--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
10.31

ついに・・・!!黒タピオカ完結編!!

(長年)探し求めていた黒タピオカ、
このブログにコメントで在りかを教えてくださる神のような方がいらっしゃいました!!

コメントを旦那さんに見せたところ

「明日行こう!!」

と予想通りの反応。


当日「タピオカ買に行く前にはちゃんとプールで運動しようね」というと

「10時にプールに行く!!」と休日には絶対動き出さない時間にプールに行き、猛スピードで平泳ぎ。。。
小学生か、お前は

1時間弱でノルマをこなし、タピオカを買いに行きました。


                     PA265531.jpg


教えていただいたお店はPhoon Huatという製菓材料がたくさん揃うお店。
クレメンティ店に行きました。

「電話してから行った方がいいかも」というコメントをくださった方の忠告を無視し(笑)
突撃した形ですが、旦那さん、お店に着くなり「黒タピオカありますか?」と店員さんに直訴。

レジの下から出てきたのでした。

見よー!!念願の黒タピオカー!!


                     PA265538.jpg

黒タピオカ3キロ。ストローも買いました。
旦那さんは

「コメントくれた人すごいね、すごいね、だって棚に並んでないでレジの下から出てくるのになんでここに売ってるって知ってるの!?」と連呼。崇めておりました。

わたしも「ブログやっててよかったね」と褒めてもらいました。
褒められたの久々だ。。。う~む。


早速家に帰ってゆでてみる・・・も失敗。
ゆで加減が難しくて、せっかくの黒の甘い部分が取れてへにゃへにゃになるほど煮てしまったり、
弾力がなくなってしまったり、、なんとも奥が深い

旦那さんが出張行っている間によくよく研究しておくように指令を受けました。

いやぁ、でも本当に黒タピオカ見つかってよかった!!
教えてくださったHさん、本当にありがとうございました




スポンサーサイト
Comment:13  Trackback:0
2012
10.30

母さん来星

母が来ています。
飛行機なんて一人で乗ったことのない母が海外一人旅です。
23キロ×2個までの荷物、重量超えてんじゃないの、これ?というほどに持って、えっさほいさとやってきました。

7月に来たばっかりなのになぜもう一度来たかというと、シンガポールの練習です。


というのは、わたしたち夫婦に新たに家族が増えることになりました。
来年の3月には3人家族になります

現在妊娠6か月で、赤ちゃんは男の子。
母子ともに順調すくすく育っております。既に体重4キロ増
日本には帰らず、シンガポールで産む予定です。

出産のときには母親に来てもらって色々と手伝ってもらう予定です。
出産ははじめてだし、一応ココ外国だし、実母がいてくれるのは旦那さんより頼りになるからね。
その「練習」のために来てもらいました

バスの乗り方、病院へのいき方、タクシーの乗り方、日本食の買い方、コンドの管理人のあしらい方・・・
教えることはたくさんあります。

ちょっと頑張ってもらいつつ、楽しい思い出を作って帰ってもらおうと思います



Comment:12  Trackback:0
2012
10.27

ブンガワンソロのバナナケーキ

旦那さんがこういうものをもらって帰ってきました。

                     PA265537.jpg

シンガポールでは赤ちゃんが生まれると、生後1か月から3か月の間くらいで、産んだ側がケーキのバウチャーを配って、それを受け取った人が「紅包(アンパウ)」というポチ袋のようなものにご祝儀を入れてお祝いするという風習があるそうです。

パン屋さんとかでもそれ用のカップケーキのセットとか売っていて
「10個買えば1個無料!!」とか書いてあるので、相当な数を配るのでしょう。

わたしたちはこのしきたりを知らず、おもちゃを買ってお祝いしてしまったのですが、
やはり現金がよかったのだろうか…ローカルのしきたりは難しい。



ま、仕方ないけどバウチャーは交換しに行こう!

ということでシンガポールでは超有名なBengawan Soloというお菓子屋さんにいきました。
パイナップルタルトや、花柄の缶に入ったクッキーをお土産に買っていく人が多くいます。

このバウチャーは8ドルくらいの

バナナケーキ
チョコレートケーキ
マーブルケーキ

のいずれかと交換できるというものでした。
「この3つの中でイチバン人気はどれ?」と店員さんに聞いてみたり、
わたしたちは散々迷った挙句(もらいものなのに)バナナケーキにしました。

                   PA265541.jpg

ケーキは生クリームべとべとのだと思って換えにいったけど、普通のベイクドケーキだったので
よかったような、損したような不思議な気分になりました。

要冷蔵のこのケーキは

                   PA265546.jpg

意外と中はしっとりしていて、バナナの風味もちゃんとあって美味しかったです。
ホイップクリームでも付けたらもっとおいしいかも。

シンガポールにはたくさんの人種がいるので、この風習はみんながみんなやってるものではないと思いますが、
結婚式にせよ、お葬式にせよ目の前を通りかかっただけしかありませんが、
色々な風習・慣習があるんだなと勉強になります。




Comment:0  Trackback:0
2012
10.26

Gardens by the Bayの石たち

Gardens by the Bayに行きました。

母が7月に来たときに「人食い花があるらしい、見たかった」と残念がっていたのですが
明らかに怪しい情報だったので、本当にあるなら写真でも撮って送ってあげようと思いました。

人食い花なんて飾ってあったら、食べられてしまう人続出で閉園だろうと思うのですが。

                    PA205468.jpg

たぶん、この虫を食べちゃう花のことを言っているのだろうという結論になりました。
メールで送ったけど、何の返事もありません。無言で「違う」と訴えてるのかもしれません。


PA205419.jpg  PA205455.jpg

Garden by the Bayは最近できた植物園で、花や自然いっぱいのドームが2つあり、
左の写真のようなにょきにょきがシンボルです。

シンガポールに住んでいる人はドームに入るのに20ドルかかりますが、
Passion Cardを持っていると10%引きになると言われて、改めてこのカードの威力におののいたのでした。

皆さん、いろんなキレイな写真をブログに添付されていてもう見飽きたと思うので
わたしは石コレクションを披露したいと思います。

PA205518.jpg PA205519.jpg PA205506.jpg

Gardenの中には植物もたくさんありますが、石像やオブジェもたくさんあります。
歩いていると突然、変な顔シリーズの石が現れ、わたしの写真魂に火をつけました

PA205496.jpg   PA205438.jpg

神々しいでっかいカタツムリの置き物や、
わたしがスネているときの顔に似ているとしきりに旦那さんが言う銅像などなど…。

ライオンの口から水が出ていて「マーライオンみたいだね」というと即座に
立ちしょんスタイルを披露してくださる旦那さん。

PA205509.jpg   PA20551222.jpg

レベルが低いの丸出しだからやめてください(-_-)

気を取り直して・・・池を挟んで人間の形をした石像がぱっくり分身している芸術作品もありました。
人型の中に入って写真を撮ったのは、こんどは私です。

PA205529.jpg  PA205527.jpg

今回は芸術に触れた(が触れ方を間違った)探検でした。
なかなか楽しかったです。

Gardens by the Bay
18 Marina Gardens Drive 018953



Comment:2  Trackback:0
2012
10.25

オクタホテルでカフェタイム

「オクタホテル」というカフェが日本人女性の間で人気です。
「オクタホテル」と言ってもホテルなのではなく、雑貨屋さんの奥にカフェスペースがあるという感じです。

PA185392.jpg   PA185393.jpg

かわいらしいアクセサリーや食器の数々を通り抜けると、意外と広いスペースがあって
甘いものや紅茶を頼めます。
15時からケーキとドリンクのセットがあって、14:30くらいだったのでイチカバチカ頼んでみたのですが、ダメでした。

店員さんは日本人も数人いました。そしてお客さんは日本人だけでした。
こんなに日本人が多いシンガポールで暮らしていて、ここが海外だという事をたまに忘れます。
というのは、このカフェの前は牛タン屋さんで牛タン麦とろ定食を食べたからです。

PA185398.jpg   PA185397.jpg

ともだちは、ベリータルトやチーズケーキを食べていました。
わたしは、ケーキセットを頼めなかった腹いせに(時間外だっつの)ケーキ以外のものを食べました。

                    PA185399.jpg

しかし、なんだかわかりませんでした。
アイスのようなチーズのような物体にカフェオレのようなものがかかっている食べ物だか飲み物だか
定かでないものでした。

普通にケーキにしておけばよかったと、「腹いせ」と思った数分前の自分を呪いました。

シンガポールに来たばかりのころは、友だちと行った先々の写真を旦那さんに見せては
「今度一緒にいこう」と誘っていた可愛げのある嫁だったのですが、
最近は自分だけ行ってきたコレクションが多くなり、一緒に行こうと言わなくなったので
ブログを見て旦那さんはわたしの行動を把握しているようです。

そして旦那さんと一緒に行くところはもっぱら大戸屋です。




Octa Hotel
#P1-39 Parco @ Marina Bay
9 Raffles Boulevard
+65-6336-4614



Comment:2  Trackback:0
2012
10.24

黒タピオカ・・・続編

続報と言うまでもないのですが…

あれからeach a cupからのSMSはなく、「よしION店にもう一度乗り込んでもう一度聞こう!!」
と旦那さんに促され一緒に行ってみるも激混み。

新発売のヤクルトとコラボした商品がの看板が掲げられており、それに食いつくも長蛇の列のためあえなく断念。

その間にも旦那さんは自らこんなゼリーを買ってきました。
その執念と努力を仕事に向けてくれれば、いまごろうちは億万長者かもしれません。


黒ゼリー。

                   PA175384.jpg

これも台湾のゼリーで仙草ぜりーのようなものでした。
缶に白いパールのような写真が載っていたため、「中身は丸いかもしれない」と買ってくるも普通の固形。

それでもミルクティーに入れて飲みました。

                   PA175388.jpg

べつに普通のこういう飲み物かってかんじ。

つぎはサゴを試してみました。

                   PA185400.jpg

これを戻すのが一苦労。

                   PA195404.jpg

ぐつぐつ30分ほど煮たあと、40分以上放置。そのあいだ熱が逃げるとまた火にかけて・・・の繰り返し。
魔法瓶に熱湯を注ぎ、乾燥サゴを入れて一晩おいておくと簡単に戻るしいのですが

「今日試したい!」そうで、無理やり2時間くらいかけてふにゃふにゃにしました。

                   PA195405.jpg

途中イヤになって火の当番を旦那さんに代わってもらったので、わたしの大変さがわかったかなと思っていたところ、
キッチンから出てくるなり開口一番「こんなに大変なのか、やっぱeach a cupはすげーよ!!」
と感動を表しておりました。

苦労して戻したサゴ。今度はコーヒーミルクで飲みました。

                   PA195410.jpg


ぜんぜん美味しくない
まったく労力に比例しないあじでがっかりでした。
しかも、お玉3杯のサゴを入れた旦那さん、夜中に腹痛でトイレに行き、正露丸を飲んでいました。

すこし懲りてくれればいいのだけど。



Comment:5  Trackback:0
2012
10.23

フラトンホテルのハイティ

久々にハイティに行きたくなったので、うみ定食さん、Yukoさん、Piromiさんをお誘いして
フラトンホテルに行ってきました。

                   PA175373.jpg



予約して「今日はフラトンに行くよ」と旦那さんに伝えた時に指摘されたのですが、
フラトンのハイティは今年の春に自分たちの披露宴が終わったら(それまでドレスのために我慢)
夫婦で一緒にという約束をしていたそうです。

「〇〇(←わたしの名前)は約束を忘れてしまったんだね・・・」と悲しそうに仕事に行きました。

ええ、忘れてました
昔のことは記憶喪失だということで許してもらいます。

PA175370.jpg   PA175383.jpg

15:00からのお茶はTWGの紅茶やバーブティなど何度でも種類を変えられるそうです。
カフェラテにはフラトンの「f」の字が微妙な様子で描かれていました。

正統派の3段トレイでフィンガーフードは運ばれてきて、スコーンは温かいものが別でサーブされます。

PA175376.jpg   PA175380.jpg

このトレイは二人用なのですが、ケーキは最初は2つずつありません。
トレイにケーキがなくなった頃合いを見て「いかがですか」と次々持ってきてくれます。

旦那さんと二人ならどちらが先にこのケーキを食べるか争奪戦になり、
出会ったばかりの友だちとだと「これ食べていいかなぁ、うむどうしよう」と遠慮の塊になってしまいそうですが、

この4人なので(失礼な)好きなものを片っ端からたべるという荒行が許されました。
しまいには隣りの3段トレイにまで手を出すわたし。

アイスクリームコーンみたいなのの中にサーモンフレークとキャビアが乗っているものは3つも食べました。

結局その日の夕飯は食べられませんでしたが、それだけの価値はあったハイティでした。
ゆっくりまったりできるのが一番よかったです。オススメ。
お付き合いくださったみなさん、ありがとうございました。


The Courtyard
The Fullerton Singapore
1 Fullerton Square 049178
+65-6877-8129



Comment:2  Trackback:0
2012
10.22

ラッフルズホテルで点心

月イチグルメ隊と称して(というかわたしが勝手に名づけている)美味しいものを食べる会があります。
「グルメ隊以外でも食べてんじゃん」というご意見はごもっともなんですが…。

今回はラッフルズホテルの中にあるロイヤルチャイナという中華に行ってきました。

PA125242.jpg  PA125245.jpg


店内は水色と白のすがすがしい内装。
ある方が「夫が接待でもつかうよ」と言っていたので
「よし、うちの旦那さんのためにも下見に行こう」となんや理由づけして罪悪感を消して行ってきました。


ランチセットもありましたが、一緒に行った一人が旅行用のガイドブックを持ってきていて
「ここに点心がおいしいって書いてある」とレクチャー。

ランチ会にガイドブックを持って来とるとはおぬしもやるなぁと、点心を頼むことにしました。

PA125249.jpg  PA125250.jpg

大根もちとミートパフ。

PA125251.jpg  PA125258.jpg

ほたての揚げ物とエッグタルト。
その素晴らしいガイドブックでオススメされていたものとメニューで写真が載っていたものを中心にオーダー。

だって点心の種類とか字面見ただけでわかんないし。
わたし全然わからなくて、しかもいい加減だから「すきなもの頼んでいいよー何でもいいから」とか丸投げしてしまい、
見事にエビ(←嫌い)だらけになって後悔するパターン多し。

なので今回はメニュー選びにちゃんと参加しました。

ちょこちょこ点心を食べると意外とお腹いっぱいになって満足!!
セットで勝手に出てくるんじゃなくて自分で選べるのも点心はいいよね。

あ、個室もあったしお仕事関係にも十分使えます。
ホテルとは思えない「あぁ?」みたいな聞き返しをする店員もだいぶいるけど笑
シンガポールという事でご愛嬌。。


ごちそうさまでした。

Royal China at Raffles
#03-09 Raffles Hotel
1 Beach Road 189673
+65-6338-3363


Comment:0  Trackback:0
2012
10.19

パン屋の研究

わたしは家庭内パン屋なので「フランスパンが食べたい」とかリクエストが旦那さんからきます。

でもフランスパンはとても時間がかかるので、修行と称して売ってるパンを買ってきて賞味することにしました。
自分で作るだけではなく「よい」と言われるお店の味も経験しないと
立派なパン屋さんにはなれませんからね、ふむふむ


そこで行ってきたのがBaker&Cookというお店。西の方のHillcrest Roadという住宅街の中にあります。

                     PA165362.jpg

さいしょ電車に乗って、そのあとバスに乗ってそれから10分くらい歩いてと・・・長旅でしたが、
きっとおいしいものにたどり着くにはこれくらいしないといけないのだ、修行の身なのです。

旦那さんが日本からシンガポールに赴任するときの夕食、せっかくなんだから旦那さんに食べたいものをリクエストしてもらえばいいのに、わたしの行きたいパン屋に夕飯を食べに行くという、今思えばかわいそうなことをしたなぁと思うくらいわたしはパンが好きなのです。

だからこのくらいの修業はへでもありません。


PA165356.jpg   PA165357.jpg

ニュージーランドから来たパン屋さんらしく、店内は欧米人一色でした。
固いパンや、甘いパン、ケーキやお惣菜なんかもぎっしり並んでいました。

                     PA165360.jpg

そうそう、こういうパンがリクエストだったね。
固いパンを中心に買いました。

                     PA165368.jpg

しれっと「私が焼いた」といってだせば「上手だね~」と褒められるゾと
デビルこげまが出てきましたが、このブログを見られたらバレるので下手な芝居は打たないことにしました。

店内では食事をすることもできてエックベネディクトを食べて帰ろうと思っていたのですが、
お店に入った途端なぜか無性にヨートンフーが食べたくなり、

                    PA165364.jpg

そこからまたバスで30分ほど走って、おしゃれとは程遠いローカルフードを食べたのでした。
最後だけ写真のテイストが違うなぁ…


Baker & Cook
77 Hillcrest Road
+65-6469-8834



Comment:6  Trackback:0
2012
10.18

久々のローカルフード:クレイポットライス

たまたま前を通りかかったときに「90分待ちだよ」と言っていた近所のクレイポットライス。
クレイポットライスは時間がかかるのはわかるけど、「そんなに待つ?もしかして有名店?」

と思い、とりあえず管理人にきいてみました。すると

「あぁこの辺では有名だよ。でもあくまでこのあたりのことだし、ゲイランに行けゲイランに!
うまいクレイポットライスがあるから」

と熱弁をふるわれました。さすがローカルフードにはうるさい。

でもゲイランまで行くのもちょっと遠いし、とりあえず近場で。

                    PA145348.jpg

なんちゃら「ラッキー」なんちゃらっていう店名は非常によく聞くので(ラッキーチキンライスとか)
その仲間かはわかりませんが、実は3回来て臨時休業だったりして4度目の正直。

時間をずらしていったので

                    PA145349.jpg

火にかかっている土鍋も少なくて、すぐ炊き上がりました。
あ、そうそう。クレイポットライスとは鶏肉や椎茸とご飯を土鍋で炊き上げて、
最後に濃いめのソヤソースで味付けするローカルフードです。

                    PA145351.jpg

こういう状態で出てきて(黄色いのは油。お好みでかける)味付けを自由にしてまぜまぜ。

                    PA145352.jpg

ちょっと汚いけど・・・こんな感じになります。
お焦げがね、美味しいんだ!!
ここのは鶏肉と腸詰と魚と世にも不思議な具材が入ってたけど、有名なところは「鶏肉と青菜だけ」とかあるみたい。

ひたすら米だけを食べることになるので、青野菜も添えて食べました。
しめて2人で14$(日本円で900円くらい)
ホーカーで食べるローカルフードとしては高いけど、ボリュームといい味といい、満足のいく内容だったのでよしとしよう。




Comment:0  Trackback:0
2012
10.17

黒いタピオカ・・・

前にも書きましたが、旦那さんはeach a cupというBubble Teaが大好きです。

                   写真 (2)

先日一緒に飲んだとき

「each a cupは飲んだ人を幸せにするなぁ。
        来年のノーベル平和賞はeach a cupなんじゃないか」



と言い出しので、遂におかしくなったんじゃないかと心配しました。

この飲み物の下の方に沈んでいる、「ブラックパール」とお店では呼んでいる黒いタピオカが特に好きなんだそうです。


そしてある時言い出しました。
「家で飲みたいときにすぐ飲みたい。ブラックパールを家でストックしよう!!」
めんどくさ。買に行けばいいじゃん、2ドルとかそこらで売ってるんだからーという説得に応じません。

普通each a cupでは飲み物1つにつき、このBubbleがお玉1杯無料でついてきます。
それを「ダブルパール、プリーズ」と言うと30セントの加算でお玉2杯にしてくれます。

旦那さんは本当はお玉3杯にしてもらいたいのに恥ずかしくて言えないそうです。
家にブラックパールがあれば、ミルクティの中に何杯でも入れることができる、というのが主な言い分です。


という訳で、旦那さんのいいつけで黒いタピオカを探しに出かけました。
Cold Storage・Fair Price・Market Place(いずれもスーパー)、伊勢丹の地下隅々探したけどなかった。

自分で探すだけではなく、店員さん(しかも偉そうなよくわかってる人)に聞くよう旦那さんに指導されて出かけたので、
いちいち「Bubble Teaあるでしょ、その中に入ってる黒いタピオカ探してるんだけど・・・」って説明。

なんでも売ってるムスタファにも行きました。

                     写真 (3)

似て非なるサゴしかない・・・。


行き詰ったわたしは、IONの中にあるeach a cupに行ってマネージャーさんに訴えてみました。

「バブルティのバブル売ってくれない?」


黒いタピオカは乾燥した状態で台湾から輸入されてくるそうです。
それを各店舗で煮て使用するのだそう。
でもこのタピオカ、冷めると固くなるので消費期限が3時間と決められていて
徹底した品質管理のもとお客さんに提供しているのだよ、と。社会科見学か、わたしは。

煮たあとのタピオカならカップ1杯5ドルで売ってくれるそうですが、
消費期限があるなら乾燥した状態のものがほしいの。それは売れないとの事。


各店舗も一括で業者が持ってくるからどこで買えるかわからない、
「今度業者に聞いてみるよ」とマネージャーさんが言ってくれたので


「じゃあさ、連絡先教えるからわかったらメールして」

と、図々しく頼んで帰ってきました。どんな返事が来るのかしら。
そもそも返事来るのかしら…


黒いタピオカがどこで買えるかなんてどうでもいい情報ですが、返事が来たらまたここでお知らせします。
ほんと世話に焼ける旦那さんだ。。。



Comment:10  Trackback:0
2012
10.16

レストランウィーク:Absinthe

シンガポールでは春と秋にAMEXカードが主催しているレストランウィークというものがあります。
ランチは$25++、ディナーは$35++(店によっては+20$かかる)でコースが食べられます。

春に経験してみてわかったことは、
アラカルトで食べた方がよいレストランだったり、ランチで25$というのは通常料金だったり、
「ちょっちょ、あの店参加してんの?」というレベルだったりとトラップが多いのも事実です。

なので今回はどうしても行きたいと常々思っていたところに空きが出たら行こうと、
自分なりに賢いだろうと頷くようなチョイスをしました。


ボートキーという川沿いにあるフレンチ、Absinthe というお店。
普段はディナーコース98$だけど、レストランウィークは55$だし←このへんが賢いと自負。

PA135304.jpg  PA135325.jpg


せっかく川沿いなのでテラス席のマリーナベイサンズも見える雰囲気のいい席ゲット!!
涼しくていいきもち。

今回のメニューはこちら。魚と豚肉は豚肉をチョイス。

                   PA135329.jpg


イタリアンデザートの教室のあとにうみ定食さんに「今日、アブサン行くの」と言うと
「わたし明日行くよ」と。行動パターンが似てるのかしら。
なので、お料理の雰囲気やいいところポイントはうみシュランがきっとアップしてくれると思うのでお任せして…


私たちの舌にはこれらの高尚なお料理はどうも口に合わなかったようで、
自分たちの舌レベルの低さにがっかりして帰ったという結果に。ぐすん。

PA135334.jpg  PA135335.jpg

前菜のホタテのカルパッチョとロブスターのスープ。
ロブスターはエビさんの仲間なのでダメかと思ったけど、案外飲めました。

その後にメインの豚肉。

                    PA135339.jpg

これはね、油っぽすぎて半分以上残してしまった。ごめんなさい。
食物吸い取り機のようにガツガツ食べる旦那さんからも辛口コメントをいただき、だいぶご不満の様子。
期待して行ったからなのかなぁ、いや私たちの舌レベルがアブサンに達していなかったのだわ。

ふたりして「今日は大戸屋にすればよかったね、コメ食べたいコメ」
という情けない感想を言い合って終わってしまったのでした。う~む、残念。

その後、夕飯に満足しなかった旦那さん

「ムスタファにベルトを買いに行く!!」と言い出して、(実はその日の昼間にもムスタファに行ってベルトを見たんだけど買わなかった)土曜日の夜、激混みのリトルインディアに突進してベルトを買ったのでした。

旦那さんの食欲が満足しなかったけど、購買欲がムスタファあたりで満たすことができてよかったです。
どうしてベルトをムスタファで買いたかったのかはわかりませんが、お財布に優しい旦那さんです。


Absinthe Restaurant Francais
72 Boat Quay, 049860
+65-6222-9068


Comment:2  Trackback:0
2012
10.15

Osvaldo氏のスイーツ教室

コミュニティセンターの講座はほとんどがコミュニティセンター内で行われます。
この前のカレー教室みたいに家庭科室みたいなところでやる感じ。

でも今回の講座は珍しくレストラン、しかもOsvaldo氏のAMARONEでやるというじゃないですか!!
これは行かなきゃ損ソン、うみ定食さんを誘って行ってきました。

イタリアンの講座も少し前にあったのですが、私が存在に気付いた時にはFullBook。
デザートの方に行きました。

AMARONE自体行くのは初めてだったのですが、店内は

                     PA135299.jpg


天井が高くて開放的。
そしてワイン瓶がぎっしりとディスプレイされてカジュアルだけど洗練された感じがしました。
講座の前にまず

                     PA135265.jpg

厨房の見学。
土曜日のランチタイムはやっていないのでみんなで入らせてもらい、
オーブンの説明や厨房のスタッフの役割なんかのレクチャーを受けました。


今回はイタリアの代表的なデザート「ティラミス」と「ザバイオーネ」の作り方を学びます。

                     PA135271.jpg

Osvaldo氏はシンガポール国内でNomenuなど4店舗を手がけており、
その店舗ごとに自分の奥さんや娘さんが働いています。

今回はデザート担当の奥さんが教えてくれました。
Osvaldo氏は(優秀な?)助手にまわります。

                     PA135287.jpg

この夫婦、本当に仲がよくて、掛け合いが夫婦漫才の如く非常に面白く楽しい会になりました。

デモンストレーションをしてくれたあとはいよいよ・・・試食です。

PA135277.jpg  PA135290.jpg

「ティラミス」は1日前に作っておいてもらったものに最後の仕上げでチョコレートパウダーをかけていただきます。
1日おいたので、ビスコッティにコーヒーが染み渡わたって(でもぐっちょりしない)美味しかったおかわりしました笑

「ザバイオーネ」はイタリアの温かいデザートで
たまごと砂糖とスイートワインを湯煎しながらクリーム状にして食べるもの。

こちらに使った甘いワインが惜しげもなくふるまわれて

                    PA135298.jpg

うみさんは2杯も飲んでましたよ~

レストランにいってもシェフと話す機会はほとんどないから、料理人の人となりを知ることができてよい経験でした。
Osvaldo氏も奥さんもほんと気さくで陽気でこの二人が奏でるイタリアンはぜったい美味しいんだろうなと感じました。
こんどはぜひ食事に行ってみたいなぁ。

Ristorante AMARONE
#01-18 Capital Tower
168 Robinson Road 068912
+65-6423-0464



Comment:0  Trackback:0
2012
10.12

バナナチョコベーグル

うちは夫婦ともにあまりフルーツを食べないのですが、南国に住んでるんだしフルーツを飾ってこんな家にしたい!!
あくまでイメージ画像

                    PA065053.jpg

という願望が働いたり、「朝フルーツを食べると酵素がほにゃらら…」と聞くし
シンガポールに来てからはフルーツをよく購入します。

でもフルーツを定期的に摂る習慣がないので、キウイが柔らかくなってあわてて「1人2個ノルマ」で一気に食べたり、
ごめんねごめんねをすることもあります。

今回は完熟をとっくに通り越してしまった黒々したバナナがレンジの前に放置されていたので、
よみがえらせるべくチョコバナナベーグルを作りました。

                   PA115235.jpg

バナナの良い香りがします。
そして中にはがっつりとチョコレートをぶち込みました。

ひとつ小さいのを作って味見したところ、やっぱり焼きたては美味しいので
「もうひとつ・・・」とか言って味見ではなく食事になってしまいました。

今度やわらかーくなったキウイやプラムはヨーグルトと混ぜてジュースにしてみようと思いました。
というか、そうなる前に早く食べよって話なんですが



Comment:0  Trackback:0
2012
10.11

景勝軒@グレワの試食会に参加する

麺リフトの特訓に余念がないわたしですが、そんなわたしのために(?)
景勝軒がグレートワールドシティの恵比寿星商店街の中にもできたという事で、試食会にお誘いいただきました。

チャンギ空港のオープンの時にもお話をいただいていたのですが、
生憎伺えず残念無念と思っていたところのグ・レ・ワ!!
空港に行くよりも近いし嬉しいなと、うみ定食さんと一緒に行ってきました。


PA105234.jpg  PA105204.jpg

グレワの1階に吉野家などが集まる場所があり、そこに恵比寿星商店街はあります。
恵比寿星商店街には魚昌・毘沙門といった和食レストランが入っており、その一角に景勝軒が新たに入ったのです。

群馬からシンガポールにやってきた景勝軒。
試食させていただいたのは白らーめん・黒らーめん・赤らーめんの3種。

まずは白らーめん。

                   PA105213.jpg

一番スタンダードな豚骨味。美味しい~
わたしは3種類の中ではイチバンこれが好きかな。
細麺で、ロース肉のチャーシューがあまり油っぽくなくて、わたしの口にずるずると入って行きました。
昼食も抜いて気合い入れて行ったので、思わず汁まで飲みそうになりましたが、まだ出てくるのでここは我慢!

つぎは黒らーめんと赤らーめん。

PA105218.jpg  PA105226.jpg


黒は焦がしニンニク油の「マー油」を合わせた黒い肉みそがトッピングされていて、香ばしい匂いがふわり。
赤はピリ辛の赤い肉みそのトッピング。担担麺みたいな辛さで食欲増進されます。

味噌はちょっとずつ混ぜて食べるのが美味しいですな。肉みそでトッピングされているので、

「あ゛ぁぁぁーここまでで黒くなるのストップ!!」

と思ったところで味付けを止められるのがよろし。


そして今回の麺リフト~!!

                   PA105230.jpg

今回はうみ定食さんと一緒だったから手伝ってもらおうと思ったら、
いつもは優しいうみさん、「自分でやりなさい」とピシャリ。

そうなんです、麺リフトは右手で麺を持ち上げ、左手でシャッターを押す難解な技なのです。
麺リフトの道は険しく孤独なのです。ふむふむ、まだまだです。

味噌味の橙らーめんがメニューにあり、それも楽しみにしていたのですが
今回はここで打ち止め。

なのでメニューより。オレンジらーめんって書いてあるけど、これが味噌味。
味噌は麺同じ太さなのかな~、太いのかな~、これは次回のお楽しみです。

                   PA105210.jpg

景勝軒、チャンギまで行くのはちょっと…って思っていた方、グレワにもできたのは朗報ですよ!

いやぁ、ラーメンって本当にいいもんですね。

景勝軒@ Great World City
#01-21/22 Great World City
1 Kim Seng Promenade 237994
+65-6235-6190





Comment:0  Trackback:0
2012
10.09

カペラホテルに泊まる

わたしはシンガポールに住んでいながらシンガポールのホテルに泊まったことがありませんでした。
なので日本の皆さん「おすすめのホテルは?」と聞かないでください。

しかしここにきて初ホテル宿泊を果たすことができました。
セントーサ島にあるカペラホテルです。

                   PA075172.jpg


突然ですが今日はわたしたち夫婦のはじめての結婚記念日です。
なので、そのお祝いに連れて行ってもらいました。
結婚記念日でホテルに宿泊なんて、きっと1回目くらいで来年からお互い忘れるんだろうと思うのですが
そんなことはともかく本当にいいホテルでした!!

PA075177.jpg  PA065076.jpg


ホテルはシンガポールとは思えないほどの静かさ、清潔さ、しっかりした構造、スタッフの教育具合とを兼ね揃えており、ひたすらホテルの中で過ごそう、ゆっくりしようと思っていた私たちにはピッタリでした。

チェックイン時間の前に行った私たちは、まずLibraryと呼ばれているラウンジでお茶とお菓子で
くつろぎながら時間を過ごしました。

                    PA065027.jpg

1時間ほどくつろいで、チェックインしたらなんとアップグレードされていました!
ひょっとして旦那さん?と思いましたが、違ったようで普段の行いがよかったという結論になりました。

バスルームからは海が見え(タンカー船ばっかだけど 笑)なんだか広ーい最上階のゆったりとした部屋でした。

PA065035.jpg  PA065038.jpg

バルコニーに出るとこんな景色。

                    PA075142.jpg

昼寝してプールへ泳ぎに行きました。
客室数が比較的少ないのもあってホテルの中がごみごみしていないし、スタッフ一人一人の各ゲストへ気配り目配りが行き届いていると思いました。

夕食だけはホテルの外に出ましたが、そのあとバーに行ったりLibraryでくつろいだり、
部屋でクラシックを聴いたり(←普段ではあり得ない)して「ホテルの中で時を刻む」という贅沢なことをして

「これが金持ちの道楽なんじゃないかしら」とかなんとか言って、なんちゃってお金持ちに浸ってみました。

朝食はゆっくり起きた後に、くじゃくが歩くプールサイドで。

PA075149.jpg PA075157.jpg PA075152.jpg

ホテルに泊まるというと旅行の時になるので、どうしても観光や遊びで疲れて寝るだけという感じになりますが、
敢えてホテルに滞在するという贅沢もあるのだなぁと思いました。

                   PA075183.jpg

結婚1年目という節目だったので、妻として夫としての自己評価やお互いの評価、これからのこともいろいろ話せて
とってもいい滞在になりました。

Capella Singapore Sentosa
Sentosa Island, 1 The Knolls  098297
+65-6377-8888




Comment:4  Trackback:0
2012
10.08

ファーマーズマーケットに行く

外国はよくなんちゃらマーケットみたいのをしています。
土日の朝早くから野菜を売ったりジャムを売ったり・・・日本でも六本木とかでやってるらしいです。

土日の朝なんてだいたい寝てるので行きそびれるんですが、せっかく外国に住んでいるので
朝市に行ってきました。
朝市とはいえ8:30~14:00までやっているらしいです。

                     PA065016.jpg

デンプシーの近くの道をぐんぐん行ったところにありました。
The Pantry Cookery Schoolというところが主催しているようです。

到着すると欧米人がたくさんいて、さすが私たちとは違う暮らしをしているなぁといった感じでした。
売っているものは

PA065003.jpg   PA065006.jpg

野菜や花、手作りジャムや手作りケーキなどが並んでいました。

PA065011.jpg  PA065013.jpg

わたしは他のマーケットに行ったことはないけれど、きっとすごく小規模なファーマーズマーケットなんだと思います。バザーのようにアットホーム感抜群の朝市でした。

周りには遊具がたくさんあったので子どもははしゃぎまわり、大人は椅子に座ってゆったりと朝食をとっていました。
                       
                      PA065007.jpg

わたしは売っているカップケーキやマドレーヌの試食をして、手作りジャムをパンに塗って試食をして、健康ドリンクの試飲をして、手作りパスタの試食をして……帰りました。

いや、あの、そのままお出かけだったから野菜とか買えないし、ね…笑
つぎ、次行ったとき買うための練習に、練習に行ったの、ははは。




Comment:2  Trackback:0
2012
10.06

念願のタルトのお店にたどりつく

以前、高島屋の期間限定特設会場で販売していたタルトケーキ。
そのとき友だちの間でちょっと話題になって、わたしは試食に通っていただけだったんだけど(本性丸出し)
やっぱ食べたいなぁと思っていました

でもなんせお店はウエストの方の行きにくい場所にあるし、持ち帰りのみだからこの暑さ溶けるでしょ、
と思っていたところ、Beach Road沿いに移転したとの情報が!
そしてイートインスペースもできたというではないですか~

                    
というわけでてくてく。
甘いものを食べるんだからとちょっと手前のバス停で降りててくてくてくてくてく。

                   PA034979.jpg

こんなカワイイ看板が迎えてくれました。
あづい、暑いといいながら店内へ。

PA034990.jpg  PA034985.jpg

こじゃれた腕時計やアクセサリーが売っているお店の中にカフェがあり
そこでタルトはいただけます。
その奥はネイルサロンになっていました。

カフェは数席しかなく満席だったのですが、うろうろしているとアメリカのオバマ大統領に
そっくりのおじさんが「もう出るよ」と席をゆずってくれました。

PA034983.jpg PA034984.jpg

タルトはちょっとずつだけどほとんどの種類が残っていました。
せっかくイートインで食べるんだから、持ち帰ったら溶けてしまいそうな

                     PA034986.jpg

チョコレートタルト。
はぅぅ、美味しい。。幸せな時間を過ごしたのでした。
その後も40分歩いて罪悪感をちょっと消してみました。え?帳消しには足りないって??

この暑いシンガポールでもケーキを持ち帰れるようにもっとお店が工夫すればいいのにー!

Windowsill Pies
41 Beach Road 189680
+65-9004-7827



Comment:2  Trackback:0
2012
10.05

3店舗目の麺屋武蔵に初挑戦!

またまたBounaVistaモールの話題ですが、
ガリガリくんを受け取りにいったついでにシンガポールで3号店になる麺屋武蔵に行ってきました。


                    PA034993.jpg


ラーメン好きの私としてはラーメンをついでなんて大変申し訳なく断腸の思いでありますが、
ガリガリくんには勝てないのです。

ラッフルズシティやIONにも入っていていつも長蛇の列なのを見ていましたが、
こちらはまだ知られていないのかな、夕飯の時間にはちょっと早かったこともあり、ガラ空きでした。

                    PA034995.jpg

麺屋武蔵のラッピングバスまで走るシンガポールで閑古鳥武蔵も珍しい光景です。

PA034994.jpg  PA034997.jpg

なんかふにゃふにゃたくさんあるメニューの中から、白のチャーシュー麺を。
だって一番先頭に書いてあるってことは、いちばんウリって事かしらと、ちがうのちがうの?

チャーシューがわたしにはちょっとこってり過ぎたけど、全体的には好きな豚骨風味で
麺もつるこしで美味しかったです。でも豚骨にはやっぱりもう少し細麺の方がいいのかなぁ。
一風堂とか一幸舎の方がどちらかというと好みかな。


あ、そうそう。
日本のラーメンブロガーさんは、ラーメンの写真を撮るとき麺を持ち上げて撮るらしい、
そしてこれを「麺リフト」というらしい、と学習。

なのでわたしも麺リフトー!!

                     PA034999.jpg

うーむ、まだまだリフト具合が足らんな。
ラーメン大好き小池さんのような、麺の揃ったリフトが目標224837.gif
修行、そして修行ナリ。


麺屋武蔵
#B1-08 TheStarVista
1 Vista Exchange Green 138617
+65-6694-2515



Comment:6  Trackback:0
2012
10.04

ガリガリくんにぞっこん

週末にBounaVistaのショッピングモールに行ったばかりなのに、また行きました。
というのは・・・

ガリガリくんchara010-1.gifに憑りつかれたから!!デス。

こちらのモールにはJ-martという日系のスーパーがあります。

                     PA035000.jpg

値段はまぁだいぶ高いですが、

写真 (3)  写真 (5)

飲み物だったり、冷凍食品だったり多くの種類の日本食がおいてあります。
シンガポールは便利ですねぇ。

味噌ひとつとっても種類がこんなにあるし、ほっけやワタリガニの冷凍なんていうマニアックな商品も並んでいました。
味噌の種類で言ったら明治屋とかより多いんじゃないのかなぁ。

写真  写真 (4)

そのスーパーで週末、ガリガリくんを見つけたのです!!
シンガポールにガリガリくんを輸入すべきだと声を大にして訴えてきた(大げさ)わたしにとって
夢のような対面
地に足がつかないふわふわした気持ちになり、「これ買う!!」と旦那さんに叫びました。

旦那さんはその勢いに若干引き気味で「じゃあ、昼ごはん食べたら買って帰ろうね」と。
昨日の記事のスープパンを食べに行ったのでした。


そしてJ-martに戻ってみると・・・・

                     写真 (2)




ない!?ないないないない!!!
さっきまであったガリガリくんがない!!!

陽気な看板だけがさびしく刺さっていました。
旦那さんにガリガリくんの在庫を聞いてもらうと、もうウリキレ

さっきまであったのに・・・。
オソルベシ、ガリガリくんの人気。。シンガポール全土に輸入措置をとるベシ!


「次にいつ入荷するか聞いて!」というわたしにますますドン引きの旦那さん。
するとお店の人が「次入荷したら電話しようか?」と。

「そこまではいいよね・・・」と旦那さんが言い終わる前に、わたしはレジに行って名前と電話番号を書いていました。

「あり得ない!お義母さん(わたしの母)にいいつけてやる!!」とドン引きを通り越して
怒りに達した模様の旦那さんを置いてJ-martをあとにするわたし。


そして後日やっと電話があったので、こんどは
「夕方までに行くから、わたしの分取っといてね」とちゃっかり取り置きをお願いして

                    PA035002.jpg

やっと入手しました
おめでとう!!わたし!!!
うししししー笑いが止まらん!!!


Comment:8  Trackback:0
2012
10.03

BounaVistaのショッピングモールに行く

旦那さん、どうやら体脂肪率が減ってきたようで嬉しくなって歩いたりするようにもなりました。
そこでBounaVistaにできたばかりのショッピングモールまで歩いて行ってみることにしました。

炎天下の中歩いてわたしは首の回りが汗だくになり、アゴと首の間に汗が溜まりお相撲さんのようになりながら
必死で歩きました。

P9304829.jpg   P9304848.jpg

シンガポールのこういう施設は「オープン!」とかいっても一斉にお店が開店するわけじゃなくて、
完成したお店からぼちぼち始めるかみたいなゆる~い雰囲気なので、
7割できていたのを見て「やるなぁ」と感心しました。

ほとんどがレストランで、家具屋さんや東急ハンズみたいな便利収納グッズが売ってるお店もありました。
もうすぐ映画館もオープン。

日本のレストランも入っていて

P9304831.jpg P9304909.jpg P9304845.jpg

和民でしょ、麺屋武蔵(シンガポール3号店)、五右衛門パスタがあったかな。
板長寿司や日系パン屋のfour leavesもあるし、スーパーもある。
毎日の生活にもなかなか便利スポットだなとおもいました。

私たちのお昼はスープのレストラン。
パンの中にスープが入っていて一緒に食べます。

P9304959.jpg  P9304965.jpg

わたしがカワイイカワイイを連呼して食べているのに対し、旦那さんは物足りない様子。
デザートを食べていました。

                       P9304969.jpg

仙草ゼリーのデザートで、「台湾No1!!」と書かれていましたが、日焼止めでも美白化粧水でもあんまり知らないものが
「日本No1!!」って書いて売られているシンガポールではあんまり信用ならないよねとおもいつつ・・・

でも美味しかったです


The Star Vista
1 Vista Exchange Green 138617
+65-6694-3111




Comment:2  Trackback:0
2012
10.02

ココット

最近、また新しく友だちができました。

シンガポールに来る前は「友だちが全くできなかったらどうしよう」と不安になり
友だちを作るには「笑顔か??」と、鏡の前で
大笑い・笑い・微笑み・愛想笑いに見えないように愛想笑いをする等々練習してみたりもしましたが、
そんなことは無用でした。周りの方々に感謝です。

                     P9274813.jpg


その方には「ココット」という、なぜリトルインディアに!?
というようなおしゃれなフレンチビストロでお会いできました。

家を出るとき、いつものように管理人に捕まってどこに行くんだとか、そこに行くならバスの番号違うんじゃないかとか
茶々を入れられて遅れるかと思いましたが、無事到着。

P9274814.jpg   P9274815.jpg

とてもリトルインディアとは思えないオシャレスポットでした。
ランチコースからスープとソーセージを選んで

P9274822.jpg   P9274825.jpg

相変わらずおしゃべりし通しの女性4人。
わたし以外は皆さんお子さん連れで、未知の世界の話やためになる話をたくさん教えていただきました。
有益すぎて学生時代には一切思うことのなかった「録音しておけばよかった」という後悔をしました。

                    P9274827.jpg


異国のシンガポールでたくさんの友人に恵まれて幸せだなぁと感じた日でした。
これからもこんなわたしですが、よろしくお願いします

Cocotte
2 Dickson Road
+65-6298-1188


Comment:2  Trackback:0
2012
10.01

お誕生会

おたんじょう会に行ったのはたぶん小学校5年生が最後だったかな。
小学生のころは誕生会やりたくてしょうがないんだけど、お母さんは大変だったと今更ながら思う。
だって料理作っておもてなしして・・・ひと苦労でしょ、腰痛悪化するって

だから私には人をもてなすとか、到底無理だと思う。
だけど自分の誕生日にたくさんの友だちを家に呼んで、素敵なお料理でもてなしてくれるという

「もしかしてわたしが祝われてるんじゃないか」と錯覚する会に参加させていただきました。

                    P9264791.jpg

piromiさんとYukoさんの合同誕生日会。
主賓なのにホストのpiromiさん、朝から一生懸命作ってくれました。

わたしは生ハムを買っていくという大役を仰せつかり、意気揚々と到着したころには
既にステキマダムたちが下ごしらえを済ませてくださっていました。

ご自宅で作ってくださった方もいらして、美味しいものいっぱいで
自分で買ってきた生ハムをつまみ食いなどしていたわたしは皆さんに頭があがりませんです、はい。


P9264797.jpg   P9264798.jpg

本当におもてなしできる方は素晴らしい、うちにはこんなん地球がひっくり返ってもできないよね
という意味でこの写真を旦那さんに見せたところ

「10人位いたのにこれだけでお腹いっぱいになるの!?」と

焦点のあっていない発言をしていて悲しくなりました。
この人の誕生日は吉野家の牛丼を10杯くらい注文して終了しようと固く心に誓いました。

                    P9264809.jpg

美味しいケーキやマカロン、パウンドケーキにアイシングクッキーまで出てきて
シンガポールの奥さまはなにかスキルを身に付けていない人はいないんじゃないかとおもうほど
素晴らしき会でした

そして主賓のお二人は交友関係も広いので、わたしもここで色々な方を紹介していただき
一気に友だちが増えました。

本当に楽しかったです。ありがとうございました。
そして、改めてお二人おめでとうございます



Comment:4  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。