--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
11.30

ReStoreでまったり

Yukoさんの出産前の話ですが、てっぺいに天ぷらを食べに行きました。
てっぺいはカウンター席しかないので、赤ちゃんが生まれるときっと行けないから
「出てくる前に行っておきたい!」というYukoさんのリクエストで急遽決まったのです。

平日のランチはサラリーマンで行列と聞いていたので、早めに行ってランチを済ませたあと、
同じタンジョンパガーにあるReStoreというカフェでお茶をしました。

                  PB216272.jpg

日本人女性のオーナーが経営するこのカフェに入るとまず、イスいっぱい空間に驚かされます。  
                  
                  PB216278.jpg

日本のインテリア雑誌が置いてあったり、アンティークな食器が置いてあったりとセンスいっぱい。

                  PB216275.jpg

ここに飾ってあるものは販売もしているようで、値札がついていたり、ディスカウントのシールがついていたりしました。

いつか「あのカフェにかざってある、椅子がほしいのよね~」とかいう会話をしてみたいものです。
うちにあるのは備え付けのIKEAのガタガタするダイニングチェアーだし。
ぎーってやると旦那さんにうるさい!って怒られるの、ぎーってやると


2人ともたっぷりめでサーブされるカフェラテを。

                  PB216282.jpg

そして妊婦2人よれば、胃袋に怖いものなし。ワッフルもシェアして食べました。

                  PB216283.jpg


赤ちゃんのことから、子育て、家計のことまで主婦っぽい話を散々してゆっくりまったりの時間でした。

この数日後に無事女の子を出産されたYukoさん。おめでとうございます!
出産前のゆったり時間を一緒に過ごせて楽しかったです。



ReStore
124 Tanjong Pager Road, 088533
+65-6222-3510





スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2012
11.29

コインつぶしマシーン

名前がわからないから「コインつぶしマシーン」
こういうの、見たことありますか?

                     PB286409.jpg

いくらか入れて、レバーを回すと潰されたコインに絵が刻印されて出てきて、お土産になるものです。
初めてお目にかかったのは、ハワイ。

                     PB286405.jpg

これは本物の1セントを潰して作るものでした。
日本やほかの国では、本当のコインをつぶして作るというマシーンには出会ったことがない。
わたしはこれが好きなのです。観光地で見つけると作りたくなっちゃう。

                     PB286399.jpg

これは韓国でつくったもの。
これをやりたいがために両替をしようと友だちを引きづりまわしたっけ。
こうやって一つ一つ旅の思い出にもなるの。

シンガポールではシンガポールフライヤーという大きな観覧車の下でマーライオンコインを作りました。

                     PB28640.jpg

いかにもシンガポールらしくて可愛い
作っているあいだ、中国人の観光客に取り囲まれて、コインができると拍手喝さいを浴びるという、
こっぱずかしい思い出がこのコインにはあります。


先日クラークキーを歩いているとマシーンを発見!!

                     写真 (2)

2ドルもかかるけど、見つけたらやらずには通り過ぎることができないので、どの模様にしようか物色。

写真   写真 (1)

だいたい4つくらいの絵柄から選べて、わたしは右の写真の一番シンプルそうなものにしました。
欲しい絵柄にレバーを合わせて、2ドルを入れてからレバーを回します。
けっこう重い…



そしてチャリーン♪♪
出てきた出てきた!!


・・・・・・?
・・・・・・・!?
・・・・・・・・・・・・・!!!!






                       PB286398.jpg

                                がぁーんなんやこれ!!!


どうやら間違えたようで、「愛」と「平和」のコインが出てきました。。。
これから「愛」と「平和」を背負って生きていくこととします…。





Comment:2  Trackback:0
2012
11.28

陶芸教室に行く

いつも脱ぎ捨てたスリッパの行方を捜しているような、だらしがなく落ち着きもないわたし、反省しました。
心穏やかに過ごせるように陶芸教室に行きました。
集中して物事に取り組むと、「無」になって心が静まるというのです。

                      写真

陶芸教室に友だちに連れて行ってもらい、一日体験をすることにしました。
これで私もオトナの落ち着いた女になれます。うしし。

先生は韓国のリー先生。
一番簡単な茶碗を作ることにしました
まずは粘土を600グラムもらって、こねこねしたあと台に装着します。

                      写真 (1)

その後、指で山のてっぺんから穴をあけて徐々に徐々に器の形にしていきます。
底の方から丁寧に伸ばして、周りが1センチになるようにします。

     写真 (7)     写真 (2)


ここでわたしの様子を見に来た先生、苦笑いしてため息をついています。

「どうしてこんなにしちゃうの?ちょっとずつ丁寧にやらなきゃだめよー。どうしたらこんなになるの?」

初対面の人にすごい言われよう・・・
どうやらちょっとずつ口を広げていかなければいけないところを、わたしはエイヤエイヤと力を込めすぎて
0.5㎜ほどのペラペラの器にしてしまったという事らしいです。(説明されないとなんでダメなのか理解できない)
韓国の先生だったので英語の説明が理解できてないわたしのせいなんだけど・・・

せっかくの力作(?)だったのに「最初から作り直しー」と言われました。
もうこの時点でイヤになっているわたしは、だらだらやりすぎて今度は粘土が乾燥してしまい、
またもや先生の助けを借りる羽目に。。。


写真 (3)   写真 (4)

4割くらいしか自分は活躍していないけどなんとか形になり、ドライヤーで乾かします。
完全にイヤイヤになっているわたしは、先生に「ドライヤーで3分乾かしてね」と言われているのに
「できたー!!」と言って1分くらいで終わらせ「もうちょっと」と何度も言われる。

隣りでやってる小学生の方がよっぽどいい子だったよ。

そのあと電動ろくろみたいのに移動して表面と中をきれいにしていきます。

                     写真 (5)

これも8割先生の助けを借りて(わたしは手を添えて削ってるふりをするだけ)
なんとなく先生と私の合作らしきものができあがりました。

                     写真 (6)

「いびつな方が味が出るんだ」とか口だけは一丁前なことを言って焼きに出しました。
本当はもういちど色付けに行かなきゃいけないんだけど、もう飽きてしまったので色付けは先生に任せて、
出来上がったら取りに行くことにしました。

どうやら陶芸は私には合わなかったようで、心穏やかに生活するきっかけにはならないことがわかりました。
どうしてこうわたしは集中とかできなくて、バタバタしてる感がぬぐいきれないのだろうか。

写経でもしようかしら。




Comment:6  Trackback:0
2012
11.27

金曜日まで!常勝軒 特製つけ麺イベント!!

つけ麺で有名な大勝軒の流れを組む常勝軒。
その味はシンガポールでもロバートソンウォークの大黒屋で味わうことができます。

そのつけ麺をさらにグレードアップさせた特製つけ麺が、グレワの景勝軒で27(火)~30(金)までの限定で
食べられるという事で、試食会に呼んでいただきました。

                PB266395.jpg

この方がこのイベントの為に日本からやってきた中川秀行さん。
ちょっとシャイなおにいさん。

なにがグレードアップしているのかというと、

①日本から持参した秘伝のタレを使ったスープ

                PB266387.jpg

スープだけ飲むともちろん濃いけど、かつおのだしがよく効いていて太麺によ~く絡んでうまし!!

②もちもち打ち立て麺
③3種類のチャーシュー入り


                PB266386.jpg

右からあっさり大きめ、普通、こってりのチャーシュー。
真ん中の普通のチャーシューが一番おいしかった。たまごがデフォルトで入っているのも評価高い!

日本から持参した秘伝のタレの量に限りがあるため、昼30食・夜30食の限定になるという事です。
1食17$ほど。

景勝軒では、来年1月も日本の麺屋こうじグループとのコラボで様々なラーメン屋さんが日本からやってきて
限定プロモーションをするそうなのでお見逃しなく、わたし


会場には日本のフリーペーパーの記者さんや、シンガポールのローカルブロガーさんも多数。
シンガポール人のブロガーさんのカメラがまたすごい!
ストロボのたき具合や被写体を撮る角度まですごいこだわりようで、
私なんかがやってきてホント申し訳ない感じになりました。

つけ麺でも麺リフト・・・

                PB266390.jpg

してみたものの、ローカルブロガーさんの麺リフトをみて自分の拙さにショックを受ける。。。
左手で麺リフトをしたあと、つけだれに半分だけ入れてそれを右手で激写するという
超高度テクニックを披露!

弟子入りさせてくれ!!

                PB266394.jpg


最後に割りスープが出てきてごちそうさま。
ラーメンで17$(日本円で1100円くらい)というと高い感じがするけど、麺の量も多いし満足でした。

正直、日本にいるときは自分もつけ麺はほとんど食べなかったけど、シンガポールでつけ麺はやっぱりまだ
認知度が低くて、ローカルブロガーさんも「しょっぱい」って言ってたり(シンガポール人は豚骨好きだからね)、
割りスープの食しかたが分かんないようで「?」が頭の上に乗っかってる人もいたけど、
太麺からめてじゅるじゅるのつけ麺も美味しいんだってこと、わかってもらえると嬉しいなぁと
らーめん女は思うのです。


景勝軒 グレートワールドシティ店
#01-21/22 Great World City
1 Kim Seng Promenade,237994
+65-6235-6190


*今回のつけ麺イベントは11月27(火)~30(金)まで
昼・夜各30食の限定です


Comment:0  Trackback:0
2012
11.26

病院のこと

わたしが診てもらっている産科の先生は、グレニーグルスという病院の中にあるクリニックの先生です。
日本人がシンガポールで出産するとしたら、だいたい

・ラッフルズホスピタル
・マウントエリザベス
・グレニーグルス

の3つにわかれるようです。
産むのはこの3つの病院ですが、検診で通うのは病院内か病院の近くにあるクリニックです。
それらのクリニックは

・ラッフルズホスピタル=日本人の男性先生が担当
・マウントエリザベス=日本語堪能な女性の先生が担当
・グレニーグルス=シンガポール人の男性先生が担当

なので、必然的にグレニーグルス妊婦の絶対数が少ないです。
わたしも「グレニーグルスで産むよ」というと珍しがられます

わたしは特に英語が堪能というわけでもないのですが、クリニックには日本人の女性スタッフがいるし、
先生は「サカゴ(逆子)ダヨ~」とか「シキュウ(子宮)OK」とか専門の単語を日本語で言ってくれるのでとか安心です。


このあいだグレニーグルスのホスピタルツアーに行ってきました。
分娩室や病室、新生児室などを見せてもらう会です。

写真NGなのでお見せすることはできないけど、ホテルみたいでした
日本の病院を知らないので比べることはできないけど、

分娩室の旦那さん用の椅子がマッサージチェアだったり、
病室のシックなダークブラウンのフローリングに心躍る見学でした。


肝心なお値段。
先に挙げた3つの病院の中では一番良心的のようです。

ひゅーひゅー!Yukoさんがラッフルズホスピタルでの費用について書かれていますので、
わたしは参考までにグレニーグルスの費用を。

               無題

*入院時に発生したものについては個別で加算されます。
たとえば帝王切開800$、吸引分娩200$、延泊料金565$(1泊)とか。
*小児科医への支払いも別。

だいたい日本円で45万円くらいかな。
でもこれは人によるし、あくまで概算・参考ということでみていただければ。

出産後、病院内大きい部屋でゲストを呼んでパーティができるセレブプラン$18,200とかあったけど
どんな人が申し込むのかしら。

日本では1週間くらい入院するらしいけど、こっちは3日で帰ってきちゃうので一番最初母乳で挫折するときも、
へその緒がとれるときも家。
でもわたしの周りには嬉しいことに先輩ママがたくさんいてくれるので
あんまりビクビクはしていないのです。(今だけ?)




Comment:2  Trackback:0
2012
11.23

飲茶でハイティ

ハイティというと紅茶にスコーンとケーキというのを想像しますが、シンガポールならではなのかな、
飲茶のハイティもあります。
ずっと行きたいと思っていた四川豆花の飲茶ハイティに友だちに連れて行ってもらいました。

                    PB196260.jpg

ここはUOBという建物の60階にあるので眺めがとてもいいです。
しかも、行った日はおそらく私たち以外にお客さんがいない有様で、さらに眺めがよかったです。
この、丸なんだか四角なんだかわからない窓からマリーナベイサンズが見えるのは乙ですな。

飲茶のハイティは中国茶が出てきます。
この日は烏龍茶とライチ茶でした。

                    PB196251.jpg

わたしは茶器のことはまったくわからないですが、こういうところに来ると
「せっかく東南アジアにいるんだから茶器の一つくらい欲しいなぁ」と思ってしまうのです。

「買っても使わないんだから(怒)!!」
という旦那さんの声が右上方から聞こえた気がするので憧れだけでとどめておきました。

というわけで茶器はあきらめて食事。

PB196247.jpg PB196259.jpg PB196248.jpg

蒸し物・揚げ物など温かい飲茶が少しずつお上品に出てきます。
いつもはガッツリ派のわたしですが、この日は昼食も食べていたこともあって十分な「おやつ」でした。

PB196254.jpg PB196255.jpg PB196267.jpg

麺や杏仁豆腐の甘くないやつみたいなデザートも出てきました。
料理はどれもこれも美味しく、出されるお茶で油分を浄化できるので、飲茶ハイティというのも
捨てたもんじゃないなぁと感心しきりでした。

周りに人がいなかったのもあって、喋り倒して優雅な時間を過ごしてきました。
シンガポールに遊びに来た方もこういうのとてもいいと思います。眺めもいいしね。


                     PB196265.jpg

う~む、しかしいいなぁ茶器。

四川豆花飯荘 UOB店
#60-01 UOB Plaza 1
80 Raffles Place
+65-6535-6006




Comment:1  Trackback:0
2012
11.22

アントワネットにケーキを食べに行く

買い物した帰り「ケーキを食べに行こう、どこに行きたい?」と旦那さんに言われました。

突然言われると困るのです。どこに行きたいかリストを作ってはいるのですが、
「ケーキ」となるとピンポイントで思い浮かばなかったり、ここが美味しい!というような情報を持っていないのも事実。

うーん、うーんと考えた挙句、アントワネットが妥当だろうという結論に私の中の「くいしんぼるるぶ」が言うので
Palais Renaissanceに行きました。

                    PB176197.jpg

土曜日の夕方、シンガポールの老若男女でいっぱい。

PB176199.jpg   PB176201.jpg

とりあえずケーキのショーケースの前でひたすら悩む。。
ちょっと前誕生日だったので「2個食べていいよ」と旦那さんにそそのかされるも、ここは欲張らない!
一つを丁寧に選びました。

                   PB176203.jpg

やっぱりチョコレートケーキ。美味しい
日本で食べるケーキと似てるね、こういう甘すぎず繊細な味にシンガポールで出会えるのはホント嬉しい。

旦那さんはモンブラン。どこ行ってもモンブラン。

                   PB176208.jpg


今回もやはり一言も発せず食べ終わりました。
みんなは夫婦でレストラン行ったり、お茶したりするとき話すよね、きっといろんな話するはず。
なのに、カフェラテ→モンブラン→カフェラテ→モンブラン→モンブラン→カフェラテ→わたしのチョコレートケーキ・・・

って・・・いったい・・・
仏頂面で甘いケーキを食べながらこの人何考えてるのかしらと思うけど、たぶん何も考えていない。



ま、そんなことより
もうクリスマスのギフトセットやお菓子が並べられていてメルヘンランド。

                     PB176202.jpg

今年は「クリスマスツリーを買ってほしい」と旦那さんにねだるも

「じゃあ1月から11月はどこにしまっておくの?それに来年には飽きちゃうでしょ」と言われてしょんぼり。
やだやだー!クリスマスわたしもすーるーんーだー!!!


Le Jardin d’Antoinette @ Palais Renaissance
#B1-08/09/10C Palais Renaissance
390 Orchard Road
+65-6735-6392





Comment:0  Trackback:0
2012
11.21

Yukoさんのベビーシャワー

友だちのひゅーひゅー!Yukoさんがもうすぐ第2子を出産されます。
Yukoさんは私にシンガポールで妊婦仲間を紹介してくれたり、
初産のわたしのマシンガン疑問などに一つ一つ丁寧にこたえてくれたり本当に親切な方です。

そのYukoさんの出産に向けて「ベビーシャワー」が開かれました。

                    PB196220.jpg
                                   Wが元気すぎる

「ベビーシャワー」というのは「出産前祝い」のようなもので、
生まれてくる赤ちゃんにに皆で愛情をシャワーのようにおくるという意味らしいです。

赤ちゃんが生まれてからだとお母さんの体の回復に時間がかかったりするので、産まれる前にお祝いして、
出産後必要なものをシャワーのようにみんなからプレゼントしちゃおうっていう意味もあるそうです。

ベビーシャワーによく登場するのがオムツケーキ。

                    PB196240.jpg

白いのが紙おむつでケーキのように仕立て上げます。
キレイですね~!!こういうのをちょいと作ってしまう人がいるってのは、さすが外国だなぁと感心するばかりです。
オムツケーキの周りにはみんなからのプレゼントが一足早いクリスマスのように並べられて・・・ウキウキ。

PB196221.jpg   PB196229.jpg

このパーティのコンセプトが「カラシ色」だったので、部屋が黄色でデコレーションされて、
みんなが持ち寄ったご飯が並べられました。
なんなんだ、この輝かしい料理の数々は!!


PB196224.jpg   PB196230.jpg

わたしは手羽先とナゲットを揚げて行っただけなのでここでは割愛します。
全体像はこんな感じ。

                   PB196225.jpg

金持ちの夕飯みたい。
人のパーティだというのに、まるで自分が主賓であるかのようにあっちのテーブルからこっちのテーブルから、
美味しいごはんを取っては食べ取っては食べ、食い荒らしました。

そしてお待ちかねケーキ!

                   PB196244.jpg

赤ちゃんの形のクッキーがかわいい

Yukoさん自身は健康優良児だそうで、出産を間近に控えたこの日も元気いっぱいでした。
無事に元気でかわいい赤ちゃんを産んでくださいね



Comment:8  Trackback:0
2012
11.20

バジリコデリの試食会に参加する

友だちに誘ってもらってJプラス主催の試食会に参加させていただきました。
Dolcetto by Basilicoというお店で、リージェントホテルの中にあるバジリコというレストランの
デリカフェが新しくオープンしたのです。

                    PB156147.jpg

総勢15名が集まって厳しい(?)目線で試食しました。
まずは店内の雰囲気。

PB156158.jpg   PB156163.jpg

イタリアにあるお店をコンセプトにかわいい缶に入ったお菓子やジャムなどが並べられています。
(行ったことないけど)イタリアのチョコレート屋さんみたいな感じがしました。

PB156142.jpg   PB156155.jpg

ショーケースにはマカロンや、ケーキ(ホールもカットも)の甘い誘惑とともに、
キッシュやサンドイッチの食事系のものも揃えられていました。
パン屋さんみたいに入って目の前にはパンの陳列棚も。

一通り店内を物色したあとに、いよいよ試食。
朝食セット(9$)、ランチセット(17$)、ティセット(12$)に含まれるドーナツ・ケーキ・サンドイッチ・キッシュなどを
同じテーブルの方とシェアしながらいただきます。

PB156167.jpg PB156168.jpg PB156171.jpg

朝食用のドーナツが大きくて、朝からこれはヘビーでしょうという重さ(泣)
4人で分けてちょうどいい感じ。
キッシュも大きくて、いくら底なしの胃を持つわたしでもちょっとずつでいいかな。

その後シンガポールではここでしか手に入らないという、お初のイタリアンソーダとドロドロしたジュースをいただく。

PB156160.jpg   PB156178.jpg

イタリアンソーダはコーラのような味やピンク色したのもあったけど、普通のが一番おいしかった。
どろどろジュースはブルーベリーが濃くて、視力が一気に回復しそうでした。

そのあと運ばれてきたパンが個人的にはお気に入り。

PB156182.jpg PB156184.jpg PB156185.jpg

イカスミが練り込んであるパン、ほうれん草入りのパニーニ、フォカッチャ・・・と炭水化物祭りでしたが、
すべて平らげました。

帰りにはお土産までいただくという至れり尽くせりぶり。

                     PB156189.jpg


味はさすがバジリコだけあってとても美味しいので、もっと色いろなものを食べられるように、
キッチュどーん!!とかドーナツどーん!!ではなくて、
ワンプレーとランチとかがあったらまた来てみたいなと思いました。


Dolcetto by Basilico
The Regent Singapore
1 Cuscaden Road
+65-6720-8000



Comment:6  Trackback:0
2012
11.19

パン屋の研究2

母が来たときに、わたしが愛してやまないマルイチベーグルを持ってきてもらったので、
しばらく静かにしていたのですが、食べ終わってしまったので・・・

今回のパン屋研究はこちら。

                     PB095722.jpg

タングリンモールの近く、郵便局の隣にあるNassim Hillです。
「朝っぱらから欧米人が集う」と聞いていたので、こりゃウマいに違いないと行ってきました。

                     PB095723.jpg

黒板に書いてあるブロッコリースープに心惹かれるも、今日はパンを買って帰るだけと決めたのだ!!
店内は広々、外からの光が刺して気持ちいい感じ。

PB095726.jpg   PB095727.jpg

みんな思い思いに新聞を読みながらコーヒーを飲んでいたり、
西洋型奥さま会を開いていたりとゆったりした空間が広がっていました。

PB095725.jpg   PB095724.jpg

パンは一つ一つ袋に入れられてテーブルの上にざくっと並んでおり、個人的にはショーケースに入っておすまししているパンよりも、こうやって間近で手に取れるディスプレイの方が好きだなぁ。

この中で、ひときわいい香りを放っているバケットを購入。
こんなにいい香りのバケット久しぶり
自分ではなかなか焼けない。

翌日の朝いただきましたが、その時もいい香り~。
香ばしくてとても美味しかったです。

休日は激混みだったのを目撃したので、今度は店内でゆっくり本でも読める時間に行きたいです。


Nassim Hill Bakery Bistro Bar
56 Tanglin Road, 247964
+65-6835-1128



Comment:4  Trackback:0
2012
11.17

紅茶をおいしく飲む会

「紅茶をおいしく飲む会」におしょうさんに誘っていただきました。

PB146134.jpg   PB146135.jpg

家で紅茶は、8割Tea bagです。
紅茶の葉を使う時も、ポット(たまに急須だったりする)に目分量で葉を入れて、適当に色がついた感じでカップにイン。

「え?濃くて渋い?お湯足しときな~」

こんなわたしに、美味しい紅茶の入れ方を教えてくださいました。

・お湯はやかんで水道水を沸騰させたものをつかう(水道水に入る空気が美味しくする)
・ティリーフは冷蔵庫じゃなくて、常温保存
・ポットやカップ、茶こしも温めて、出されたらアツアツの紅茶を飲むのがマナー

などなど普段使っているけど知らなかったことや、そうだったんだー!という発見も多くてすごく勉強になりました。

ひとりひとりポットが用意されていて、自分で茶葉をはかって、お湯を注ぎ、砂時計で時間をみてカップにサーブします。そこで、最後の1滴まで注ぐのがポイント。

自分で丹精込めて入れた紅茶は香りがほんとよくて、
いままで私は茶色い液体を飲んでいただけだったのではないか・・・という悲しい状況に気付きました。

こういう美味しい紅茶には、やっぱり美味しいお菓子が似合う。
おしょうさん手作りお菓子と、ほかの方が持ってきてくださったスコーンを一緒に頂きました。

甘いお菓子が合う紅茶、香りを楽しむから甘いものは似合わない紅茶、いろいろあるんですね。
用途によって飲むものを変える楽しさも教わりました。


最後に、おしょうさんが「アイスロイヤル」というアイスティ→生クリームで幕を張る→牛乳を入れて
層にするという、初めましてな飲み物を作ってくださいました。

PB146136.jpg   PB146137.jpg

こちらもめちゃめちゃ美味しい!!
アイスティをシャンパングラスで飲むなんて初体験!!

せっかくTWGという高級紅茶会社がシンガポールにあるんだから、
これから自分でもきちんと美味しい紅茶を入れようと思いました。

おしょうさん、ありがとうございました



Comment:4  Trackback:0
2012
11.16

モルディブでしたこと

           PB136105.jpg
                            今日までモルディブ引っ張らせてください

基本ひとつの島にひとつのリゾートでできているモルディブは、どこかに遊びに行くとかそういうことは
しないそうです。ヴィラでゆっくりして、海のスポーツをして、食べて寝てくつろいでという生活を送るものらしく、
ルームサービスも充実しています。

PB115854.jpg PB115849.jpg PB115855.jpg

たべたものたち。マーレから1時間弱も飛行機で飛んでくるところなのに、食糧も充実していて
しかもオイシイ!!期待していなかっただけに喜びもMAX!!
牛肉もやわらかくてジューシーで、牛がいるの?いるの?と大興奮。いるわけない輸入です。

わたしたちが何をしていたかというと、

PB105779.jpg   PB105782.jpg

ライブラリーと呼ばれるパブリックスペースでゲームをしたり、早起きしてヨガのプログラムに参加したり。

PB136081.jpg   PB115870.jpg

もちろん、シュノーケリングも。やどかり同士を戦わせたり。


さすがにダイビングはできないので、ペダルボートに乗って沖に出たりして遊びました。
水着の跡で、お尻だけ真っ白のわたしです。

PB126048.jpg  PB126019.jpg


部屋でくつろいでいるとこんな南国フルーツが運ばれて来たり(ライチみたいな味がした)、贅沢だったわけです。

                     PB126024.jpg


しかし「チップ」に慣れていないわたしたち。
「枕元に置く」とか「ポーターに渡す」という、るるぶに書いてあることはできるんだけど、
スマートに渡すことができないし、チップを渡すタイミングなんだという事にとっさに気付けない・・・

旦那さんは、チップを渡すタイミングを逃して落ち込むこと数回。
ヴィラに戻って「今の人に渡した方がよかったんじゃない?」と気づいて戻りたがる旦那さんをなだめる→→
つぎは反省を生かして、、、、渡さなくていいんじゃないのというタイミングで多く渡してしまうわたしたち・・・。

セレブには程遠い。


            PB136098.jpg

しかしなんちゃってセレブ気取りだけして帰ってきました。
最初で最後の新婚旅行、とても楽しかったです



Comment:2  Trackback:0
2012
11.15

モルディブにいく

ブログをお休みしている間、モルディブに旅行していました。

          PB115926.jpg


結婚してから1年以上たってからの・・・新婚旅行です。
もう一生あんなとこ行けそうもないので、ここぞとばかり自慢させてください。

シンガポールからマーレまで飛行機で4時間ちょっと。
そのあと水上飛行機に乗って50分、バガル島という場所にある今年できたばかりのリゾートに行きました。

PB105739.jpg   PB105737.jpg

水上飛行機のパイロットが美しい白人女性だった件。
鼻の下を伸ばしてでれでれになった旦那さんが、タラップから降りるときその女性に見とれて、
サングラスを海に沈めるというおバカぶりを発揮しつつ・・・。

「オレのサングラスもモルディブの海に沈むなら本望だ」だそうです。


乾季になったばかりのモルディブは、わたしの雨女の汚名を返上する、見事なお天気が続きました。
リゾートには日本人が私たちしかいない、しかもヴィラが半分の稼働率だったので、ゆっくり過ごせました。


新婚旅行=憧れの水上コテージ

                   PB136091.jpg

海の上からも綺麗な魚が見えて、ずんずん進むとこんな感じの部屋につきました。

PB105753.jpg   PB105749.jpg

部屋の外にはデッキがあってプールも付いています。
そこから降りて海に直接出てシュノーケリングもできます。

PB105758.jpg   PB115955.jpg

大金をはたいてやってきた私たち、この状況にどうしたらいいかわからず、とりあえず撮影会。
その後どうしても誰かに自慢したくて、でも自慢する相手もいなくて困った挙句お互いの親に
スカイプをして、景色をこれ見よがしに見せて思い切り自慢するという意味不明な行動に出ました。

                   PB105846.jpg

「ハネムーンだ」と猛アピールしたので、夜にはベットが・・・いやん
夕飯も一回分ロマンティックディナーとして招待を受けました。

「モルディブのリゾート内のご飯は高いらしい」と予習をして、赤いきつねと緑のたぬきを持参して行った
根っからのケチなわたしたちには、天からの恵みのような美味しい夕食でした。

夕方には

        PB105826.jpg

こんな夕日を拝み。
バチが当たるんじゃないかと思うような景色を満喫しました。



Comment:2  Trackback:0
2012
11.10

今日のらーめん、八福丸

さて今日のラーメンは、パルコにある「なんつっ亭」の2号店だという「八福丸」というお店に。

                     PB065672.jpg

ちょっと奥まったところにあるからですか、どうしてですか、昼過ぎに入ったのに店内はがら空き。

                     PB065685.jpg

しまった、間違えたか!と思ったものの、中国語でふにゃふにゃ話しかけられていつの間にか座っていました。

ネギらーめんの「麺カタメ」で頼みました。
シンガポールの日系ラーメン屋さんで「麺カタメ」の日本語が通じなかったことは今まで実はありませんでした。
でもここで「麺カタメ」の日本語が通じず、不安に
ってシンガポールなんだからそんな日本語通じる方が不思議なのに。

「NOTソフトー!!ミェン、ハード!!」と中国語と英語の入り混じった会話をし、しばし待つ。


メニューは日本語で書いてあり、テーブルの上にはスープの説明が。

                     PB065684.jpg

「なんつっ亭」は豚骨ラーメンでこってりという事ですが、
こちらは鶏白濁スープというコラーゲンたっぷりの割とあっさりめのスープだそう。
マー油もピリ辛の赤と普通の黒とを選べるようになっている。

しかし、コラーゲンとオレイン酸のこのイラスト・・・

                                   不安


その後、厨房から「ラーメンおねがいしまっす!!」という威勢のいい日本語が聞こえ、出てきたものがこちら。

                     PB065680.jpg


ちゃんと麺カタメでした。厨房は日本人が仕切ってるようです。
お味は・・・おいしいじゃん!!

豚骨スープと間違えるようなコクのあるスープで、麺は私の好みの細麺ではなくやや細くらいだったけど、
それがスープをよく絡めていて美味しかった~!あと、がっつり入ってるメンマも昔ながらで懐かしかったなぁ。
醤油ラーメンっぽく見えるけど、マー油入りだから黒いの。

                     PB065682.jpg

本日の麺リフト。

この閑散とした店内ですするラーメンは期待値よりはるかにレベルは高かったけど、
やっぱりラーメン屋さんはもっと活気があってほしいと思ったわたしなのでした。

そして最初から最後までわたしは店員さんに中国語で話しかけられ(店員さん同士は英語で話してんのに!)
自分のローカル化に肩を落とした日でもありました。



八福丸
OG Orchard Point #01-13
160 Orchard Road
+65-6737-9713


さてさて、今日からちょっとばっかし旅に出てきます
また来週!


Comment:0  Trackback:0
2012
11.09

ブロガー友の会

ブロガー友の会拡大版に参加させていただきました。
参加者は
アカバネーゼさん、mushaさん、恵比スさん、アラコさん、SAIさん、Yukoさん、うみ定食さん、Rieさん、Mirohiさん。

錚々たるメンバーの中に新参者を呼んでいただき光栄です

メンバーは10人+3児だったので中華の円卓。
パラゴンの5階にある「インペリアルトレジャースーパーペキンダック」です。

                   PB075690.jpg

遅れないように10分くらい前に行ったものの、向かい側にあるクリスタルジェイドと間違えて、
アカバネーゼさんと一緒に予約名を連呼するも「そんな予約ないわよ」と一蹴。

店を間違えたと気づいて出たところでうみ定食さんに見つかり、大恥をかくという悲しいはじまり。
せっかく写真撮ったから間違えた店も小さくのせとこう。

                                PB075688.jpg

                         行ったのはここじゃない、上のお店だす。


まずは料理。乾杯も自己紹介もせず、料理に一同目がくらみ、とりあえず腹満たそう。
10人もいると、有名なココの北京ダックは2羽!!


PB075696.jpg  PB075706.jpg

コックさんが手際よくさばいてくれて(速すぎて写真がブレる)、皮に巻いて1人3つくらい割り当ててくれます。
残りの部分は自虐ネタかと思うような、おまるみたいな皿の上にサーブされます。

さらにさらに残った肉はチャーハンと焼きそばにしてくれます。

                    PB075710.jpg


それ以外はズラリ点心や自家製のお豆腐などなど美味しい料理たち。

PB075701.jpg  PB075707.jpg

やっぱり中華は大人数に限る!!
前評判通り、とても美味しかったです。

初めましてのブロガーさんもいらして、わいわいがやがやと楽しい時間を過ごせました。
自己紹介するとき、本名を言っても言われてもポカンだけど、ブログ名とブログでの名前を言うと
「あぁ!」みたいな感じになるのがオモシロイ

日本にいたらブログはきっとやってないし、こうやって実際にブロガー同士で繋がることもなかったろうなぁと思うと、
感慨深くなったもんです。

ご一緒していただいたみなさん、ありがとうございました!!


Imperial Treasure Super Peking Duck
#05-42/45 Paragon
290 Orchard Road 238859
+65-6732-7838


Comment:8  Trackback:0
2012
11.08

中華っぽく

母が持ってきた重いスーツケースの中には、イワシの缶詰が10個入っていました。

「あら、なんでこんなにあるのかしら~あはは

幸せな人です。


母が来ているのに家でカレーを作って(作ってもらってとも言う)食べているだけじゃつまらないので、
中華っぽい食事もしようと、鼎泰豐に行きました。
日本にもあるけどね

PA295653.jpg   PA295655.jpg

母は「連れて行ってもらったところをお父さんにみせるんだ」と言って写真をパシャパシャ。
私もパシャパシャ。親子そろってカメラマン。
しかし、母はシャッターを押してすぐにカメラを動かしてしまうのでブレブレの写真が多くまだ修業が足りません。

PA295658.jpg   PA295659.jpg

スープやチャーハン、小龍包の王道をいただき、場所を移して中華っぽいデザートを。

PA295662.jpg PA295661.jpg PA295663.jpg

旦那さんと私の食事は会話がなく無言ですが、わたしの実家も同じなので3人で食べても同じく無言です。
旦那さんが気を遣ってたまに話題を振るといういつもならあり得ない構図を今回は目撃しました。

そのあとは密かにお土産にとってもいいと私たち夫婦が思っている、スープレストランの生姜のビンを購入。
                    
                    PA315665.jpg

生姜が結構きついですが、ほかほかご飯にかけてたべると美味しくて、
「美味しいから!!」と母に無理やり持たせました。

実はこれが唯一のシンガポールっぽい食事でした
だって何でもいいーって言われたら、ちらしずしとか食べに行っちゃうじゃん、親だし(笑)

鼎泰豐
PARAGON B1-03, 290 Orchard Rd
+65-6836-8336




Comment:0  Trackback:0
2012
11.07

シンガポールで妊婦になる~国立病院編~

妊娠12週目と20週目になったとき、いつも行ってるクリニックではなくて、
国立大学病院にいきました

これは

12週の時はダウン症の可能性を調べるもの
20週の時は赤ちゃんの各器官が発達しているか(たとえば指が5本ずつあるかとか)と先天性異常の検査

らしいです。

**12週**

指定された時間に病院に行くとたくさんの妊婦さんがいました。
人種も様々で、欧米人もいたし、宗教上目以外は全部黒い布で隠れている女性もいました。

いつもの病院もそうですが、旦那さん同伴で来ている妊婦さんが多く、やっぱりガイコクだなぁと感心。


ここでは

①おかあさんの血液検査→ダウン症など3つの遺伝子疾患の確率を出す
②超音波検査では後頚部浮腫検査(NT)→赤ちゃんの頸椎のうしろのむくみが3㎜以上だとダウン症の可能性があると診断されるそうです

あくまでこれは可能性の問題なので、いま日本で言われている出生前診断とは少し違うようです。

あとは手や足が2本ずつあるか、心臓はぴこぴこ動いてるか、
鼻の骨があるかなどをひとつひとつ丁寧にチェックしていきます。
赤ちゃんが見やすいところにちゃんといて、動いていたのでチェック項目はすぐに見れて15分くらいでおわりました。

赤ちゃんは前の検診の時よりも大きくなっていて手をじたばたさせてはしゃぎ、落ち着きがない我が子。
お医者さんも「動きすぎー」と笑っていました。
さすが、旦那さんのこどもだなと納得しました


その後血液検査をして「結果はいつものクリニックに送るから~」って言ってました。
お会計は300$弱(日本円で15000円くらいかな)


**20週**

今回は1時間半待ち。
なぜか待合室がインド人で8割を占める。

今回は超音波検診だけ(赤ちゃんドックっていうところもあるみたい)30分くらいかけて、

・各器官の大きさ
・心臓の動き具合、血液の流れ
・性別

をチェックして異常がないかをレポートにしてくれます。足と足の間にはちゃんと立派なモノが
そして3D画像で顔も見れました。でも爆笑問題の太田にしかわたしには見えなくて・・・苦笑い。
妊娠6か月になると赤ちゃんも人の形だし、お腹も蹴るし見ていて楽しい!

しかし!!家に帰ってレポートをまじまじと見ると

性別:女

!!!
さっき男の子って言われなかったっけ??

あわてて国立病院に電話すると「ごめん、間違えて打ち込んじゃった。男の子だから~」とのこと。
何ともいい加減な・・新しいレポートは後日郵送されるそうです。

お会計は200$弱。

日本で産んだことはないけど、日本もおんなじことするのだろうか。
まぁ、あるにしろないにしろ日本の方が親切丁寧適正的確であることには間違いないだろうなぁ。



Comment:2  Trackback:0
2012
11.06

シンガポールで妊婦になる~悪阻編~

シンガポールで妊婦になりました
皆さま、コメントやメールでお祝いのメッセージありがとうございます!!

安定期に入るまでなかなかおはなしできなかったので、このブログでも「ただぐうたらで食べてる人」としか
見られなかったわけですが(笑)
このブログはわたしの日記でもあるので、少しずつ思い返して妊娠初期の事を書いていこうと思います。

***************************


悪阻(つわり)というのは、わたしがテレビで観るものでは


「うっ・・・」
「お前もしかして・・・」
「あなた・・・できたみたい

「ひょー!!」←旦那さんの喜びの声

みたいななんかあまーい感じの光景を描いていたのですが、、、全然違いました


まず、妊娠かもと思ったのは旦那さんが

「ちょっとー、口臭がするんだけど」と何回も言った事(笑)
↑ぜんぜん思い描いてたのと違う。。

いつもと同じものを食べてるんだけど(そして自分では気づかない)なんか独特のにおいがしたそうです。
その辺りにお会いした方、申し訳ございません。

最初は全然具合も悪くなく、ご飯も普通に食べれていて
「つわりってない人もいるんだよねー、ないといいねー」

なんてのんき構えてました。


そしたら次第に

・ものが食べられない
・空腹時に気持ち悪い
・なんか食べても気持ち悪い
・すごい貧血
・突然特定のものだけ食べたくなる


という典型的な症状が出始め、1か月以上続きました。

                      

                    Book1_27895_image002.png


というような図式。
よくもまぁブログを書き続けてたなぁと自分でも感心なのですが、何かに集中すると少し吐き気を忘れられるんだよね。

とくにひどかったのが貧血。
外を歩いてみようと家から出てみて、30メートル過ぎたところで目の前ぴよぴよと、真っ白に



そしてさらに旦那さんに風邪をうつされ、38度近くの熱が(泣)
くすりは飲めないし、喉が痛いからのどぬーるスプレーをしようと思ったら、箱に
「妊婦はだめよん」って書いてあるではないか―!!!


という訳で、ベットが定位置。夕飯の支度も洗濯もしない。なのに突然

「ピザが食べたくなった―!!」
「ローソンのからあげくんが食べたいー!!ここにあるわけない


旦那さんを困らせては連れて行ってもらって、女王生活を続けていた訳です。

食に関しては何とも不思議で、
なんにも食べられないときでも唯一食べられたのが、ベビスターラーメン
明治屋に行っては「ベビスターラーメン今だけ20%増量中チキン味」を買ってぼりぼり。

あんなに大好きだったチョコレートが食べられなくなって、
あと焼き魚が食べられなかったかな、臭いをかぐだけで吐きそうになったり。。

でもほかのもっと酷く苦しんだ方の経験を聞いて、いま考えると、
私の悪阻はただのぐうたら&ワガママだったんじゃないか・・・?という気もしないでもないような・・・ない!!

いまは、食欲は留まるところを知らず、
期間限定増量中」ということで



Comment:4  Trackback:0
2012
11.05

デンプシーはお好みの様子

母に「来年のために教える」という口実を使って、アイロン・洗濯・掃除を押しつけてしまったので、
お詫びに母をデンプシーに連れて行きました。

デンプシーにいけば外国に来たような雰囲気になるので、家でNHK観ながら洗濯物をたたんでいるよりいいかなと
旦那さんと3人でブランチをしにきたのはココ。

                    PA285591.jpg

ロードハウスというお店です。

PA285593.jpg   PA285596.jpg

店内はハロウィン仕様になっていてとてもかわいくデコレーションされていました。
12時を過ぎていたので、お客さんで一杯。ぎりぎり入れました。

メニューはサラダ・サンドイッチ・ワッフル・パスタ・バーガーといった典型的な欧米系のブランチ。
やっぱり母は英語を読むのに少し時間がかかるので

「さ・・んどーうぃ・・ち・・・」とか言いながら一生懸命メニューとにらめっこしていました。
結局「ぱん!・・けーぇーき」にしていました。

                   PA285597.jpg

少し味見させてもらいましたが、メイプルシロップが程よい具合で美味しい!
クリームもそんなに甘くないし、ほかほかであったかいパンケーキで母も満足のようでした。

旦那さんはハンバーガー、わたしはグリル野菜サンド。

PA285603.jpg   PA285600.jpg

あまり期待しないで入った割には美味しくて得した気分になりました。
店内のお客さんが西洋人ばかりだったことに母は「ガイコクねぇ」と妙な感心。


そのあとエムギャラリーでお買いもの。
シルクの50㎝×50㎝のでっかいクッションをお土産に買っていました。

スーツケース2個にいろんなものを入れてきて、うちに物を置いたら空っぽになっちゃったと寂しそうな母は、
結局ムスタファで石鹸買ったり、アタの籠を買ったり、またスーツケースいっぱいにしていました。

デンプシー、気に入ってもらえたようです。


Road House
13 Dempsey Road,249674
+65-6476-2922



Comment:2  Trackback:0
2012
11.02

夜のGardens by the Bay

Gardens by the Bayの人食い花について母に問いただしてみたところ、やっぱり人食い花だというので
「それは食虫花、虫食い花のことだよ」と教えてあげました。

そんな話をしながら夜のGardens by the Bayのにょきにょきのところの遊歩道を歩きに行きました。

                  PA285610.jpg

にょきにょきのところは上がれるようになっていて、1人5ドル払うと歩けるのです。
ただし、チケットは平日は20時まで、土日は19時までしか売っていないので注意が必要です。

チケットを買ってのぼるまで並んでいるといい具合に暗くなってきました。

PA285629.jpg   PA285637.jpg

遊歩道の手すりは案外低く、落ちようと思ったら楽勝で落ちることができるので足がすくみました。
手すりに寄りかかって写真でも撮ろうと思いましたが、風も強く恐ろしい行為のように感じられたのでやめました。

でも夜景はとてもきれい
旦那さんが先に下に降りてくれて、下から母と二人上から手を振っている写真を撮ってもらいましたが
亡霊が踊っているようにしか見えないので割愛します。


         PA285639.jpg

20時前に帰るときには光と音楽のショーをにょきにょきのあたりでやっていました。
とってもきれいな景色を自分たちも楽しめて、母親にも楽しんでもらえてよかったです。




オマケ。こんどはこれかよ。。。(前回

                     PA285645.jpg

しかし一番喜んでこの写真を撮っていたのは、わたしの母です。




Comment:0  Trackback:0
2012
11.01

やっぱり焼肉!!

コンドの管理人に母親を紹介したところ、「Mother??Sisterじゃないのか?若いなぁ」
と大げさに言って母親を喜ばせていました。

コイツ22歳の嫁がいるどころか、おばさんを喜ばせるテクニックまで使うとは!侮れない


母が7月に来たときにチリクラブやらチキンライスやらハイティやらその辺りのことは一通りこなしたので、
今回は(わたしが)食べたいものを食べることにしました。

そしたらやっぱ焼肉っしょ!!
来客をだしに使ってずっと行きたかった「矢澤」に連れて行ってもらいました。

                    PA275576.jpg

日本でも「ミート矢澤」や「ジャンボ」で知られるお店です。

                    PA275580.jpg

店内は黒で統一された高級感のある内装で、隣のお客さんの顔はガラスのブロックで見えないようになっていて
日本人対象のお店だなぁという感じでした。

まずは、ナムルの盛り合わせとネギサラダを頼んでしばし待つ。

PA275578.jpg  PA275585.jpg

そして・・・肉祭り~♪♪

PA275584.jpg PA275581.jpg PA275582.jpg

カルビにタンにハラミ。
私たちはお酒を飲まないので、最初からご飯や冷麺を頼む人です。

                    PA275586.jpg

全部すごーく美味しかった。
日本でいつも行く近所の焼肉屋より数倍オイシイ

中でもタンは大好物なので、普通のタンと厚切りの特製タンと両方頼んだのですが
夫婦二人とも普通の薄切りのタンの方が口に合いました。

そういうの「貧乏舌」って言うんじゃないのと思い、夫婦そろってショックを隠せませんでした。
たぶん、利きタン塩選手権には出られません。


これでもかーってくらい食べて大満足でした。
ごちそうさまでした!!

焼肉 矢澤
11 Unity Street
#01-01 Robertson Walk
+65-6235-2941



Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。