--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
12.30

お正月飾りをつくる

シンガポールは旧正月でお祝いするため、まだクリスマスツリーやリースが飾ってあったりと
いたって普通の日々を送っています。
26日になると突然、デパートのディスプレイが正月モードに変わるの、日本っぽくて実はスキだったりするので、
今年はちょっと寂しいです。

わたしもお正月らしいことをしようと、とりあえず人参と大根でなますを作ったあと、
お正月飾りをつくる教室に参加してきました。

日本人の方が単発で不定期にやっているお花の教室のようで、
先生が日本から材料を調達してきてくださいました。

                     写真

蘭はアーティフィシャルフラワーと言って造花の一つですが、高品質・生花と変わらない美しさをもつものだそうです。
アジサイはプリザーブドフラワー。

それを好きなようにしめ縄にさしたり、透明なボンドで付けたりしながら作ります。
みんな和気あいあいとやっているのに、こういうのやり始めると黙ってもくもくしてしまう私は
わき目もふらずにつくりました。

先生が途中「ずっと一点ばかりみてつくると視野が狭くなるので、立ったりして遠目からみると
新たなデザインが生まれてくるよ」と言っていたのが印象的でした。





お正月の準備もできたことだし、今年のブログはこれでおしまいです。

今年の1月にシンガポールに来て、友だちもいないわたしがたくさんの方と出会って仲良くさせてもらい、
助けてもらったり楽しく過ごせたのも、ブログを始めたからだなぁと思います。

こんなぐだぐだのブログに1年間お付き合いくださいましてありがとうございました。
来年もこんな感じですが、よろしくお願いします。


来年も皆さんにとって幸せたくさんの年でありますように



スポンサーサイト
Comment:6  Trackback:0
2012
12.28

クリスマス焼肉

我が家には結局サンタさんは来ませんでした。

「経費削減でうちは素通りする」と旦那さんにサンタから電話があったというのは本当だったようです。
家ではチキンを焼き、ピザを作り、リースをかたどったサラダまで作ってサンタをお待ち申し上げていたのに残念です。

しかし世の中にいい人はいるもので、シンガポールのたくさんのモールで使えるバウチャーをもらいました。
サンタは素通りしても、バウチャーはうちを見逃さなかった!!


という訳で、そのバウチャーでどこの何を食べるか1週間ほど吟味した結果、
シンガポールで一番(お値段が)高いという焼肉・孫三郎に行ってきました。

                  PC256947.jpg

孫三郎はオーチャードのど真ん中、IONというファッションビルの上にあります。
クリスマスツリーが見えました。

「クリスマスの昼間から焼肉をたべる」
という事実だけでわたしはテンションが上がってしまい、コースを頼みました。

                  PC256948.jpg

まずは前菜がでてきます。
わたしは貧乏性なので、こういった手の込んだ前菜を出してくれる代わりに
肉を5枚追加してくれればいいのにとつい思ってしまいます。つい。

そのあと肉。

                  PC256952.jpg

何の肉だか日本語で札がついていました。
旦那さんがゆっくりじっくり焼いてくれました。
優しいから焼いてくれるのかと思ったら、2枚焼いて小さいほうを私の皿にのせて、
自分は大きい肉を食べる作戦だったことが発覚しました。

                  PC256954.jpg

この場合は肉がほとんど同じ大きさなので、喧嘩にならない。
店員さん、なるべく同じ大きさの肉を出してください。こげま家に血を流さないためです。



すると、友だち夫婦が颯爽と入ってくるではありませんか!!
肉1枚に対して、白米2の割合で口に詰め込んでいたわたしは、びっくりしてドギマギ挨拶。

友だち夫婦は仲睦まじそうにやっぱり旦那さんが肉をやいてくれていました。
でもきっと友だちの旦那さんは大きい肉を妻にあげるに違いない、ムムム。


それでも「特選カルビ」がお皿に乗せられると嬉しくて、
「カルビがタレにダイブー!いえー!!」とか叫びながら焼肉を食べていたら
「恥ずかしいからやめなさい」と旦那さんに怒られました。


                 PC256955.jpg

クリスマス気分のデザートも出てきました。
お肉も海鮮もご飯もデザートも美味しかったです。

しっぽりと焼肉を食べる場所だったので「がっつり食べるには絶対青ちゃんだよね」という感想を共有した私たち夫婦。
いつの日か出会った友だち夫婦のように、オシャレに焼肉を楽しむ日を迎えてみたいものです。


孫三郎
#04-11A & 05-01 ION Orchard
2 Orchard Turn 238801
+65-6634-1411



Comment:4  Trackback:0
2012
12.27

ベジタリアンになる

「ベジタリアンになりました」というのはウソです。
肉食べたいにくにくにく~特に焼肉。

しかしたまには野菜料理を食べて体の中からイイ女ってのもアリだろうと
友だちと一緒にベジタリアンレストランに行ってきました。

PC216789.jpg   PC216793.jpg

デンプシーというオシャレエリア入ってすぐにあるBeetsというお店。
隣りにはブラジル料理のシュラスコのお店が・・・じゅるじゅる、今日はベジタリアンだすよ!!

店内は窓から光が差し込む構造になっていて気持ちがいい、すがすがしい~

                   PC216812.jpg

お客さんは私たちを含め2組しかいないにもかかわらず、店員さんが多くて
一皿を持ってくるのに3人がかりで持ってきます笑(食事を持ってくる人、コショウをかけてくれる人、ほほんでる人)

PC216815.jpg   PC216816.jpg

最初は野菜のポタージュから。
さやえんどうのスープかポテトのスープ、あとサラダも選べます。

メインはパスタやリゾットなど5種類から選べます。
わたしたちは、豆腐ハンバーガーに惹かれオーダー。

                  PC216817.jpg

豆腐というより厚揚げバーガーみたいなボリュームだったけど、
赤い福神漬けみたいな(結局なんだかわからない)のをつけて食べると美味しかった!

横についてるかぼちゃチップがおしゃべり女子会にはいいつまみになって話もはずむはずむ。
さいごはマンゴーとライムシャーベットのデザート。

                  PC216820.jpg


野菜とフルーツのしぼりたてジュースも付いてきて29$++はなかなかお得だと思うなぁ。

                  PC216813.jpg

豆腐バーガーは重かったので次はパスタあたりでもう一度行ってみたいなと思いました。

今回は3人で会うはずが、一人が息子さんの検診の再検査が急遽入ってキャンセルに。
こどもがいると自分の都合だけでは動けなくなるんだなぁとしみじみ思い、いえに帰ってきてから
「出産まえにやっておきたいことリスト」を追加・加速させるのでした。(やはり食事系ばかり)

Beets
22 Dempsey Road,249679
+65-6475-6869




Comment:0  Trackback:0
2012
12.26

健全な家計

レゴ展に行った帰りに旦那さんがカジノに行きたいというのでついていきました。
わたしは「賭け事にお金を使うならそのお金で何か買いたい」と思う方なので見ているだけです。

バブルの臭いがプンプンするカジノでは、セカンドバックを持ったお金持ちそうな人が煙草をふかしながらゲームに興じていました。

スロットマシンはくるくる回って目が回りそうでした。
テーブルゲームもやって、1時間弱しかいなかったけど旦那さんは楽しんだようです。

収支は+10ドルでした。
バカ勝ちもしないし、ボロ負けもしないし、うちにはこんな感じが合っています。


儲けた10ドルで甘いものを食べることにしました。

                     PC226909.jpg

マリーナベイサンズ内にあるAu Chocolateというお店です。
チョコレート専門店のようで、

PC226911.jpg   PC226919.jpg

いろいろな種類のチョコレートやケーキ、クリスマスの特別なケーキも売っていました。
昔懐かしのビーンズのお菓子も量り売りされていたり、カフェも併設されていて可愛い店内でした。

                    PC226914.jpg


しかし今日の儲けは10ドル。
よくばったらあきまへん。

この店頭で売ってるジェラートブースでアイスを買ってもらいました。

                    PC226917.jpg

いろんなフレーバーが揃っていて、一つ一つ味見させてもらえます。
わたしはお店の名前が入ったAu Chocolateチョコみたいなのにしました。

するとチョコのフレーバーの残りが少なかったので特別にほかの味と混ぜていいよとジェラートおじさん。
チーズケーキのジェラートとダブルにしてもらいました。

                    PC226921.jpg

下が濃厚チョコ上がチーズケーキ。

黄・金・比・率

おいし~!!
チョコレートが濃厚すぎるくらい濃厚なので、カップ一杯よりもこうしてフレーバーを混ぜられたことに感謝。
普通は1つの味しか選べません。

旦那さんはブラウニーが入ったアイスを食べていましたが、肝心のブラウニーをわたしに食べられていました。

                    PC226920.jpg

3種類のアイスを食べて、10ドルでおつりが来ました。
なんという健全な財政運営をしているのかと、自分で自分を褒めたくなりました。

つぎの財務大臣はわたしかもしれません。



Au Chocolat
Bay Level L1-03,
The Shoppes at Marina Bay Sands, 018972
+65-6688-7227



Comment:0  Trackback:0
2012
12.25

レゴの展覧会にいく

旦那さんとマリーナベイサンズの真下にあるアートサイエンスミュージアムに行きました。

                    

                               ↑こんなかたちしてるとこ。

でもこれは模型です。レゴでできています。

そう、「The Art of the Brick」というレゴ展に行ってきたのです。

CNNの「世界の見るべき展覧会トップ10」に入っているというので
「それは見ないといかんだろう」という非常に単細胞な夫婦です。


PC226833.jpg  PC226859.jpg

中ではレゴでできた銅像や絵画が50つ以上並び、ほほぅという感心するものばかりでした。
これもそれもどれもみーんなレゴでできています。

       PC226877.jpg     PC226876.jpg

この恐竜はレゴが8万個以上使われて作られているそうです。
すごいなぁ。

                   PC226884.jpg

途中、iPadで写真を撮るとそれをレゴ風にしてくれる展示物なんかもあり、

                   PC226869.jpg



夫婦そろってレゴになってみました。
自由にレゴで遊べる空間や、レゴの帽子をかぶって撮影(写真持ち帰りは有料15$)

                   PC226898.jpg

するブースもあったりでいい大人が思い切り楽しみました。

ちなみにこのレゴ帽子をかぶって撮影し、写真を買って帰ったのですが、わたしだけ変顔をして
写っていたので家の中で飾る場所を失いました。
こういうの被ったら変な顔しなきゃいけないんじゃないの?はぅぅぅ。

                   PC226852.jpg

こどもも大人も楽しめる空間だったのでオススメスポットです!
来年の4月14日までやってます。シンガポール在住の人は1人13$の入場料です。



Comment:2  Trackback:0
2012
12.24

カレンダー

今年もあと数日とは思えない暑さ、忙しくない感。
あぁ、わたし1年シンガポールにいるだけでどれだけ堕落したんだと痛感する毎日です。

いやでもね(言い訳↓)

①一年中おんなじ暑さだし
②シンガポールは旧正月を祝うから年末年始とか特にないし
③社会は2日から普通に仕事はじまりだし
④「今年の汚れ、今年のうちに~」とかいうCМ流れないから大掃除しなきゃとかならないし
⑤ガキの使いとか観れないし(関係ない)

ほらね、今年も終わる実感わかないでしょ、でしょ?

でもこないだプロパンガスが切れたので取り替えに来たおじさんがカレンダー持ってきたときは、
年末にカレンダー配るのは日本もシンガポールも一緒なんだなと感心しました。


                   

でもさー、こっちのカレンダーって縦書きなんだよね。。。
すんごい見にくい。。

                   写真

そしてカレンダーの余白になぜかご飯のレシピが載ってる・・・が中国語でわからない。
なにが出来上がるんだろう。

この見にくすぎるカレンダー、来年我が家に飾られ、日付がわからなくなって
約束をすっぽかすことのない様、気を付けたいとおもいます。
それが来年の目標!!




Comment:0  Trackback:0
2012
12.21

ミルクフランスパン

日本のパン屋さんによく売ってるミルクフランスパンをつくりました。
中途半端に180グラム残っているリスドォルを使い切ってしまいたくてです。

まずは粉をこねこねして40分発酵させたあと、分割します。

                  PC206755001.jpg

本当はこのまん丸が6個できる予定でしたが、こねている途中で床に粉をばらまいてしまいました。
拾って入れてしまおうかと思ったのですが、同じく前日にばらまいた胡麻と一緒になってしまったので
やむを得ず捨てました。

そのあと棒状にして2次発酵します。
シンガポールはしめきりにした部屋に30分放置しておけばしっかり膨らむのでとても便利です。


                  PC206758001.jpg

発酵時間は大体寝てます。
しかし今回は、先日もらったショッピングモールのバウチャーで何を食べるか妄想していたら
あっという間に過ぎてしまいました。


オーブンで15分くらい焼いて冷めるまで放置しておきます。

                  PC206760000001.jpg

小学校ででてきたコッペパンみたい。
一番右の小さいのをおやつにしてあとは我慢しようと、わざと小さいのも一つ作りました。
なんてカラダ想いなんだ、わたし!!


その間に、バターと砂糖と練乳をぐるぐるかき混ぜておきます。
砂糖は思い切ってしっかり入れた方が美味しいです。

そしてパンの中にはさんだら出来上がり。

                  PC20676777001.jpg

ちょっとおフランスっぽくしてみました。
おやつには最適。おいしかったです。

残りは旦那さんの朝食です。

                  PC206775001.jpg


朝から甘ったるいものを食べさせて、エンジンかけて働いてもらう作戦。
思うつぼです。うしし。



Comment:4  Trackback:0
2012
12.20

インドカレーもたまにはいいね

大人数でインドカレーを食べに行きました。
シンガポールには「リトルインディア」というインド人街があってそこでインドカレーは食べられます。
屋台みたいなところから小ぎれいなレストランまでありますが、今回はMuthu's Curryというところに行きました。

                   PC166682.jpg

第一印象は

「トイレきれいじゃん!!」
ってそこかよと突っ込みたくなるのですが、インド系のお店はあんまり清潔さを期待していなかったので
いい意味裏切られたような笑

店の真ん中にはカレーが並んでいます。
これを温めなおしてサーブされていたみたい。

PC166688.jpg  PC166687.jpg

わたしはメニューを見てもあんまりわからなかったので、先に撮っておいたこの写真をみせて
「このマイルドそうなのをくれ」とバターチキンカレーをオーダー。
大人数でいくといいところはいろんな種類を食べられること。

PC166691.jpg  PC166690.jpg

タンドリーチキンやらベジタブルカレーやらマトンカレーやらいろんなものを少しずつ食べました。
マトンカレーが新たな発見、美味しい!!

ナンをやいてるおじさんを写真で撮っていたらポーズをとってくれました。
なのに光が反射して顔が見えない。ごめんね、おじさん。

PC166685.jpg   PC166683.jpg


わたしの実家の目の前にあるインドカレースタンドのオススメは

「ホウレソウとチキ」←(いつも「ン」が「ソ」になってる)
ってかいてあったけど、そういう具材はなかった。
日本人向けにアレンジしているからなのね、味も日本でインド人が作るインドカレーとは違ったけど、
これはこれでとても美味しかったです。


レジのところに口直しのミントらしきものがあったけど

                    PC166692.jpg

どうしても勇気が出なくて食べられませんでした。おいしいのかなぁ。


Muthu's Curry
138 Race Course Road
+65-6392-1722



Comment:0  Trackback:0
2012
12.19

アルカフマンションの料理教室

友だちに誘ってもらい、アルカフマンションというイタリアンレストランの料理教室に行ってきました。

                PC176725.jpg

このレストランは、マウントフェーバーという山の頂にひっそりたたずんでいます。
むかしむかし19世紀の半ばにシンガポールにやってきたアラブの富豪、アルカフ・ファミリーの別荘だったそうです。

だから内装も絢爛豪華。晩餐会みたいな会場で料理教室ははじまりました。

PC176721.jpg  PC176722.jpg

これまた晩餐会みたいな材料。まだ動いている新鮮な魚介類や、白トリュフ。いい香り~
わきには本日使った、トマトやオリーブオイル、ポルチーニなどが売られています。
商売上手!!

PC176737.jpg PC176739.jpg PC176738.jpg


本日のメニューは

                 PC176731.jpg

クリスマスシーフードスープ。
海老やスズキ、ムール貝、鱈などがごっそり入ったトマトベースの食べるスープ。
目の前でデモンストレーションを見て、もうお腹ペコペコ。。。

続いては、ポルチーニ茸&白トリュフのリゾット

                 PC176736.jpg


リゾットなら習って家でもつくれそう!と意気込むも、白トリュフ抜きになることは間違いないでしょう。
これでもかー!!ってくらいバターが入っていて、クリーミーでとっても美味しいんだけどあのバターの量が気になる・・・。

メインはレンズ豆の煮込み

                  PC176742.jpg

イタリアではクリスマスにレンズ豆の料理を食べるのが慣習だそうです。
上にロブスターが乗ってます。
レンズ豆は意外に煮込む時間が短くて済むので便利なアイテムだなと感心しました。

教えてくれたシェフのマルコさんは『自由なイタリア人!』って感じで、
書いてあるレシピ通りの工程を順序良くたどる訳ではないので、不慣れな私はどぎまぎしましたが、
料理の神髄を見た感じでした。

だって料理が上手な人って

「大さじ1とか分量は分からない、適当だよー」っていって感覚で料理するでしょ、そんな感じ。

PC176741.jpg   PC176743.jpg

一通りのデモンストレーションを見たあと、今日のメニューを試食します。
1品1品がしっかりとしたボリュームで、おなかいっぱい。
この日の夕飯は草をちぎったものしか食べられませんでした。。

最後に出てきたデザートはフレッシュベリーにサバイヨンをかけたもの。

                   PC176746.jpg

これが・・・予想に反して!!激甘で喉が焼けました…
イタリアの人はこういうスイーツが好きなのかと、頑張ってみたものの途中ギブアップ。
デザートだけは残念でした。

こういった機会は滅多にあるわけでもないし、贅沢な場所で贅沢な美味しい料理教室もいいもんだなぁと
味をしめてしまったのでした。


Alkaff Mansion Ristorante
10 Telok Blangah Green, 109178
+65-6510-3068




Comment:4  Trackback:0
2012
12.18

オーケストラを聴きに行く

『こどもが生まれるまでにしておきたいことリスト』を作ろうとしたところ

①焼肉を食べる
②天ぷらを食べる
③お好み焼きを食べる
④高級すしを食べる
⑤お子様お断りの店で食べる

と「食べる」シリーズしか思い浮かばなかったので、自分の人間レベルの低さに危機感がつのりました。
そこで、もっと高尚で芸術的なことをしようとオーケストラを聴きに行きました。
オトナだけで楽しむものっていうイメージだし。


                   PC166697.jpg

ドリアンの形したエスプラネードです。
エスプラネードではちょうどクリスマスイベントが行われていました。

PC166693.jpg  PC166698.jpg

サンタみたいな紅と白のめでたい犬のオブジェが飾ってあったり、若者がクリスマスソングを披露していたり。

ちょうど友だちに教えてもらったWishing Balloonsという
白いビーチボールに来年の抱負や願いを書くイベントも行われていたので、

PC166704.jpg  PC166711.jpg

思いっきり日本語ででかでかと書いてきました。
このバルーンはマーライオンがいるマリーナに浮かべられて、31日の大晦日イベントを盛り上げるそうです。

書いたものから浮かべるのかな、徐々に準備ができていたようでした。

                   PC166709.jpg


そのあとコンサートまで時間があったのでクリスマスクラフトのブースにも寄って、
「木でサンタをつくろう」をしてきました。

                   PC166717.jpg

クリスマス台無しの、こげま家サンタ。
今日は芸術を楽しみに来たのではなかったのかい!!!

うちにはこのサンタが2匹来て、ただいま窓辺を陣取っています。




気を取り直して・・・今回コンサートホールで聴いたものは

                   PC166716.jpg

ちょっと看板がしょぼいけど、お手頃価格のオーケストラです。

本当はSSO(Singapore Symphony Orchestra)のクリスマスコンサートに行きたかったのだけれど、
出遅れたのと、どう考えても「なんちゃら交響曲第53章なんちゃら節、ヘ短調1番」(←実際こういうのかどうかはわかんないけど)なんてのは、芸術度が低いわたしたちは寝てしまいそうなので、
知ってそうな曲をやりそうなオーケストラを選びました。


思惑通り、007をはじめ知ってるなぁという曲が演奏されて、テレサテンの「時の流れに身をまかせ」なんかも
流れちゃったりして、随分楽しめました。

アンコールでは、いま巷ではやっているという韓国のGANGNAM STYLEで大盛り上がり
しかもトランペットの人がタキシード脱いであのダンスを踊り、
指揮者も演奏者もサングラスをかけてフィニッシュ!というなんだか面白いオーケストラでした。

ハイレベルなオーケストラではなかったけど、私たちのレベルにはちょうどいい芸術鑑賞をして満足したのでした。



Comment:0  Trackback:0
2012
12.17

珈琲器具の珈琲店さん

いまは雨が多いシンガポールですが、太陽が出ている隙に友達数人とテニスに行きました。
旦那さんは久々のテニスに大喜びで、

「オレのテニス姿がかっこよすぎて『結婚してください』って女子に言われたときなんて答えるか」

について練習をしていきましたが、どうやら男性陣ばっかりだったようです。
わたしはテニスはしたいけどどうもこうも今はできない状態なので、
アホな旦那さんは放っておいてテニスコートの近くを散策することにしました。

そこで行ったのがこんな珈琲屋さん。

                PC166585.jpg

ファラーパークの駅から10分ちょっと歩くと、こんな建物が見えてきます。
入口が見えないので

                PC166588.jpg

となりの工事中みたいなところを覗くとカフェの入口がありました。摩訶不思議。
入ると壁いっぱいに珈琲を抽出する器具が売られていました。

                PC166604.jpg

わたしはコーヒーを自分で入れるときは、モンカフェのドリップでぼとぼと落として、気づいたら
お湯を入れすぎてカップからこぼれているような残念な感じなので、
抽出器具といっても何に使うかさっぱりわからないのですが、この珈琲店は元は珈琲器具を製造しているお店で、
そこにカフェも併設しているのでした。

PC166611.jpg  PC166607.jpg

店員さんも本格的に「珈琲学んでいますっっ」みたいな人が多く、

               PC166600.jpg

先輩が後輩に入れ方を教えていたり、特殊な発注(らしきもの)に温度計を入れながら
なにやらはかって丁寧に対応していたり

               PC166605.jpg

と目を見張るものばかりで、わたしはカウンターに陣取って彼らが珈琲を心を込めて入れているのを観察していました。

わたしのオーダーはメニューを穴が開くほど見た挙句、よくわからないので普通にラテ。

                   PC166596.jpg

おにいさんがひとりで黙々とラテ製造マシーンと化して頑張っていました。

               PC166609.jpg

ラテだけどコクと深みががっつりあって、一般的なコーヒーチェーンでは味わえないパンチの利いた珈琲でした。
珈琲好きのわたしとしては大満足!!

そして

「Anything else?」

と聞かれるとなんかつまみたくなってしまうわたし、
ショーケースの中もビーム光線のように凝視します。パウンドケーキやチーズケーキが並びます。

PC166593.jpg  PC166594.jpg

一番売れているものをきくとチョコレートブラウニーだというので濃いコーヒーのお供にはうってつけ。
こちらもとっても美味しかったです。

                   PC166598.jpg

店内は続々とシンガポールの若者や欧米人がブランチをしつつ珈琲をたしなむという時間を過ごしていて
ここちのいい空間ができていました。

シンガポールの人は日本人みたく人の目を気にしないので、わたしが人間観察をしてようとお構いなし。
店内に一人で来ているお客さんは私だけだったけど、それもお構いなし。

シンガポールでわたしが好きな部分はそういうところかなー。


Chye Seng Huat Hardware(再成發五金)
150 Tyrwhitt Road, 207563
+65-6309-0609



Comment:2  Trackback:0
2012
12.15

黒タピオカデザートこんなん出ました

もう見てる方はイヤだと思いますが、黒タピオカデザートをこつこつ作っているのでご報告です。

まずは、夕飯も滅多に褒めない旦那さんが「うまいよー、売れるよー!!!」
となぜか絶賛していたもの。黒タピオカが美味しいのであって、努力なしでできるデザートです。

                  写真

①ハーゲンダッツのバニラアイスクリームを買う
②黒タピオカをいつものように20分ゆでたあとはちみつでぐるぐるして乾燥をふせぐ
③黒タピオカ→こしあん→バニラアイスを順番にのせる
④黒糖を水で溶いてレンジでチンした黒糖蜜まがいのものを上からかける

あんみつを食べてるみたいでまぁ美味しいかなとは思うのですが、旦那さんにはヒットしたようです。
バニラアイスを抹茶アイスにしてもよさそう


続いてはシェイク。
旦那さんが黒タピオカ好きになった原点は、シンガポールに何店舗も展開する
each a cupというバブルティのお店です。
そこに「サンライズシリーズ」というヨーグルトシェイクをベースとした味の飲み物があります。
「ハニーサンライズ」とか「マンゴーサンライズ」とかいろいろな種類があります。

それを真似てみようと、つくったもの。

                  写真

①上のハーゲンダッツバニラアイスに無糖ヨーグルトを入れてブレンダーでまぜまぜ
②黒タピオカの上にシェイクを投入してできあがり

まぁまぁ美味しかったけど、「サンライズシリーズ」とか違うもの。
バニラアイスが甘すぎてマックのシェイクみたいになったので、
ヨーグルトを凍らせてからブレンダーでまぜてはちみつでもかけた方がさっぱりするのかも。

どうでもいい報告にお付き合いいただき、ありがとうございました


Comment:4  Trackback:0
2012
12.13

クリスマスケーキを習う

日本では毎年伊勢丹でクリスマスケーキを予約するのが10月くらいからの楽しみでした。

シンガポールでもいろいろなお店でクリスマスケーキの予約販売をしていますが、ピンとこなかったり、
ピンと来ても『ダメ~』と誰かさんがいうので、しょぼくれていたところ、
タイミングよく、友だちのうみ定食さんに誘ってもらったので、それじゃ作りゃいいじゃん!!
ってことで習いに行ってきました。

つくるのはLa Buche TraditionとBoule de Neige

PC126565.jpg  PC126569.jpg

ここで注意ですが、左の綺麗なケーキは先生作です!!
わたしのお見苦しいケーキは後ででてきますから!!

クリスマスによく見る、丸太型のケーキとスノーボールですね。
クラスは4人の少人数制で、先生はテキパキっと丁寧に教えてくれます。

まずは中身のココア生地のスポンジづくり。

PC126552.jpg PC126555.jpg PC126554.jpg

たまごと砂糖をまぜまぜして、粉を入れて天板に流しいれて焼く~
くんくん、いい香り。スポンジケーキだけでもういいんで食べさせてくださいっ!

PC126558.jpg PC126560.jpg PC126561.jpg

キャラメルバタークリームの作成。上に塗るクリームね。
キャラメル作ってたまごとバターを混ぜたものにいれて、ちょっと味見・・・うまいっっ!!

「その味見が太るのよぅ」とうみさんが言っていましたが、そう、その通りだと思う。
でもやめられないのが悲しい性。

PC126571.jpg PC126572.jpg PC126574.jpg

そのあとロールケーキにバタークリームでデコレーションして丸太を上にのせて、
サンタさんを飾ったら出来上がり~



え?出来上がり?
最初先生の見せてもらったとき、わたしもこういう風に出来上がるんだと思い込んでたんだけど、
でも実際に作ってみるとね、難しいの、ホントに!!言い訳じゃなくて!!(というか明らかに言い訳)

わたしが不器用さが前面に出されたクリームはげの木枯らし丸太完成!!

                    PC126579.jpg

最初から先生のようにきれいにできたら先生になれちゃうよね、うんそうだ。
味はバタークリームなのにしつこくなくてすごーく美味しかったから良しとしよう

先生ありがとうございました。楽しかったお菓子作り、これからも精進します。



今年のクリスマスは先取りでケーキを与えたので、サンタさん来るかなぁ、サンタさん来るかなぁ!!!
Comment:2  Trackback:0
2012
12.12

メイクレッスン

わたしは働いてもいないのに「朝は忙しい」と言って、メイク時間は10分程度です。
忙しくない日は、たいていノーメイクです。わたしが住んでいる地域はあんまり日本人がいないので、
スーパーにもスッピンで出かけてネギをしょって帰ってくることもしばしばです。

そんなわたしを想ってか、友だちがメイクレッスンのイベントに誘ってくれました。

PC106542.jpg  PC106543.jpg

会場に到着するとお菓子と間違えてしまいそうな、カラフルでポップなメイク道具の数々が出迎えてくれました。
ブラシもたくさんあります。どこに何を使うのか一見わからないような多さ!!

前日に持ってくるものの案内があり、書かれていたものの中で「ブラシ・アイライナー・・・等々」
を持っていないわたしは、もしかしたら場違いなんじゃないかと急に焦りはじめ、
いそいでとっておきのSKⅡのパックを引っ張り出して2歳くらいは若返らないか試してみました。

当日誰からも何も言われなかったので、ただの悪あがきだったようです


会場ではシンガポールで活躍している日本人のプロのメイクさんが「忙しい主婦のためのクイックメイク」と
「ちょっと華やかにするときのメイク」を教えてくださいました。

                     PC106548.jpg


クイックメイクは簡単に顔をつくるコツを教えて下さり、とてもためになりました。
デモのメイクの途中途中で参加者にもいろいろなアドバイスをもらい、わたしは

①チークをもう少し濃いめに塗る
②まつ毛をもっとビューラーで上げる

というアドバイスをしてもらいました。
明日からチークをいっぱいぬって、まつ毛アゲアゲでいこうと思いましたが、
もしわたしが間違った塗り方でほっぺた真っ赤にしていたら、だれか注意してくださいませ。

美を追求するプロのメイクさんは多才で、つくるものすべてが美しく丁寧でした。
参加者のためにプリンを作ってきてくださったのです。

                     PC106545.jpg

神は二物を与えるのねぇと感心しきりでいると、お土産までいただきました。

                     PC106549.jpg

最近シンガポールにドクターシーラボがやってきたのですが、そのシリーズで
洗顔後つけると化粧水や乳液などがこれ一本!!という優れものだそうです。

こんな楽ちんなグッヅをもらって、ますます「忙しい忙しい」という言い訳をしながら手抜きしてしまいそうです。

とても楽しく勉強になった会でした。
ありがとうございました。



Comment:0  Trackback:0
2012
12.11

クリスマスパーティ

クリスマスツリーをおねだりしたけど旦那さんにダメって言われ、
クリスマスのお菓子缶を買ってって言ってもダメって言われ、悲しみに打ちひしがれていたところ
思いがけずクリスマスパーティに呼んでいただき、ステキな時間を過ごしました。

会場は個人のお宅。なんとホンモノのモミの木のクリスマスツリーが!!!くんくんしました。

                  PC076489.jpg

「小さくてもいいから買ってよぉ」とねだっていた自分を恥ずかしく思いました。
来年は「モミの木切り倒してこい!!」と主張することにします。

もちよりパーティだったこの会では

PC076506.jpg PC076495.jpg


素晴らしい手作りの料理が並ぶ。。

ここは竜宮城かしら!!

PC076493.jpg PC076501.jpg

チーズのカウンターや、マカロンでできたツリー、そして

                    PC076509.jpg

マロンのシュークリームまで出てきて、貧乏性のわたしは全て口に入れないと気が済まないので
全部いただきました。
どうしてこう、シンガポールに住む奥様たちはこんなに美しく料理を作れるんでしょう

日本にいる友だちのみなさま、わたしはこの中にいて持って行ったものは購入したサラミでありました。
シンガポールに住んだからといって、わたしもこのようになれたわけではありません。

いろいろと手配・準備してくださった方々にほんとに感謝です。
これで今年のクリスマス、サンタさんがこなくても我慢できそうです。



Comment:2  Trackback:0
2012
12.10

串揚げを食べに行く~HAN~

「串揚げ食べたいなぁ旦那さんに頼んでみようかなぁ」と思っていたところ、
周りの友だちが「HANに行ったよ」と言ってるのを聞いて、ますます行きたくなったので
強制的に旦那さんを連れて行くということに相成りました。

                 PC086511.jpg


投票に行った帰りに「日本国民としてよいことをしたから、贅沢に串揚げたべよう」という理論です。
または
「選挙の日は、投票行って外食するんだぁ~」ってモー娘。も歌ってんじゃん という理論。


週末のお昼はとても空いていました。

PC086512_copy.jpg  PC086515.jpg

店内は串揚げカウンターとお寿司のカウンターに分かれています。
ほかにも個室やテーブル席もありました。

もちろん串揚げカウンターに着席。

PC086516.jpg PC086522.jpg

前菜が出たあとに串揚げが7本ほど揚がります。
じゃことしそのごはんとお味噌汁も一緒に。

PC086528.jpg PC086525.jpg  PC086529.jpg

近江牛のカツ、若狭湾でとれた白身魚、トマトのチーズはさみ。

PC086520.jpg PC086532.jpg PC086534.jpg

ワカサギやホタテなんかも一つ一つ丁寧に揚げて出してくれます。
あぁ美味しい
日本でもこんなにご丁寧な串揚げを食べたことがなく『2度づけ禁止』の張り紙があるところにしか
行ったっことがないので大人になった気分でした。

旦那さんは好き嫌いが多く、キュウリ・トマト・カラシ・しそ・ゆず胡椒・ワサビあたりがダメというお子ちゃまです。
この9割が今回のコースに入っていたにもかかわらず、

「高級なものは食べられる」とか言って美味しく食べていました。
わたしの作る『単なる家庭料理レベル』に入っていると受付ないそうです。なんてヤツだ。


串揚げのパン粉も、パンを作る時の糖度によって揚がり具合が変わるので、
パン作りからオーダーメイドで東京から仕入れているそうです。さらさらの雪みたいなパン粉~!

                   PC086536.jpg


ご飯をおかわりした旦那さん、2杯目は白米が来たのですが余ってしまいそうなのをみて
鱈の腸をキムチで和えたものを出してくださいました。

                   PC086535.jpg

これがまたウマイ!!
白米ペロリでした。わたしも旦那さんのご飯をちょいちょいつまみ、お腹いっぱい胸いっぱい体重増加中。

デザートには最中抹茶アイスと黒ゴマアイスを食べて(まだ食べる)大満足!!

                PC086537.jpg

こちらのお店では週に4回日本から魚や近江牛などの食材を空輸しているそうで、
この日は飛行機が遅れて朝の6時に食材が到着したので寝不足だと大将が言っていました。

その大将、店の玄関まで見送ってくれたのが印象的で、
「いいお店はやっぱり心まで満たしてくれるねぇ」なんて一丁前のことを話しつつ帰ったのでした。

ごちそうさまでした。


HAN
331 North Bridge Road
#01-04, Odeon Towers
188720
+65-6336-2466



Comment:0  Trackback:0
2012
12.08

選挙に行く

いま日本では衆議院選挙をしています。
わたしは「在外選挙人証」というものを持っているので大使館に行って投票してきました。


                PC056479.jpg


シンガポールで「在外選挙人証」を入手するには、在外選挙人名簿への登録が必要です。

登録の条件

①シンガポールに3か月以上住んでいること
 (登録申し込みは在留3か月以前に済ませて大使館で申込書を保存しておいてもらうこともOK)

②住民票が日本国内にない人

③満20歳以上の日本国民    だそうです。


大使館に

①在外選挙人名簿登録申請書(大使館のホームページからダウンロードできます)

②申請者本人のパスポート

③シンガポールに住んでいることが証明できるもの
(わたしが登録に行ったときは在留届もまだ出していなくて証明できるものを持ってなかったので、
とりあえずDPのカードとか、光熱費の請求書だとか、明治屋のチラシが送られてきた封筒←唯一わたし宛にくる手紙(笑)とかなんかいろんなもん持って行った記憶があります)

などを持って行って手続きをすると、2~3か月で在外選挙人名簿に登録されます。
だから残念ながら、今思い立って今回の選挙の投票をしようと思っても無理なんですね。
投票できる選挙区は、最後に日本で住んでいた選挙区だそうです。

詳しいことは、在シンガポール日本大使館のホームページに載っているので参考にしてくださいね。


日本にいないのに投票するとかどうなのかなぁと思ったり、前住んでいた地区に戻る訳でもないのに
その選挙区に投票していいのかなと疑問に思ったりもしたけど、
現時点で日本という国が、選挙制度の中にこういうシステムを作って、各国で投票できるような仕組みなんだから、
それに則るのが筋なんだろうと思って投票に行ったわけです。

大使館の特設テントみたいなところで行われていた選挙には、続々と日本人が来ていました。
普通に投票行くよりちょっと複雑にイロイロ書かなきゃいけないけど、スタッフの人が丁寧に教えてくれるし、
分かりやすかったです。

日本での投開票日は12月16日ですが、シンガポールの大使館で在外投票ができるのは10日までです



Comment:2  Trackback:0
2012
12.06

黒タピオカを自在にあつかう

タピオカの神に黒タピオカの在りかを教えていただいて購入してから、せっせと「好みの固さにゆでるには」について研究しておりました。

炊飯器・・・とか魔法瓶・・・とかさまざまな道具などを教えていただきました。
しかしやっぱり鍋で煮るのがいちばんいいという結論に達しました。

こんなこと書いても何の役にも立たないだろうけど、試行錯誤の上の我が家のゆで方。

①沸騰したお湯に黒砂糖を入れ、その後黒タピオカを入れて2分くらいは混ぜまぜ
②その後、たまに混ぜながら20分煮る
③お湯が足りなくなってきたら足す
④20分後、火を消して3分くらい放置(だけどたまに混ぜる)
⑤ざるにあげて水道水ですこし洗う
⑥鍋に戻してはちみつをかけてまぜまぜ(はちみつを混ぜるとタピオカを放置してもくっつかなくなる)

ゆでている間は気づいたら混ぜる、混ぜる、混ぜるが基本。
なので、夕飯の支度をしているときに鍋に火をかけっぱなしにするのが効率的なのであ~る

なかなか黒タピオカドリンクもサマになってきました。
コーヒー牛乳に黒タピオカを入れたもの。

                  

こちらは黒タピオカにプレーンのヨーグルト・練乳・最後にフローズンベリーをちらしたデザート。
甘さ控えめにするなら練乳はいれません。
うまし。

                  PC056486.jpg


というわけで我が家の黒タピオカはまだまだ残っているので、
美味しいデザートを今後も発掘したいとおもいます(本音はめんどうだけど)



Comment:8  Trackback:0
2012
12.05

ピラティスに通う

妊婦になってからは残念ながらのび太とのトレーニングはお休み中です。
1年間無料で休むことができるので、会員をフリーズさせているのです。

しかしなんか体を動かさないと、この土偶みたいな体が元に戻らなかったらどうしようという恐怖感にさいなまれ、
マタニティピラティスに通うことにしました。
3か月前から週1で通っています


フンフンとマシーンを使ってのび太と筋トレしていたわたし。
ヨガもチャレンジしてみたのですが、どうも負荷がないと物足りなくなってしまう(どれだけМなんだ)・・・。
というわけで、インナーマッスルやコアを鍛えるピラティスに人生初チャレンジです。


                    PC046465.jpg

家でも夜にちょっとだけストレッチがてら習ったことを復習してみます。
この黄緑色のマットは、旦那さんがわたしに運動をさせようと企んで用意していた代物。
買ってって頼んでもいないのに、わたしがシンガポールに来たら用意されていた

ピンクのチューブは旦那さんが数年前購入して、何もやらずにクローゼットの奥で眠っていたもの。
旦那さんに「運動させられている感」があるのはなぜだろう・・・。


そして今回新たに購入したものがコチラ。

                    PC046466.jpg

内股筋(=内転筋という)を鍛える道具!!
この輪っかを膝と膝に挟んで内股をしめる動作を繰り返します。

出産すると骨盤が緩んで周りの筋肉も落ち、内転筋が弱くなり下半身がダルダルになるそうです。
(わたしの場合もう既に)
でも普段使わない内転筋を鍛えることによって、緩んだ骨盤回りの筋肉を鍛え、出産後も下半身をスラリっと
(なる予定)


毎日やったら、このお尻と太ももの境がなくなったわたしの下半身もどうにかなるかしら?
なってくれ!!切実な願い!!




Comment:0  Trackback:0
2012
12.04

カップケーキと乙女心

カップケーキは見ているだけでも可愛いです。
わたしにもかろうじて乙女心が残っているので「かーわーいーいーと年甲斐もなく(心の中で)叫びます。
声に出していうと逮捕されるかもしれないからです。


                     写真89

                               いやん

こんなカワイイカップケーキが近所で売っていました。
シンガポール人の女子がいつも大切そうに箱を持ってどこかからぞろぞろ歩いてくるので、
いったいこの集団はどこから列をなしてくるのだろうとついて行ったところ、こんな看板に出くわしました。


                     写真 (5)

メキシカンレストランの上にひっそりとあるカップケーキ屋さん。
すっごく狭い店舗の中にはぎっしりとケーキが並んでいました。

写真 (2)   写真

ひとつひとつお姉さんが丁寧にクリームをのせています。
チョコレートやチーズ、いちごのカップケーキまでいろいろあって迷います。

「どうする?どうする?」と興奮してわたしが旦那さんに問うと

「オレ、ケーキの上のクリームしかいらね」

と意味不明なことを言うので(旦那さんはカップケーキが好きではないらしい)
しかたなく一つだけ買いました。

ひとつ3.5$。
ケーキ部分は甘さ控えめでしっとりしていて美味しい!
おしとやかに乗ったクリームが甘めなので、コーヒーによく合います。


食後に旦那さんには一口も与えず、一人で食べてしまったのでぶつぶつ文句を言われましたが、
この可愛さに心奪われない人には食べる権利はない!と厳しく指導しておきました。

シンガポールの女子たちが大事そうに抱えている箱の正体がわかって納得し、乙女になったわたしなのでした。


Plain Vanilla Bakery
34A Lorong Mambong
+65-6465-5942


Comment:4  Trackback:0
2012
12.03

ホテルに朝食を食べに行く

土日の朝といえばだらだら起きて、パンか納豆ご飯を食べてまた眠くなるという
どうしようもない日々を過ごしている私たち夫婦。

そんなぐうたら夫婦代表の旦那さんが

「休日の朝、ホテルでゆっくり朝食を食べて優雅な一日をスタートさせたい」

と、顔からかけ離れたことを言い出したので、そんなオイシイ話はないと即乗っかり、
贅沢にもホテルの朝食にわざわざ行ってきました。

                   PC026464.jpg

東京に住んでても、朝起きて山手線に乗ってわざわざホテルの朝食を食べに行ったことなんてないわたし。
休みの日に目覚ましかけてホテルに朝ごはん食べに行くなんて!!と意気揚々と出かけました。


PC026431.jpg   PC026429.jpg

朝食レストランはタングリンとオーチャードの間にあるセントレジスホテルのBrasserie Les Saveurs。
宿泊者の西洋人がたくさんいました。

                    PC026434.jpg

こんなおとぎ話みたいな個室もあったり、席からはプールが見れたり、クリスマス一色のホテルは心躍らせます。
しかし!!優雅に優雅に!はしゃいだらいかんのだ!!
今回のキーワードは「優雅」でしから!!


朝食はビュッフェスタイル。

                    PC026437.jpg 
PC026433.jpg PC026436.jpg PC026438.jpg

スタンダードにデニッシュやフルーツ、お粥、卵料理そしてニョニャお菓子などが並びます。
朝からがっつり取ってしまいそうになるのを、紳士淑女の夫婦は、素知らぬ顔をしながらちょっとずついただきます。
だって時間はたっぷりあるんですもの、おほほほほー。

PC026443.jpg PC026448.jpg PC026444.jpg

え?ちょっとずつじゃないって?
私たちにとってはこれはちょっとずつなのです!!右端のフルーツなんて超ガマンした。

エッグベネディクトやパンケーキなどは別に注文して作りたてを持ってきてもらえます。
この情報はレストラン内のどこにも書いていなかったけど、事前に調べて行ったので得した気分でオーダー。

                    PC026439.jpg

このハチの巣から直接だらだら垂れてくるはちみつをつけて食べるパンケーキ、絶品!!

PC026453.jpg PC026451.jpg PC026454.jpg

ワッフルやパンプディングもまた絶妙な甘さで朝からとろける~

2時間ほどかけてゆっくりいただきました。
その後、オーチャードで買い物をして家に戻ってきたのはお昼の12時前。
早起きは得した気分だねーなんて話してたら・・・・

気付いたら15時。。
どうやら意識飛ばして睡眠時間を取り戻していたようです



Brasserie Les Saveurs
29 Tanglin Road 247911
+65-6506-6866





Comment:2  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。