。

それ以外の一般家庭に必要なものは売っていなかったような・・・鉄とかなら売ってた笑
一体、ここはなんなんだろう。。。

Baby Kingdom
Baby Hyperstore

83 Kaki Bukit Avenue 1,
Shun Li Industrial Park 417954




Comment:0  Trackback:0
2013
01.05

平日ランチをしてみたい旦那さん

わたしがあまりにもお得な平日ランチを楽しんでいるので、旦那さんは羨ましがっていました。

このあいだ「俺の大好きな平日ランチメニューをたべさせてあげる」というのでついて行ったところ、
「エコノミックライス」というご飯に好きなおかず3品乗っけて3ドルというものでした。

                    PC226822.jpg

いや、その名の通り経済的で、しかもすごく美味しかったんだけど(そのあたりのホーカーより数段おいしい)
申し訳ない気持ちになり、しかし自粛するのもなんなので、
この年末年始に旦那さんと「平日ランチ」を楽しもうと行ってきました。


                PC317139.jpg

「センソ」というイタリアンレストランです。
ここは旦那さんがかねてから行きたいと珍しく言っていたところなので、友だちと行くのを控えて取っておいた
とっておきのところなのでした。

なんで行きたいのかなぁと不思議に思っていましたが、こういう事だったのか!!

                PC317083.jpg
                                   いやん


まぁそんなわけないと思うけど、早速ランチセットをオーダー。
「ハッピーニューイヤー」と言ってお店の人がプロセッコをサービスしてくれました。
思わず飲みそうになりましたが、我慢。

PC317087.jpg  PC317088.jpg

前菜はメカジキのカルパッチョかサラダかスープ。
カルパッチョは淡白な味でもう少しパンチがほしいところ。サラダは至ってフツー。

メインは二人ともパスタにしました。これはクリーミーで美味!!

                  PC317089.jpg

最初は同じものを頼むより別のものを頼んでシェアしたいという願望が強かったけど、
1年一緒に生活して、この人にはもうそれは望まない方がいいと、
被っても自分の食べたいものを頼むことにしています。

デザートはクリスマスの残り物みたいなやつ。

PC317091.jpg   PC317097.jpg

これには旦那さんご立腹で「パンじゃないか、デザートにパンとは何事だ!!」
と連呼していましたが、わたしとしてももうちょっとしっかりしたデザートがほしかったなぁ。

「平日にランチをする」という目的は達成した旦那さんでしたが「each a cup飲みたい」と言い出したので
どうやら消化不良だったようです。

「each a cup飲みたい」←この言葉がでたときはストレスたまっているときです。要注意

次回の平日ランチは、きちんと口コミを予習して旦那さんも満足させられるところに連れていこうと思います。
そのためには事前現場リサーチが必要だわ、今年もそれ行け~!!

SENSO
21 Club Street
+65-6224-3534


Comment:0  Trackback:0
2013
01.04

サイエンスセンターにいく

年末年始、ちょっとヒマだったのでサイエンスセンターというところに遊びに行きました。

PC306959.jpg   PC307046.jpg

要するに↑こんなところです。
ナメてたら罰が当たるくらい広い敷地に「音の博物館」「錯覚博物館」「軍事博物館」「科学博物館」「環境博物館」
などなどすさまじい量の展示物があって、夏休みの宿題一気にできそうな気配です。

PC307044.jpg  PC306964.jpg

たとえば自分の顔を写真で撮ると、年を取ったらどんな顔になるかのシュミレーターや、
胴体がないのに顔だけ出せる写真を撮れたり・・・


PC307021.jpg   PC306997.jpg

遠近法を利用した目の錯覚で人が大きく見えたり小さく見えたりする部屋があったかと思えば、
なぜか突然小さな水族館が現れたり・・・

PC306983.jpg  PC306981.jpg

軍事シュミレーターがあったり、ダイソンの扇風機の風の行方を勉強したり、地球温暖化について学んだり・・・
とにかく支離滅裂、多岐にわたっていろんな実験が楽しめます。

一つ一つの説明には日本語も付いているので(ちょっと怪しい日本語だけど)
何を意図してるのかも理解しやすい。おもしろい!!


併設されているプラネタリウムでは、迫ってくる映像と美しい画像に圧倒される
ショートムービーを観ることができます(別料金)

わたしは白くまの可愛いムービーが見たかったのに、旦那さんが蝶々の画像が見たいというので
付いて行ったら、何万羽の蝶が目の前に迫ってきて、気持ち悪くなりました。
そのくらいリアルな迫力映像ってことです。


気持ち悪くなったついでに「世の中のウイルス展」に入って口に食べられてみました。

                    PC307071.jpg

内部には水浸しスペースもあり、お子さまは大はしゃぎのご様子でした。
お子さんと行かれる方は、ぜひ全身の着替えの持参をお勧めします。

                    PC306960.jpg


ためになるかは不明ですが、1日遊べて面白い場所でした。
1年の締めくくりにオモシロ写真がたくさん撮れたのでわたしは満足です。



Singapore Science Center
15 Science Centre Road, 609081
+65-6425-2500


Comment:0  Trackback:0
2013
01.03

2013

Category: そのた
                  あけましておめでとうございます

                        本年もどうぞよろしくお願いいたします



1年前の今日、わたしはシンガポールに上陸しました。
新婚生活を海外でスタートさせるなんて!と、不安を抱きながら飛行機に乗ったことを思い出します。
しかも、送別会・忘年会で羽目を外していたわたしは体調を崩し、熱を出しながらのフライト。
シンガポールに来てすぐは寝て過ごした記憶です。

でも1年後の今日は元気いっぱい、友人にも恵まれて楽しい生活を送っています。
そしてもうすぐ家族が増え、今年はまた違った感動にも巡りあえそうです。

できるかぎりブログも続けていきたいと思いますので、お付き合いいただければ幸いです。


******************************************

さてさて、結婚して初めての二人で過ごす年末年始。
わたしは結婚するまで年末年始を家族以外の人と過ごすことは一度もありませんでした。

年末から嫁(わたしの母やおば)たちは祖母の家に集まりおせちをこさえて、お正月は親戚一同が集まり、

おとそで乾杯→おせち・お雑煮→お年玉→初詣→お墓参り

という超典型的なお正月を過ごしていました。

だから旦那さんがどうやって過ごしたいのかがワカラナイ!!


という訳で旦那さんの意向をききながらやってみました。(なんとも初々しい!!)

                   P1017141.jpg


食べたいと言われたものを明治屋で買って盛り付けたおせち。
なますと筑前煮しか作っていないゾ 笑

                   P1017143.jpg


「白菜を入れる」と指導を受けたお雑煮。

・・・と、まぁ元旦はよかったんだけど、問題はその前日、年越しそば!!


年越しそばってみんなのうち温?冷?

わたしは今まで実家でざるそば+天ぷらの組み合わせしか食べたことがなかったから、何の疑いもなく
そのセットで出したら、旦那さん大笑いして

「年越しそばってあったかいんじゃないの!?」って。


えぇぇぇ!?
年越しそば=ざるそばじゃないの!!!

とりあえずグーグル先生に「年越しそば・画像」で聞いてみると圧倒的に

みんな年越しそばはあったかいのかぁ。
うまれて初めて知った衝撃。。


この衝撃を伝えようと母親に連絡したら
「あら、お母さんが嫁に来たとき、このうちの年越しそばはラーメンだったわよ」

と更なる衝撃

わたしの実家もとからおかしいんだ、きっと。

今年は温かいそばにします。
1年一緒に暮らしてみて、食い違いが蕎麦の冷温くらいでよかったねぇと笑った年末なのでした。






Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。