--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
07.04

シンガポール最後は・・・

ご無沙汰しております。
シンガポール最後の記事をKL来てから書こうと思ったら・・・

・パソコンがネットに繋がらない
・エアコンが壊れている
・テレビの音が出ない
・ガスが通っていない
・しまいには玄関のドアが壊れる

という惨事に見舞われ、更新できませんでした。
いまもネットにはつながっていないので、Wi-fi無料のコンドのラウンジにて。

しかも修理の人は「ヘイズで肺を患ったためこれません」と・・・
他の人来れるでしょ!!!

シンガポール生活で、時間通りに来なかったり、工事が適当ということには十分慣れているはずだけど
新生活のスタート、ちょい凹みます。


でも気を取り直して、シンガポール最後の晩の夕食はココでした。

                 P6249670.jpg

マリーナベイサンズが見渡せるレストラン、Catalunya
最後は思いっきりシンガポールっぽくしようよ、というわけでタパスレストランに
3か月の赤子連れで突入するという無謀なことをしてきました。

                 P6249673.jpg

ヘイズもよくなってきていて、夕暮れのマリーナベイサンズがキレイに見えました。
色々な人のブログに載っていた有名そうな料理を、携帯画面に映し出し「これくれ、コレ」とオーダー。

P6249689.jpg  P6249691.jpg

行った方のブログによく出てくるような写真ばかりでごめんなさい。
だって、それ見てオーダーしてるんだし笑

P6249694.jpg  P6249696.jpg

塩辛いって言われる方も多かったけど、わたしは結構好きな味でした。
でもここお酒を飲むところなのよね、夜は。
「授乳中です」みたいなわたしは場違いだったようで、、、ノンアルコールのモヒートを頂きました。

そしてどの方も書いているようにポーションが小さいので、やっぱり足りなかった私たち。
旦那さんは「チキンライスを食べに行く!!」と言っていましたが、光のショーをホテルで見ようよ
と説得して、

P6249703.jpg  P6249704.jpg

なんかお腹にたまりそうなものを。(だんだん暗くなって写真もくらいです)
食べ終わるか否かのところでムスコが泣き始めたので、さっさと退散。

子連れで突入したわりには、スタッフも親切だったし、なにより最後に行ってみたい場所に
立ち寄れて楽しかったです。

                 P6249699.jpg

こんなに暗くなってきたので、1泊だけのホテルに戻りました。
そのホテルは、次回に。

Catalunya
The Fullerton Pavilion
82 Collyer Quay  049327
6534-0188



スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2013
05.30

憧れのサンデーブランチ@ラッフルズホテル

以前ラッフルズホテルに泊まったときに行きたかったビュッフェがありました。

                 P4288402.jpg

「ビリヤードルーム」という場所で行われているサンデーブランチです。
ビリヤードルームでビュッフェをしているのは日曜日だけ。
ちょっと覗いてみたところ、すごい量の料理がキレイに並べられており、
食い意地張ってる夫婦は「行こう!!」となったのですが、予約が取れなかったのです。

そこで、お食い初めでじいちゃんばあちゃんが来ているときにみんなで行こうという事になりました。
そうすれば、

夫婦食べる→ムスコはばあちゃんが見ててくれる→夫婦満足   という構図ができるでしょ笑

ということで百聞は一見にしかず、見てくださいっっ!!

P5268993.jpg P5268994.jpg P5268995.jpg

P5269002.jpg  P5269004.jpg

P5269008.jpg  P5269007.jpg

生ハムだけで10種類ほど。
ラビオリを作っているカウンターがあったり、フォアグラも庭で焼かれていました。
前菜だけでお腹がいっぱいになるほど置いてあり、チーズはチーズ屋さんかよって突っ込みたくなるほどの種類。
30種類弱はあったかな、チーズのことが詳しい友人に説明してもらいたかったです。

P5269006.jpg       P5269005.jpg

名前も読まずに旦那さんは全種類皿に盛って来ました。
とりあえず乗せた感があってぜんぜん有難味なし。

                 P5269001.jpg

お肉も銀行のカウンターみたいに人がずらりと並んでサーブ。
温かい料理もたくさん。

                       P5268997.jpg


嬉しすぎてわなわなしてしまい、何から選んでいいのか混乱し、ふらふらとフロアを歩いていました。
すると前から旦那さんが歩いてきて

「なんか、挙動不審な変な人がいるなと思ったら自分の嫁だった」とがっかりしていました。。。

P5269009.jpg   P5269037.jpg

デザートもおとぎの国の様にディスプレイされていて

「ダイエットは明日から」という標語がこれほど似合う店はないと思いました。

P5269014.jpg P5269016.jpg P5269018.jpg

おばあちゃんたちに交互にムスコをみててもらいこんな感じで食べ続け
(注:他の人の皿も含まれています、わたしだけじゃない!!!)

P5269028.jpg P5269033.jpg P5269035.jpg

至福の時を過ごしたのでした。
お値段もそれなりだったけど、シンガポールに来てNO1のビュッフェでした!!

そして親たちもラッフルズホテルに宿泊してもらい、シンガポールの昔からあるトラディッショナルな部分も
味わってもらえたのがよかったです。
マリーナベイサンズだけじゃないのよ、シンガポールはってね。

ラッフルズホテル、泊まってみて食べてみて本当に好きなホテルになりました。




Comment:2  Trackback:0
2013
04.21

リッツビュッフェでストレス解消

ストレス解消はどうしてますか?
このブログを読んでくださってる方はお分かりでしょうが、わたしは『美味しいものを食べること』です。

「食べる」ではなく、『美味しいものをたべる』です。

夜も2時間~2時間半ごとに授乳で起きたりするので、やっぱりストレスがたまります。
イライラしてることも多く、見かねた旦那さんがホテルのビュッフェに連れて行ってくれました。

                   P4208294.jpg

リッツカールトンホテルのグリーンハウス。
土日にはビュッフェランチをやっています。
リッツにはハイティに来たことがあるけど、ビュッフェはお初。

                   P4208287.jpg

グリーンハウスというだけあって、緑色を基調とした食器や日が差し込んでキラキラ光る雰囲気は
目の保養にもなるし、癒されます。
いや、でも胃がまだ癒されていない笑


P4208290.jpg P4208289.jpg

ビュッフェは種類が多く、魚介類・サラダ前菜・和食・洋食・チーズハム・シンガポール料理・カレーなどなど
各国のものが並びます。
シンガポール人のお客さんはひたすら魚介類を食べていました。

P4208291.jpg P4208288.jpg

わたしたち夫婦はあまり生の貝は得意ではないので、普通に食事。

P4208300.jpg P4208302.jpg

生ハムとかチーズとか、なぜか突然カレーとか。
旦那さんはお寿司を食べていましたが、外国人向けのカリフォルニアロールとかが多かったです。

パンも美味しくて、わたしは2つも食べちゃったけど「これでお腹を膨らませたら相手の思うつぼだ!!」
とか言って旦那さんは我慢していました。


なんとも奇跡的にあれだけ騒がしい我がムスコが、私たちが料理を食べている間ずっと寝ているというミラクルを
起こしたのでゆっくりできました。

P4208303.jpg P4208306.jpg

ケーキの時間になって「わしにも飲ませろ!!」と起きてしまったのですが全然その時間ならOK!
デザートはあんまり充実していなかったし(そこか)、きっとデザートの人はハイティに行ってくださいネって事だろうね。
でもアイスコレクションにラムレーズンがあったのがポイント高し!!

お腹いっぱいになって、満足しました。
来週からもがんばれそう!



その後、マーライオンパークまで歩いてムスコを初めてマーライオンとご対面させました。

                    P4208350.jpg

やっぱりシンガポールで生まれたからにはマー様に挨拶しないとね。

Green House
The Ritz-Carlton, Millenia
7 Raffles Ave 039799
+65-6337-8888



Comment:2  Trackback:0
2013
04.17

西洋人マダムは野菜料理がお好き

3月に出産だったので、3月末に日本に本帰国になった友だちと最後のお別れができず残念だったことがありました。
その友だちと共通の友だちが、帰国してしまった人の分も一緒にお祝いしてくれました。

場所はOriginal Sinというベジタリアンレストランです。
平日のホランドヴィレッジは「閑古鳥がなく」という表現では言い表せないほど空いているので
なんとなく行ってなんとなく決めたレストラン。
のわりに結構よかった。

                   

前菜・メイン・デザート(コーヒー・紅茶付き)で27S$++のランチセット。

前菜は本日のスープか、サラダか野菜ジュースを選べます。
前菜にジュースってなんとなく損した気分になるので(貧乏性)、スープをチョイス。

                 P4168262.jpg

体にいいものを摂取している気分になれる、かぼちゃと人参のスープ。

メインはサラダのサンドイッチ、友だちはトルティーヤにしていました。
野菜料理とあってヘルシーで、食欲旺盛なわたしは、あと一人前くらい食べられそう。

P4168263.jpg  P4168264.jpg

このほうれん草とキノコのサンドイッチが美味しかった!
トマトにキュウリの方は、おかあさんが寝坊した日のお弁当みたいだったけど笑

デザートは濃厚フォンダンショコラにバニラアイスの黄金組みあわせ!!

                  P4168265.jpg

こちらもすごく美味しかったです。
最後のデザートで満足度を一気に上げる作戦かしら。

最初のうちは全然お客さんもいなくて、さすが平日ホランドって感じだったのに
あれよあれよという間に西洋人マダムがたくさん入店してきて、ほぼ満席に!!

西洋人マダム達は、ハグをしてお互いの再会を喜んだあと、メニューをわきにおいておしゃべりが止まらない!
一体いつになったら注文するのかしら。。。
そのあと20分くらいしゃべり倒してから白ワインやら肉やらを頼んでいらっしゃいました。

ここは西洋人マダム御用達のレストランなのだということがわかりました。
隣りの店はがら空きだったのが印象的。
ヘルシーがお好きなのね。

友だちにもムスコをみてもらえて抱っこもしてもらえてよかったです。
たくさんのキレイな女性に抱っこしてもらっている我がムスコ。
おかあさんじゃ物足りなくなる日も近いでしょう。。


Original Sin
#01-62 Chip Bee Gardens
43 Jalan Merah Saga 278115



Comment:2  Trackback:0
2013
03.05

まだまだ食べる

「キッチンに立つとお腹がシンクに当たって赤ちゃんが痛いと言っている」

という理由で外食が増えました。
これからしばらくこの理由+産後という理由ができるのでしてやったりです。うしし。


今日はメキシカン。

                   P3037952.jpg

メキシカンのお店が2店舗並んでいます。
日本でローソンの向かいにセブンイレブンがいることがたまにありますが、ローソンではおにぎりを、
セブンイレブンではおでんを買うという買い分けができるので結構好きです。

しかし、メキシカンレストランを2店舗並べたところで共倒れしないか、他人事ながらヒヤヒヤします。

客入りも同じくらい。どっちがいいかなぁ…
両方メニューを見て、なんとなくこっち。

                  P3037947.jpg

その「なんとなく」を掴むのが商売なんだろうけど、シンガポールのレストランでそんなこと考えてる店はないだろうなぁ。

「オ~レ!!」みたいな陽気なメキシコ人店員さんはいませんでした。
そのかわり、珍しくテキパキ働くシンガポールのおねえさんがいました。

お客さんは私たち以外はみんな西洋人でここは東南アジアという事を忘れそうでした。

                  P3037948.jpg

頼んだものは、ビーフブリトーとチキンタコス。

旦那さんとシェアして食べようとチキンとビーフそれぞれ頼んだんだけど、
タコスをチキンにしてブリトーをビーフにした方が安かったらしく、それを瞬時に判断したと、
旦那さんは得意気でした。

P3037949.jpg P3037951.jpg

かなりのボリューム。
横に添えられているシナモンがかかったフルーツと一緒に食べると甘さとスパイシーさがマッチして
美味しくいただけました。


旦那さんの素早い計算のおかげでお得に牛と鶏にありつけました。
ごちそうさまでした。



El Patio Mexican Restaurant & Wine Bar
34 Lorong Mambong
+65-6468-1520




Comment:8  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。