--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
05.30

『リンチーベジタリアン』でベジタリアンになる

私は言わずもがな肉食系女子です。

しかし肉ばかり食べでいると「肉食系」なんて流行りのことばではなくて
ただのブタになってしまうので、精進料理のお店でご飯を食べることにしました。

といってもだいぶ前の話です。
忘れていたのですが、このブログは私の備忘録も兼ねているのでご了承くださいませませ。




『リンチ―ベジタリアン』というお店。
ウィーロックプレイスというビルの隣の建物にあります。

                   P5102692.jpg

ベジタリアンって名前についてるだけあって、お肉は料理の中に入ってなかったようです。

というのは、話に夢中であんまり料理の中身まで覚えてないのです
たぶんヘルシー。でも中華料理だから油で揚げてあったり、これはヘルシーなのか否か・・・

P5102698.jpg P5102701.jpg

スープには「燕」って書いてあったので燕の巣のスープなんじゃないかと。
だいぶあいまい

デザートには

                  P5102703.jpg

なんかあんずとクラゲみたいのはいってた。

とにかくあいまい情報ですみません。
百聞は一見に如かずなので行ってみてくださいな

点心のテイクアウトもしてました。


                   P5102695.jpg

なんでも胃袋に吸収してしまう私ですが、シンガポールの食べ歩きおやつみたいのはちょっと苦手かも。
朝から油で揚げたカレーパイを現地の人はおいしそうに食べてるけど、私は午後以降に食したい一品ですな~。

ごちそうさまでした。


Ling Zhi vegetarian
Liat towers
541 Orchard Road #05-01/02
238881
+65-6734-3788


スポンサーサイト
Comment:2  Trackback:0
2012
05.29

Ochre

休日のオーチャードに買い物に行きました
新宿とか渋谷にはかなわないけど、休日のオーチャードは混んでいてちょっと苦手です。

でも旦那さんというお財布を連れて行かなければならないので、大きな買い物をするときはお休みの日になります。
旦那さんは最初の方は黙っていい子に私についてきます。
でもお腹がすくと「暑い」とか「お腹すいた×50(カケルゴジュウ!)」とか今の小学生も言わないだろうという発言をしだすので困ります。


オーチャードからサマセットまで買い物しながら歩いたら腹ペコに耐えられなくなったようで、騒ぐのを通り越して黙りこんだので、これは早急に手を打たねばと、オーチャードセントラルというビルに入っているOChreというイタリアンレストランに行きました。


そこでは前菜とデザートはビュッフェでメインだけ運ばれてくる形式でした。

P5272963.jpg P5272964.jpg

チーズと生ハムがとてもおいしかったです。

私はそのレストランに友だちと2度ほど行ったことがあったのですが、予想外に美味しかったらしく旦那さんは、

「平日に旦那は働いているのに、こんなおいしいもの食べてるのか、オレは主夫になる!!」
と宣言していました。
旦那さんが主夫になったあかつきには、シンガポールの奥様方、友達になってあげてください。

デザートも素敵なケーキのオンパレードでした

                  P5272965.jpg

「たまには美味しい外食もいいね」

と旦那さんが言ったので「そうだね」と合わせておいたら、

「平日も食べてるくせによく言うわ!!」

と最後まで主婦生活をねたまれました


OChre
181 Orchard Road #11-03/04
Orchard Central
238896
+65-6634-0423


Comment:0  Trackback:0
2012
05.28

FITFLOPを買う

「履くだけでヒップアップして痩せる」

という夢の様なうたい文句で有名なFITFLOPという優れものサンダルがあると聞きました
そしてその履き心地は一度はいたらもう一足ほしくなるようなスバラシイものだとも。

「これは買うっきゃないでしょ!!」

                  
                   P5272958.jpg


でグレートシンガポールセール開始を待って入手。

家の近くの靴屋さんでもともと119$だったのをグレートシンガポールセール中だから10%引きで107$、
それを「ニコニコ現金払いにするから~」とかいって105$にまけてもらいました
日本円で6500円くらいかな。

そのお店に何度か下見に行っていたのを店のおばさんが覚えていて

「何度も見に来てたね、やっと買う決心ついたのね」

と言われてちょっと恥ずかしい思いをしました。セール開始を待ってたんだって

どこでだれが見ているか気が抜けませんなね。
この間も近所のスーパーに旦那さんと行ったら

「いつもは一人なのに、今日は旦那さんが一緒なのね」とレジのお姉さんに言われ、やっぱり日本人だから目立つのかなと。


常夏のシンガポールでは毎日サンダルだから履きやすいものがいいよね。
これは、ビーサンの指の割れ目のところがいくら履いても痛くならないんだそう。
理由はしらないけど。



しかも付いていたタグに
FREE FROM BACK PAIN(背中痛くならんで~)って書いてある!!

背中やら腰やら痛いおばあちゃんの私にはぴったり

記念すべき今年のグレートシンガポールセール1品目となりました。
次はキッチン用具に照準を合わせて・・・どんどんいくよ!!


Comment:6  Trackback:0
2012
05.27

テニスをして虫を食べる

夜テニスに行きました。

                  
私たち夫婦の共通の趣味はテニスです
といえば、さわやかな風が吹く家庭のイメージでしょ。

シンガポールの昼間は死ぬほど暑いので昼間にテニスをすると、まるコゲになります。
なので夜テニスです。

今回はいつも取るテニスコートがいっぱいだったので、『ちょーちゅーかん』という地区の運動場に行きました。
北部の方でちょっと遠かったです。

                    
                     P5262956.jpg

隣のコートでは男性コーチが赤いスコートをはいた女子3人に特訓をしていました。
皆の者、羨ましがるでない

私たち夫婦は、いつもウォームアップをした後だいたい私の練習になります。

ボールを旦那さんが出して、私がストロークを打つ。
そして目印の筒をコートに置いて、それを狙う。その筒にあたるまで打ち続ける…というような
はっきり言って鬼です

「絶対ドSだよ、こいつ…」と思いながら言われるがままに打ち続ける私はドMなのか

そのあとにゲームをします。
旦那さんはテニスが私よりお上手なので、ハンデがあります。
30-0から始まります。

ハンデをもらっても負けると地球をひっくり返してしまうくらい悔しいです
少しくらい手を抜いてくれてもいいのに、そうしないのはきっと私にくらいしか勝てないからだわ!きーっ!!

負けた方が、その日の晩に相手をマッサージをしなければならない罰ゲームが待っていますが、
私は2回その罰ゲームを無視したので、旦那さんをマッサージしなければいけない義務が2回残っています。


そんな感じで『ちょーちゅーかん』でも楽しくテニスができると思ったら、
ここにはおっきな羽アリがたくさんいて、サーブを打とうとすると目の前をぶんぶん横ぎります。
旦那さんのシャツの中にまで入ってきて、イタタイタタやっていました。

わたしは羽アリが服の中に入ってきて、この美ボディに傷がついたらイカン(笑)と思い、
人目をはばからずシャツをインしました。


私はテニスをして集中すると、だいたい口が開いてしまいます。
それを見て対戦相手がふき出して負けてくれないかなといつも思います。

しかし今回はそれがあだとなり、口の中にコバエが入ってきました
とっさに口から出しましたが、よく見ると体のあちこちに虫がついているではありませんか!!

モテ期到来です。

もうげんなりして、早めに切り上げて帰ってきました

シンガポールのコンドミニアムはテニスコートが併設されていることが多いのですが、うちにはありません。
鯉の銅像の口から水が出てくる気持ち悪いプールしかないので、それを取り壊してテニスコートを作ってほしいと思いました。


Comment:7  Trackback:0
2012
05.26

ボートハウスでランチタイム

毎日のように食べ歩いてしまってお小遣いが底をつきそうです。

私はシンガポールのクレジットカードは持たせてもらえていないのですが、旦那さん正解です。アナタ正しい。

あまり無駄遣いすると

「実家の(私の)おばあちゃんにチクる」と旦那さんに脅されます。

やっぱり時代ですね、祖母は「倹約して主人の内助の功となる」事が当然と考えているので、散財していることがバレたら怒られるのです

旦那さんはそれを知っていてこの手をよく使われます。


**********************************

しかし、懲りずにまたランチに行ってきました
フードファイターの面接うけたら受かるかな(面接あんの?)

                     
                      P5172836.jpg

マーライオンパークの裏にある、『ボートハウス』というところです。

「グーグルで地図を調べたら矢印が海の上にあった」と友達は困惑していました。
そうです、シンガポールリバーのほとりに位置しているのです。奥さま、困惑することなかれ。



                     P5172842.jpg

こんな素敵なんですのよ、のほほほ。


前菜はスープ、メインは魚、デザートはチョコレートを選びました。

P5172845.jpg P5172846.jpg P5172847.jpg

前日に冷蔵庫からチョコを出して食べようとしたところ、旦那さんに咎められ食べれなかった苦い思い出をこのチョコレートケーキが打ち消してくれました。

しかし、このチョコの中にはパチパチパンチが入っていて、口の中からパチパチ音がしました
まるで、連日食べる私を戒めているようでした。


日本のおともだちさま、シンガポールに来るときに行きたいレストランの参考にしてもらえたら幸いとがっつりレストラン情報載せてます。ということにしといて
←こんなわたしに会いに来てね。

Boat house
3 Fullerton Road #03-01
The Waterboat house
049215
+65-6538-9038


Comment:4  Trackback:0
2012
05.25

インドカレー教室

パン教室に続いて、インドカレー教室に参加しました。
地域のコミュニティーセンターの講座です。
西洋人3人、日本人3人、シンガポール人7人にインド人が教えてくれるという国際色豊かな教室でした。


                  P5232938.jpg


メニューは「バターチキンカレー」「プラタ」「マンゴーラッシー」です。

「まずはチキンをスパイスでマリネして6時間おきます」


               P5232944.jpg P5232946.jpg


と言われ、何種類もスパイスを見せられた時点で

「あ、もう無理とあきらめの境地。うちで作るのを早々と断念しました。


長所: あきらめが早い。
短所: あきらめが早い。



もうマリネしてあったチキンをオーブンで焼いて

                   P5232940.jpg


うーん、いい匂い!!

シンガポールの方々はとても熱心に質問されていました。
しかしレシピに書いてあることを聞いたり、同じことを別の人が繰り返し聞いたりするのでさっぱり授業が進みません


先生:「スプーンで鍋の中身の味見をしたら、口に入れたスプーンは鍋に戻さないでください」

生徒:「なんでですか~?」

みたいな微妙な質疑応答が繰り返され、日本人苦笑い
シンガポールでは朝昼晩ぜんぶ外食家庭も多いので、食事を作ることに慣れないからなのかな。



しかも先生が乗ってきた車が駐車場で当て逃げされたとかで、授業一時中断



3時間の授業中、実際作っていたのは1時間くらい、あとは全然違うこと喋ったり、
教室をふらふら立ち歩いたりゆる~い感じで進みました。

                    P5232950.jpg

なんとかカレーも出来上がり、プラタは各自でマイプラダを手づくり。

                    P5232952.jpg


プラタを作る前は皆で手を洗ったのですが、洗った直後に先生が

「あ、材料費の6ドル回収し忘れた、いま出してくださ~い」

と言い始め、支払い。そのあと手を洗いなおしていたシンガポールの方はいなかったような…?
私のプラタさえ清潔であればもうそれでいいわ。


自由です。地域のコミュニティセンターだなという感じ。
日本の料理教室がいかにちゃんとしてるかがわかりました 笑


でも味はとってもおいしかったですよ

                  P5232954.jpg





Comment:0  Trackback:0
2012
05.23

パン教室@メゾンカイザー

メゾンカイザーのパン教室イベントに行きました


                     P5222925.jpg

日本のメゾンカイザーの木村社長さん直々の手ほどきです。
木村さんはあの銀座キムラヤのご長男でもいらっしゃいます。

私のパン好きは白金のメゾンカイザーで出会った「さつまいもパン」からなので、超感動的なひと時でした



まずはパン売り場の裏のキッチンに入らせてもらってパンをこねる機械を見たり、酵母の味見をしたり。
ふむふむ。

そのあとは実際こねて形を作りました。粉がいっぱい積んであるよ。
           
                      写真

自由に成形してよし。私には芸術的センスなし。
粘土遊びと間違えているのではありません。

                   P5222927.jpg


そしてこいつは「うさぎ」です。コアラでもブタでもクマでもなくう・さ・ぎです



つぎは、クロワッサンの成形。
クロワッサンは自分で作ろうとすると果てしなく時間がかかります
だからたぶん一生作りません。

メゾンカイザーのクロワッサンは96層からできています。
親切なことに生地はもうでき上がっていて、私たちはそれをくるくるして自分が作った気になれます。

             写真 (2) 写真3


このほかにパン・オ・ショコラも作って、チョコレート入れ放題でした
ここぞとばかりにチョコの棒を生地に押し込む。


そして自分で作ったパンはずんずんとオーブンに入っていきます。
わが子を見守る気分。無事に戻っておいでよ~。

                   P5222923.jpg



フルーツ盛り放題のデニッシュまで作らせてもらいました

                    P5222918.jpg


最後に焼きたてのクロワッサンとパン・オ・ショコラをコーヒーとともにいただいて終了。

                  P5222921.jpg

美味しすぎるパン教室でした。

パンって人を幸せにできるよね~、よし私もガンバロウ!
木村社長さんはとても気さくな方で、パンの味に人柄が出るんだって思った。


ちなみに自分でくるくるまいたクロワッサンは後日取りに行きます。
1回で2度美味しい


ホント楽しかった~、日本でもパン教室やってるらしいですよ



Comment:2  Trackback:0
2012
05.22

ちょんばるに行きたいの!

うみ定食。さんのブログを見ていて、「チョンバル」というエリアになにやらオサレなものがたくさんあるらしいという情報をGETしました。

もうこうなったら行きたいの、行きたいと思ったらど――――――――――しても行きたいの!!
行きたいと思ったのが週末だったら旦那さんを引き連れてもなんでもどうなっても行きたいの!!
来週じゃイヤなの
こんな風に育ってごめんね、旦那さまそしてそれを隠して結婚して更にごめんね



というわけで、なんかオシャレそうな匂いのするちょんばるに行ってきました。

まずは40Hands

                     P5192854.jpg

人の受け売り情報を、あたかも自分が出店したかのように雄弁に演説しながらコーヒーを飲む。
う~む、美味。

                     P5192862.jpg


そして、向かいにあったベーパーバックと雑貨のお店へ

P5192870.jpg P5192873.jpg P5192875.jpg

「literature(文学)」をキーワードにちょっと変わった本やそれに付随したかわいい雑貨がところ狭しとおいてあります。
誰なのかわからない昔の写真1枚2$とか(左の写真)

そうだ、私文学部卒業だった
と、ここでも文学を語る。しかし具体的な作家の名称が老化のため出てこない失態を犯す。


私は、アルファベットのポストカードを買いました。

                     P5192894.jpg

ストーリーになってるの。かわいいーを連呼したけど理解してもらえなかったので、
旦那さんのイニシャルのカードは買わなかった。


そのあと、売ってるお皿や石鹸がすごいかわいいけど、店員がレジでご飯をガツガツ食べてるお店を物色して

      P5192879.jpg       P5192881.jpg


チョンバル・ベーカリーへ

P5192888.jpg P5192889.jpg P5192892.jpg

大混雑で、とりあえず一個大きなパンを買うのにひと苦労。
旦那さんには、私一人で突入してくるから外で待ってろと待たせる。男らしいわ私。


てな感じで、ちょんばるさんぽを楽しんだのでした。
と、一連の流れをみると平日に一人で行ったほうがよかったんじゃないかというご意見も上がってきそうな…?

きっと旦那さんも楽しかったはず、いやそうに違いない(聞いてないけど)


40Hands
78 Yong Siak Street
#01-12   163078

Books Actually
No9 Yong Siak Street
Tiong Bahru 168645

STRANGELETS
7 Yong Siak Street
168644

Tiong Bahru Bakery
#01-70 56 Eng Hoon St
160056



Comment:6  Trackback:0
2012
05.21

いちばんのチキンライス(今のところ)

「ここ美味しいよ~」と教えてもらっていてなかなか行けなかった威南記(ウィーナムキー)。

ノベナにあるチキンライス屋さんです

ま、とりあえずエンゲル係数高めの我が家としては、「ワンタンミーランキング」とか「each a cupランキング」とか食べ物のランキングを夫婦でつけるわけで、シンガポールの代表料理チキンライスも例外ではないのです。


                    P5192848.jpg

ちょうどお昼時、地元の人で混んでましたわ。

スチームチキンライスと、ローストチキンライス、それに勧められるままに葉っぱの炒め物を。

                    P5192853.jpg


美味しい~

ほかの店と鶏肉のジューシーさもご飯のふっくら+味付けもぜんぜん違う!



生姜がテーブルに置いてあって自由に食べられるんだけど、その生姜がまたウマイっっ!!

てぃりりりってりー

ビンに入ってる生姜、夫婦で平らげてしまいました。


行ったチキンライスやさんのどこよりもおいしいと思ふ。

大食いという共通点以外は、味の嗜好が違う夫婦ですが、今回は一致しました。
ここは間違いなくうちの「チキンライスランキング」1位に君臨

でも、暫定です。これ以上のものがあれば簡単に順位は変わります。
容赦ないです

オススメ募集中


威南記(Wee Nam Kee)Novena
275 Thomson Rd
#01-05 Novena Ville 307645
+65-6255-6396


Comment:2  Trackback:0
2012
05.20

ハイティして、母を学ぶ

というわけで、ハイティリベンジのために友達とハイアットの10スコッツに行ってきました

                   P5152821.jpg


中はこんな感じ。素敵ですねぇ。
食べて寝てを繰り返せそうなふかふかソファでいただきます。


                   P5152824.jpg

こちらのハイティは2段トレイでサンドイッチ系が運ばれてきて、スイーツはビュッフェ台に取りにいく仕組み。
飲み物はいろんな種類の紅茶とコーヒーが飲み放題。


P51528266666.jpg P51528322222.jpg  

ここはスバラシイ!!ソファ席もたくさんあって、しかも12時から17時までくつろげる(喋り倒せる!!)



そして今回は『母の心得』を現役お母さんから学び、有意義な時間を過ごしてきました
無駄にお金を使ってカロリーを摂取しているわけではないノダ!!


お子さん連れがおふたり一緒だったのですが、
赤ちゃんを産むときの辛さとかツワリとか母は大変だということをとくと聞いて参りました。


その中で
「AカップやBカップだったとしても、胸が授乳中はすんごい巨大化する」と聞いて

「なんと耳寄りな情報なんだ!!」と心躍らせたのもつかの間、
どうやら乳がたまって胸がパンパンになり痛くなるというのです。
そしてなんちゃら炎という熱の出る症状も起きることがある・・・という話を聞きました。なんと恐ろしい。

そのパンパンに張った胸はどうするかというと、赤ちゃんもいずれは乳離れしなければならんので、自分で乳を出さねばならないそうです。でも痛風みたいに痛いのだそう(痛風になったことないけど)


それを手伝ってくれるのが

「乳もみさん!!!」

と、子どものいない私もそのくらい知ってるぞと、元気よくこたえました。

                     



。。。
                     

しかし、現代社会ではそれを「おっぱいマッサージ」というそうです。

友達には爆笑され、非常に恥ずかしい思いをしました。

私はよく発言が古いと言われるのでここでも古風な女を発揮してしまったようです。
日本でも「顔が昭和」だと言われることが多かった。。。


ともあれ、お母さんたちの色んな話を聞いて『母は強し』を改めて感じたハイティでした
(と言ってただ単に食べただけではないということを強調強調) 笑



Comment:2  Trackback:0
2012
05.19

奥さん、次はPortsdown Road ですわよ!

最近、ロチェスター近辺のレストランが流行ってますね。
とても雰囲気のいいお店がたくさん並んでますもんねぇ

旦那さんが「日本人の間でロチェスターが話題になっている」
というような事を職場のローカルスタッフに話したところ、

「ロチェスターなんて目じゃないわ、Portsdown Roadに奥さん連れて行きなさい、イチコロだから!!」
みたいな事を言われたらしい・・・。

イチコロって英語でどういうのかはさておき、私をイチコロにしようとした旦那さんがその通りにあるイタリアンに連れて行ってくれました。

Portsdown Roadはオーチャード方面から行くとロチェスターのちょっと先にあります。
説明できないからあとはグーグル先生に聞いてください。


これ目じるし。

                    P5042389.jpg

ってそのまんまだけど。



旦那さんは私をイチコロにしてポイントを稼ぐつもりだったようだけど、
行ったレストランは予約なしでは入れないほどの繁盛ぶりで退散する羽目に。
イチコロどころか妻様の怒りを買ったのでした



気を取り直して翌週、リベンジです。

                   P5042390.jpg

雰囲気がとってもよいです
そしてなによりも食事が美味しい!!

P5122809.jpg P5122811.jpg

チーズを生ハムでくるんだものとサラダ、絶品でした

その日お腹を壊していた旦那さんを助けるべく、半分以上食べたピザも載せておこう。
ちなみに上のパンは7個中6個私が食べたです

                   P5122812.jpg

そしてそして、超濃厚なパンナコッタとティラミス。

                   P5122815.jpg


「お腹壊してるんだから食べてあげるって」

って何度も言ったけどパンナコッタが美味しすぎて分けてもらえなかった

せっかく人助けしようと思ったのにぃ。



ここを教えてくれたローカルスタッフは、

「ロチェスターよりもたくさんお店が並んでる」

と言ったらしいけど、ここともう一軒くらいしか見つからなかったんだけどね、
それは英語の聞き取り間違いというんではないでしょうか、旦那さま?


ともあれ、ここはオススメです
ちょっと行きにくいけどそれがまた隠れ家っぽいし

奥さんから日々虐げられて一発逆転を狙ってらっしゃる旦那さま、ぜひここで逆転ホームラン打ってください。


*NOTICE*
愛する奥さまをイチコロにできず、タッチアウトになった場合も責任は負いかねます。


Pietrasanta
5B Portsdown Road 01-03
139311


+65-6479-9521

Comment:2  Trackback:0
2012
05.18

ウビン島の帰りに寄ったランチ

ウビン島にはローカルのシーフード屋台がいくつかあったんだけど、
汗だくの私たちはどうしても脂っこいローカルフードを食べる気になれず
ボートに乗ってチャンギビレッジまで戻ってきました。

チャンギビレッジの近くでうまいものを・・・と見つけたのがこのカフェレストラン
車で5分くらいの近いところで発見!!


P5122803.jpg P5122787.jpg


入口からしてビンがぶら下がってたり、車が放置されていたりで怪しいけど取りあえず中へ。

                  P5122792.jpg

中はイスがぶら下がってる・・・


シンガポールはランチなのにリザベーションがあるか聞くお店が多い気がするけど、ここもそうだった。

店内はローカルの若者で混み合っていて、予約がないというとちょっと困った顔してたけど、
バーカウンターでいいから座らせてくれと懇願して着席。

「私らは3時間自転車こいでんのよ」

とはさすがに言わなかったけど。

P5122798.jpg P5122800.jpg

私が頼んだサーモンベーグルと旦那さんが頼んだクリームパスタ。
ベーグル評論家の私としても合格点のベーグル←超上から目線。

クリームパスタもトリュフソースがかかっていて香ばしく美味でした

                     P5122796.jpg


「外の席空いたから移る?」って親切に店員さん言ってくれたけど、この暑さじゃ勘弁。
お気持ちだけ頂いておきます。
・・・って英語でなんて言うんだろう。そういう概念がきっと英語にはないよね

英語って言いたいことをズバっと言えて、日本語みたいに遠まわしに表現したり、行間読む必要とかなくて楽ちん

だから、めんどくさくなくていいなと思う事もあるけど、
やっぱり人の気持ちを考えながら発言するって大切なことだし、「ワンクッションおく」って技法は日本人だからこそできるコミュニケーションの取り方で、忘れないようにしたいなと思うなぁ。


The Coastal Settlement-TCS
200, Netheravon Road,
508529
+65 6475 0200


Comment:0  Trackback:0
2012
05.17

ウビン島でサイクリング!

ウビン島はチャンギビレッジというところから船で10分ほどのところにあるシンガポールの小さな島です。
ある朝、思いつきで旦那さんと遊びに行くことにしました。

                    P5122704.jpg

まずは、船…というかこのまま売り飛ばされるんじゃないかというボートに乗ります
このボートは乗客が10人以上集まると出発するという、定時もへったくれもないアバウトなボートです。

ウビン島に到着すると、たくさんのレンタル自転車屋さんがあります。
そう、ウビン島はサイクリング以外のアクティビティはありません

                    P5122712.jpg

私は「電動自転車に乗る!!」

と探してみましたが、そんなものあるはずもなく、仕方がないので

「2人乗り自転車に乗って自分はこがない作戦」

に打って出ようとしましたが、思惑が旦那さんにバレて結局


                     P5122782.jpg

この子を相棒に。
虫よけスプレーをしていざ出発!!


*****************************


こぎ始めると目の前に広がるのは、シンガポールとは思えない大自然

P5122713.jpg P5122718.jpg

シンガポールは高層ビルばっかじゃないんですよぅ。
こんな自然豊かな部分もあるんです!

サイクリングコースの為に取りあえず道を作った的な感じなので、
じゃり道のオフロードやぬかるんでいるところもたくさんありました。

                 P5122739.jpg

干潟もあって、空港に着陸する飛行機なんかもよく見えました。
マングローブの森では

                 P5122757.jpg

トカゲ様もご在室で。。
なかなか日本にいても味わえないこの自然っぷり

3時間ほどサイクリングしましたが、下り坂でスピード出してびゅんびゅん気持ちいいと思ったら、
苦しい登り坂が続き・・・で暑さも手伝ってへとへとになりました


人生には3つの坂がある。

登り坂、下り坂、そして『まさか』



って言ったの誰だっけ?と朦朧としながら考え

あぁ、ウビンは人生そのものだ


との迷言まで飛び出しながら、がんばって帰ってきました。
もちろん次の日筋肉痛


とはいえ

                    P5122751.jpg

こんな景色を見ながらマイナスイオンに囲まれて、充実したウビン島サイクリングでした!



Comment:4  Trackback:0
2012
05.15

試食大好き!パイナップルケーキ

このあいだ、ラッフルズホテルのロングバーに行ったときにのぞいたら閉店していて
いつかリベンジと思っていた、パイナップルケーキ屋さんに行きました。

ここでは試食ができると聞いていたので、高島屋の地下で必ず試食をするいやしい私は喜んで行きました

試食っていったって一口だろうと思っていたら、なんと

                    P5032372.jpg

まるまる一個!!しかもお茶付き。
なんと太っ腹!!
やっぱね、人に施した恩恵ってのは返ってくるから、あげればあげるだけ売れるはずっていう作戦なのかしら
あ、もちろんお味もとても濃厚でおいしくパイナップルってよりはアンズみたいな味?いけるー

ちなみに10個で25$でした。
ばら売りはしてなくて、10個入りか20個入りしかないの。

                    P5032374.jpg


つぎ日本に帰る時のお土産の候補にしようと思って、

「家族の試食用に持って帰るからもう一個ちょーだい」

ってだいぶ図々しいことを言ってみたけど駄目でした(当たり前
そこまではこのお店も仏ではなかったみたい。



店内もステキでした。

                   P5032375.jpg

丸ごと一個試食ってのがさらにステキでした。



食べてばっかりの日記ですが、体重は一応キープしてます。
ご心配なく(笑)



Comment:3  Trackback:0
2012
05.14

旦那さんがすきなもの

私の旦那さんはこれがすきです。


                     P50424044444.jpg

"each a cup"というBubble Teaのお店です。
シンガポールにはたくさんのBubble Teaのお店があるのですが、どうしてもここがよいそうです。
安くて学生がいつもいます。

「俺は〇〇(←私の名前)と同じくらい"each a cup"がすきだ」と豪語しています。

私は、自分が飲み物と同じくらいのレベルかとがっかりすればよいのか、飲み物と私を同じ天秤にかける旦那さんにがっかりすればいいのか、どっちにしろがっかりだけど、このやりきれなさをどこにぶつければいいのか未だわかりません。

うちの近くには"each a cup"のお店が2軒もあり、それだけで旦那さんにとっては天国なんだそうです。

                  P5042398.jpg

旦那さん曰く、お店によって置いてあるBubbleの大きさが違ったり濃さが違ったりするらしいのですが、私には違いがさっぱりわかりません。でもどうやら「こだわってます」みたいな掲示がしてあるのでなにかしら店のこだわりがある様です。

                  P5042400.jpg


最近ちょっと値上がりしたものの、お値段安めの設定なので

                  P5042403.jpg

私が「友達とお茶したら20$もしたー!」とか言うと

「each a cup7杯飲めるな」


と何でもeach a cup換算にします。

期待外れの外食をした時も
「これなら1か月毎日each a cup飲めた」とか言うので、これはもう中毒です


旦那さんは、ヨーグルト風味の甘ったるいやつにゼリーを2種類入れて飲むのがお気に入りです。
これを飲んでいる時の旦那さんの幸せそうな顔は私の力では作ることができないので
"each a cup"様様です。

呆れていた私もたまに旦那さんに付き合ううちに、たまに

「ちょっと飲みたいな」と思うようになってきてしまって、そんな自分が許せなかったりします。
ちなみに私はノンシュガーのミルクティが好きです
ん?好きなのか、仕方なく飲んでるだけじゃなったのか!?


明治屋に買い物に夫婦で行くと、旦那さんは必ずちゅーちゅー飲んでいます。
あそこに行くとクレープも食べたいと言い始めるので

「どっちか一つにしなさい」

と言わなければなりません。子育てのようです。


昨日も明治屋に行ったら小豆が入った新作が安くなっていたので、
つい自分の分も買ってしまった私も既に中毒なんだと思いました





Comment:6  Trackback:0
2012
05.13

ヨットハーバーでランチを

ハーバーフロントの駅から15分くらい歩くとケッペルアイランドというヨットハーバーに着きます

Keppel Bay Driveという道をてくてくてくてく歩くと…

                   P5082665.jpg

左手にセントーサ島とをつなぐケーブルカーが橋の上から見えます。
すると前方に

「ここシンガポール!?」ってな風景が。

                    P5082668.jpg

みんな個人所有のボートだそうです。
金持ちはいるところにはいるね~分けてほしいわ

後方の危なっかしい建物だけはシンガポールさを醸し出してました。
地震がないからって中心定まってない建物作りすぎでしょ、この国。

ケッペル島のPriveというカフェでランチしました。
Priveにはレストランとカフェがあったんだけど、ヨットハーバーっていったらカフェ飯みたいな雰囲気だとおもって、カフェへ。

でもすんごいすんごい暑くて屋内に。

外はこんな素敵だったのに。

                  P5082676.jpg

暑さにはかなわんわ

冷房の効いた室内で、カフェっぽくハンバーガーを注文

                 P5082681.jpg

ハンバーガーに桃がのってる・・・斬新!!

シンガポールも狭いし飽きるなぁと思っていても、まだまだ侮れないと思った今日この頃です


Prive
2 Keppel Bay Vista
Marina Keppel Bay
098382


Comment:2  Trackback:0
2012
05.12

ハイティ@ラッフルズホテル

「甘いものが苦手」という、私からすれば地球がひっくり返ってもあり得ない
非常に貴重なお方が「ハイティをしてみたい」と

なんとも無謀な挑戦をされるというので、お供することになりました。


「たぶんシンガポールにいる間に一度しかハイティには行かないからどうせならラッフルズホテルで」

という彼女のリクエストにより、清水の舞台から飛び降りる覚悟で大金をはたいて行ってきました。
そうだよね、彼女はケーキとかほとんど食べないし、記念だよね。

お互いどんなに食べようが(私)どんなに手持無沙汰にしてようが(彼女)気にしない事
と決めていざ出陣!

                   
                     P5092690.jpg

ティフンルームという、優雅な茶室(?)に通され、まずは3段トレーが運ばれてきました。

                   P5092687.jpg

彼女は「ほほぅ」という感心のまなざしで見ていましたが〝ハイティ命″の私には
「これだけ?」というちょいしょんぼりな感想

そのほかにビュッフェ台がありました。

P5092682.jpg P5092684.jpg

一番おいしかったのがコレ。

                    P5092685.jpg


スコーン!!
クリームとジャムをべっとりつけて3つも食べました。

あとは点心が4種類とプディングやムース

美味しかったけど、怪獣(私)みたいにがっつり食べるティールームではなくて、
つばの広い帽子を被った高貴なご婦人方が、高尚なお話をしながら

「おほほほざます~」

って言いながら時間を費やす場所なんだと認識しました。

「やっほ、これ超お得

とか言ってる私にはまだまだ早すぎるラッフルズホテルのハイティなのでした。。




不完全燃焼の為、
お得なハイティいーきーたーいー!!

で、来週リベンジです(また食べんのか 笑)


Comment:0  Trackback:0
2012
05.11

バリ日記~レストラン~

Category: 旅行
またバリネタかよ、そろそろ飽きてきたよって方スイマセン
今日で終わりだから、許して。


バリでの夜ごはんはレストランに行きました

①高級そうな雰囲気を旅行雑誌「るるぶ」にて、かもし出している
②「夕日が見える」と旅行雑誌「るるぶ」に書いてある

がポイント。結局るるぶ頼みかよ



初日は

                   P5052477.jpg


海辺で結婚式をしていて、そのホテルが①②の条件に合いそうだったので訪問。

                    P50524886969.jpg


夜にスパが控えていたので、注文したナシゴレンは旦那さんの分まで私が食べました。
プラマイゼロになるでしょ、きっと。

このレストランの帰りにタクシーに乗ろうとしたら、

「ホテルまで40000リンギ(400円位)」と言われたので

「じゃあ、歩いて帰るからいい」とプイっとしたら

「20000リンギ(200円)」と急に半額になりました。やっぱり日本人はぼられるのね。

結局歩いて帰ったけど。



次の日は

                  P5062571.jpg

こんな夕日が見れるところ。
マジョリというレストランでした。

この夕日がよーく見えるテントの特等席、日本人カップルが2組座っていました。
「日本人のためのお金かけた席」は追加いくらなんでしょうね。


                  P5062570.jpg

ごはんもバリっぽかった
私たちの席からでもきれいな夕日は見えました。

ステキ~なディナーでうっとりでした。

こんなに楽しいバリ旅行に連れて行ってくれた旦那さんに感謝です


明日からまたちゃんと主婦します!!
(きっと3日経ったらこの宣言削除してると思うけど)

バリ日記 おわり




Comment:2  Trackback:0
2012
05.10

バリ日記~お買いものとエステ~

Category: 旅行
これがないとバリは始まらないよねぇ、ショッピングとエステ

我が家の食器や家具は私がシンガポールに赴任する前に旦那さんが「とりあえず」IKEAで揃えた物だったので
いつか総チェンジだ!!と機会を虎視眈々と狙っていました。

私たちが泊まったスミニャックという地区はたくさんのお店が軒を連ねていたので、クッションカバーやリネンを買いあさろうと意気込みました。コーヒーも買おうかな♪♪

P5052442.jpg P5052453.jpg



そして買ったもの

                    P5062534.jpg

なぜか私の服とか服とか…

いかん、本気を出さねばとジェンガラのお店に行きました。


私はことごとく庶民なので「日本一麺が細い、じゃんがらラーメン」なら知っていますが、
「ジェンガラ」という陶器のお店は知りませんでした。

シンガポールに来て奥様方が「ジェンガラ」「ジェンガラ」と口々におっしゃるので、
私も最初から知ってたかのようなフリをして旦那さんを誘導しました。

P5062552.jpg P5062554.jpg

アウトレットのお店と本店でがっつり買いました。
そして今日、IKEAの皿をがっつり捨てました。チェンジです!!断捨離です!!



*********************************



バリといえばエステ。エステといえばバリ。
という事で滞在中2回も行きました

男性は好きじゃない人もいるのかもしれないけど、旦那さんはスパ大好きなので一緒に施術を受けましたが、
身長183センチもある旦那さんのマッサージの担当の人は大変だろうなと。お察し申し上げます。


最終日に行った、「フランジパニ」というスパは高台にあり眺めが最高。

                  P5072621.jpg

マッサージ(←ここまで食べておいてスリミングマッサージを選択)・ジャグジー・フェイシャル・クリームスパ、

で4時間半。そしてそのあと

                  P5072627.jpg

食事もついてひとり8,100円!!
がーーーお安いざますー

ほんっと幸せなひと時でした


Comment:8  Trackback:0
2012
05.09

バリ日記~ホテルとごはん~

Category: 旅行
毎晩「バリ行きたい」と寝ている旦那さんの耳元で念じたのが通じ、バリに連れて行ってもらいました。
シンガポールから飛行機で2時間半!!ひゅいーん

                 P5062557.jpg

私にしては珍しく晴れてます。
スミニャックという地区のThe Villas Baliというところに泊まりました。

                 P5052416.jpg

一家にひとつプールがついてました。ムーディーな音楽も流れていてお忍びな感じ。
毎日、網で落ち葉をすくいに来てくれましたが、結局一度しか入らず。

私は時間貧乏なので、旅行に来たら何かをせずにはいられないのです。あたふた
「時間をお金で買う」というようなリッチな心のゆとりが欲しいものです。


                 P5052415.jpg

そしてベッドにはこんな施しが。
いやーん

蚊とヤモリとカエルさえ嫌でなければ(っていうか嫌だよね)ゴージャスに過ごせます。
私は蚊にも好いてもらえなかったのですが、旦那さんは大人気でがっつりと食われてました。
その人気、さすがです。


朝食をおねえさんとおじさんが私たちのヴィラまでわざわざ作りに来てくれて、

P5062509.jpg P5072600.jpg

朝っぱらからエッグベネディクトやらパンケーキをたらふく頂きました。




お昼は「ワルン」というインドネシア料理を食べるために街中のカフェや食堂に入りました。
シンガポールでもインドネシア料理はフツーに食べられるんだけど、
「郷に入っては郷に従え主義」を夫婦で貫いた結果、

P5062543.jpg P5052440.jpg

こんな感じでいっぱい食べました。
これ一人前ですけど、おほほほ。
ワンピでよかった


そしてバリのまちにもありました。
私が愛してやまないもの。



                    P5052450.jpg

アッパレ!!


明日につづく。。。





Comment:3  Trackback:0
2012
05.08

ジンジャーチキンに挑戦する

私はスープレストランのジンジャーチキンが大好きです。

                    P1080520.jpg

見るからに美味しそうなこの艶。
茹でた鶏肉を特製の生姜だれにつけていただきます。

また食べたいと旦那さんを誘うのですが、スープレストランはビジネスに使うのに便利なお店のようで、
「何回も食べているからと飽きた」と言われてしまい、しょんぼりです


そんなある日

                     P4302345.jpg

こんなものを入手しました。
「食べるラー油」に続き桃屋シリーズ。奥さんあなたも好きねぇ


これを使って


①再現力が半端なく、本物と見間違えるような出来栄えにお店に来たと自分自身を錯覚させる

②再現したものの美味しくなく、「こんなまずいジンジャーチキン食えるか!本物食わさせてやる!!」と旦那さんが言うのを期待する

と、どちらに転んでもいいようなスバラシイ企画を実施!!
我ながらアッパレ


夕飯にしれーっと出してみました。
旦那さんはキュウリが苦手なので葉っぱで代用。

                    P4302343.jpg



全然っ似てないじゃん!!

って、口の中で混ぜちゃえば味なんておんなじだって
まぁ、チキンの艶も生姜の細かさも別物ってのは認めるけどね。


しかも旦那さんは、

「あーこれ、スープレストランのマネだねー、うんおいしいねー」と一言仰せられ奉られました。(ジンジャーチキンという事は理解できた模様)

①にも②にもかすらないという可もなく不可もなくの中途半端さ。


作戦失敗
次に本物のジンジャーチキンに会えるのはいつだろう。



Comment:3  Trackback:0
2012
05.07

のび太からのプレゼント

パーソナルトレーナーのび太にプレゼントをもらいました。

求愛されているわけではありません。

買収されているわけでもありません。


そう、一応わたし新婚なんです。結婚祝いだといって彼女と選んでくれたようです。
こんな箱に入っていました。

                    P5042378.jpg

さすがシンガポーリアン、ローカルの雰囲気漂いまくりの箱ですな。
真ん中の丸の中には「幸せ」の意味が二つ書いてあって、ダブルハッピーって意味らしい。

中には

                    P5042381.jpg

カップが入っていました。新郎新婦のマグカップで中華系のおめでたい感じ満載ですね。
旧正月にこんな感じの絵がそこら中に飾られていたような…


そしてマグカップのうしろにある、のび太の彼女が書いたメッセージカード


「新婚の楽しみをおめでとうございます」(笑)

日本語を趣味としている彼女が頑張って書いてくれました。
私もこーゆー英語しゃべってるんだろうな

でも彼女と二人で選びに行ってくれて一生懸命日本語で書いてくれるところが一番嬉しいですよね

のび太、ありがとう!!


Comment:2  Trackback:0
2012
05.04

ガレット

先日、初めてお会いした方とガレットを食べに行きました。

初対面なのでお互いが分からなかったらどうしようと、私はカメラを目印に、彼女は帽子を目印に待ち合わせをしました。
入口でばったり会ったので結局私の目印は役に立ったのか分かりませんが無事合流できました。

こちらのお店は日本人マダムに相当有名なようで、

「ここは日本か!?」と錯覚するくらい日本人だらけでした。

私は「いま自分が日本にいたらこんな平日の昼間っからどこの国のクレープだか分からない代物は食べていられないだろうなぁ」と思い、改めて旦那さんに感謝したのでした(ゴマすりすり。お小遣い上げて


肝心のガレットは

                    P5032368.jpg

アボカドとトマト。うーん、美味しい

でもこれだけじゃもの足りないので、クレープもシェア。

                    P5032370.jpg


写真が地味すぎるけど、塩キャラメルアイスのクレープ。
初めましての奥さまもとてもフレンドリーな方で楽しい時間を過ごしました


で、帰る時は「お腹いっぱい」と思ってたけど、家に帰るとなんだかお腹が空いてきて、
旦那さんが自分用に買って冷蔵庫の奥に隠してあるチョコレートを4つも食べてしまいました

バレる前に懺悔をしておいた方が身のためだと思い、旦那さんが帰って来るなり詫びをいれようとしましたが、

「本当は12ドルするアイスが、店員さんの間違いで6ドルで買えた!!」

と言って上機嫌だったので助かりました。


Comment:4  Trackback:0
2012
05.03

思いがけず美味しいイタリアンにありつく

いつものようにジムで、のび太にバレないようにこっそりと一番軽い運動をしていると、友達から
「ランチしない?」とお誘いがありました。

今日はフードコートでヨントーフでも食べるか…と思っていた私はそのお誘いにワンワン!と飛びつきました

そこで連れて行ってもらったレストランがOSO

                    P5022358.jpg

帰りによく見たら看板があったけど、入口には何も書いてないのでうろうろうろうろ。

「OSOをお探しですか?こちらです」と店員さんに言われてやっと到着。
こういうの隠れ家っていうんでしょ!?隠れ家って美味しいお店のこというんでしょ!?



P50223494545.jpg P50223528989.jpg
 
ランチセットは3コースで32$++(2000円位)
++というのは、サービス料10%とGST(消費税みたいなもの)7%が加算されるってコトです。

パスタの中にはチーズがごっそり入っていてトマトと一緒にいただきます
いや、本当においしかった!!隠れ家だから?


レストランの中にはワインセラーがあってその中でも食事ができるようになっていたのだけど、寒くないのかしら

生ハムとチーズの部屋もあってジロジロ見ていたら
「写真を撮ってあげるから中に入りなさい」と店員に促され、

チーズ部屋に一人入り写真におさまる羽目に。
周りのお客さんに凝視され、まるでオリに入れられた牛のよう・・・

余りにも恥ずかしいのでその写真はカットですが(笑)

デザートは、チョコレート

                   P5022357.jpg

チョコトリュフに、チョコムースに、チョコアイス、チョコブラウニーと、祭りですわ。
神さま、仏さま、チョコレートさまな私には大満足の一品でした

前菜もメインもデザートもそれぞれ3種類から選べます。

午前中にジムで運動して消費したカロリーを余裕で超える摂取をしてやったぞ!!ははは!!(えばる事じゃない)


Ristrante OSO
46 Bukit Pasoh Road
089858(アウトラムパーク駅のすぐ近く)
+65-6327-8378


Comment:2  Trackback:0
2012
05.02

空前の朝食ブーム

・・・なんですか?『ワイルドハニー』で世界の朝食を一日中提供するお店を体験したばかりなのに、今度は玉子を使った朝食を一日中出すお店とやらに遭遇。

                     P4292330.jpg

                     
ハッチ?なんて読むのかな。

ニュートンの方から移転してきたばかりだそうです。移転祝いみたいなお花がたくさん飾られていました。

                     P4292331.jpg


こういう祝・開店!ってのは日本とおんなじなんだね。でもシンガポールの方が可愛いかも。

お店の中は数日前に移転してきたばっかりです、と言う感じでこざっぱりしているものの、
まずメニューに萌え。

                     P4292333.jpg

か・わ・い・い

そしてエッグベネディクト

                   P42923388888.jpg

お・い・し・い

朝8時からやっている素敵なお店でした。

でもこのエッグベネディクト、出てくるまでに45分・・・。
移転した最初の週末を迎えて、お客さんが大量に押し寄せさばき切れていない様子。

大半のお客さんがだいぶ待たされてイライラしていました。



すると、親子で来ていたチャックウィルソン似の白人が顔を真っ赤にして

「あと1分でもってこい!!じゃないと出てくぞ!!」

と怒鳴り散らし始め、彼の奥さんは近くのお店で買ったサーモンロールと枝豆を店内で食べ始める始末。

それでも10分後、その親子にやっとオムレツとワッフルが届けられましたが、子供が頼んだワッフルをそのチャックウィルソンがものすごい勢いで奪って食べてしまい、子どもぐずる。

という茶番が繰り広げられていました。

私の席からよーく見えたので、やはり注文が来なくて暇だったので、その一部始終を旦那さんに実況中継してあげました
チャックウィルソンのものまね似てなかったかなぁ…(古い?)

しまいにはお店もやって来るお客さんに「1時間以上待ちだから」

と言って追い返すようになってて、さすがシンガポールとまたも感心しました


そんな休日の昼下がり
でも味はおいしかったので、落ち着いて彼らが反省したらまた行こうと思いました。



HATCHED
267 Holland Ave
278989
+65-6463-0012

Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。